« ライブドア強制捜査について | トップページ | 行動は心根からくる »

新しい世界を認識したもの

新しい世界を認識したものにとっては

その世界に挑むことしたにせよ

今までの概念に敢えて踏みとどまることにしたにせよ

多少の勇気と自己の行動を解釈をするための自分なりの尺度がいる。

自分を取り巻く環境の流転が早い昨今はそのことを強く感じる。

踏みとどまるから悪、または去るから悪ということはできないと思う。

この国は、超成熟経済国家となったマスコミがいうけれど

国家も経済もそれを構成する人間ひとりひとりも

潰えるまで成長することが正常な状態と思う。

『成熟』なんて言葉

自分が自分を表現するためにつかう言葉ではない。

自分以外から受け取る可能性がある言葉だと思う。

この世に起きる不可思議な事柄を説明するための理由づけとして

なんらかのキーワードで納得するなどということは

少なくても、私には

できない。

企業の起こすさまざま事案に共通する事項として

私が共通の話題として考えるのは『法律の際(きわ)』ということだ。

そこまでギリギリを狙わないと、勝てないということなのか

また、勝つということは具体的にどういう状態と認識しているのか

…想像が膨らむ。

|

« ライブドア強制捜査について | トップページ | 行動は心根からくる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/388703

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい世界を認識したもの:

« ライブドア強制捜査について | トップページ | 行動は心根からくる »