« 自由主義と日本主義 | トップページ | ラーメン屋のおやじと私 »

ジャーナリストの罹る病

旧勢力の勝利におわった感のある逮捕劇だが

巷の反応は、

旧い理(ことわり)が守られたことにほっとする人と

ドンキホーテのように新しい畑(市場)を突き進んだヒーローが挫折したことを
残念がる人

半々のようである。

おまえはどっちなんだと問われたら、
私は後半の組である。
今をもっても、彼を憎む気持ちがまったくない。
市場を励起させる方法として、法律ぎりぎりの際をあやまったのだ。

これからの取調べにより、いろいろな事実がでてくることを待ちたい。

なんらかの対抗勢力のフィクサーの逆鱗に触れたことはまちがいないが、
何とか再起をしてほしい。あの稀有な性格・才覚はこのまま終わらすのはもったいない。
…もったいない。(2回目)

tvでは、淡々と通常の番組を行った8ちゃんの姿勢が際立った夜だった。

今回は、ジャーナルコンプレックスの話

8ちゃんを除くとくに10ちゃんが

夜から深夜にかけて逮捕特集を編成したが

すぐに情報が枯渇し、豪華版DVDのおまけについてくるような
内容を繰り返し流し始めたので、ドラマ(西遊記)に切り替えた。

ジャーナルを仕事にしている人は
その仕事の特有性によりある病気にかかり、
ヒステリックな表現(報道)をしてしまうことがある。

これはなぜか

報道の物書きを生業として選択した人は

はじめはまったくそのようなことはないのだが
時間(3-5年)がたつにつれ、ある慢性の病気に須く罹る。
報道は、報道する価値の対象を探し、表現し、伝えるのが仕事である。
報道対象は、善し悪しどちらにつけ、世の中の主人公となる。
ジャーナリストは、仕事の完遂のため
誰よりも早く密接に情報対象にアクセスし、
得た情報を編集・脚色できる特権を行使できるが、
決して 自身として主人公になることはない。
そこで、報道対象と関係が深まるにつれ、常に仕事の中で主人公となれないストレスと
メシの種となる対象(主人公)からの謂れのない拒絶により、『妬み』となり、

ついつい、攻撃してしまうのである。
彼らを許してやってほしい。彼らも、苦しいのだ。
寛容な心で、許して、やってほしい。
(2回目。)

マスコミ対策として、企業が行える有効な手段としては
合併などの組織的で実質的な支配(剛管理)
よりは
広告料などの支払いによる経済的で間接的な制御(柔管理:つまりいままでのやり方)
のほうが有効なこともわかった。

|

« 自由主義と日本主義 | トップページ | ラーメン屋のおやじと私 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/483205

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリストの罹る病:

» 堀江氏逮捕に思うこと(3) ~ホリエモンが愛されたわけ~ [日本がアブナイ!]
ライブドアに強制捜査がはいってから約2週間、堀江氏が逮捕されてもうすぐ1週間 が経つ。株式市場は、強制捜査後に2日ほど下落したが、今では何事もなかったかの ような感じで、日経平均は16000円を超えた。マスコミはこの2週間、ライブドア疑惑や 堀江氏を特集し続けていたが、来週あたりからは少しずつ落ち着いて来るだろう。  この件に関しては、書きたいことがた~くさん思いつくのであるが、他にも取り上げ たいテ~マや書き残しているものがあり、そろそろ終わりにしなければと自分に言い 聞かせてい... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 21時46分

» 堀江社長逮捕 [Akira's VOICE]
常に前を向く良い意味での野心を掲げるカリスマ性と, 金儲け主義,お金で買えないものはないとする慢心を, 常に兼ね備えた不思議な魅力を持つ人物でした。 [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 10時35分

» 拘置所について考える機会 [とりあえず]
吐き気がするからテレビのホリエモン報道は見ないのだが、聞いた話によると、番組では拘置所の生活の解説から始まって、独居房には暖房がないだの、さらにホリエモンが「拘置所でインターネットはできないのか」と軽口を叩いたことを冷笑したりしているらしい。さらにお正月には自家用ジェットで巨乳美女とバカンスに出かけたのに、この生活の激変はどうだ、等々。何がそんなにうれしいのか、拘置所が正義を実現してくれる場所とでも思っているのだろうか。 まえに米軍兵士の引渡しのところで書いた通り、日本での被疑者の扱いはおよそ文明... [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 06時33分

« 自由主義と日本主義 | トップページ | ラーメン屋のおやじと私 »