« 千葉オートサロンにいってきました。 | トップページ | 新しい世界を認識したもの »

ライブドア強制捜査について

私のブログを運営している会社に大規模なGメンが入った。

ニュース配信映像を見る限り、
査察部隊はなにやらものすごくヤル気満々だ。
古い勢力の影を感じる。


利があつまるところに赴いたり関わりをもつものは
その世界の負の部分にも十分に考慮・対策・反応をする責任がある。
この捜査に関係する被害者たちが誰なのか現時点では見えない。
対応トリガーもよくわからん。
損をしたものがいるから捕まえるということなのか

かつて政府はなけなしの老後のたくわえを毟り取られた人たちを
特別救済しなかった。
翻って直近の出来事では、
違法マンションとは知らずに買った人を税金で援助するという。
前者は詐欺であり、後者は建築法違反である。

商行為「あきない」
とは残念ながらこういうことがおきる
損をした=被害者⇒捜査というスキームを社会的に確立したいならば
まずそのことを政府見解として

代表者がコメントしてほしいものだ。

私見ながら、損の代償は、購買(決済)をした側にも責任はあるのだ。
オトナの言動として、
『知らなかった。考えもしなかった。』はもう止めよう。

ブログ利用者としては、現在のサービスの維持を願うばかりだ。

|

« 千葉オートサロンにいってきました。 | トップページ | 新しい世界を認識したもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/377178

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア強制捜査について:

» これは想定内? 想定外? [「いい」加減でいこう]
 わはは! またまたライブドア、お騒がせだな。 うーむ・・ これは守旧派による新興勢力への反撃か?  どっちにしても金力より権力のほうが強いってか? ホラエモン!! ルール破りはおしおきだべ〜 ... [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 23時23分

« 千葉オートサロンにいってきました。 | トップページ | 新しい世界を認識したもの »