« 県庁の星 | トップページ | 「炎」は消えない »

CMが先かTBが先か

ブログの機能のなかで非常にイイと思われるのは
トラックバック(以下TB)というやつだ

TBを利用していない読者はいないと思われるので
説明は省くけれど

最初は筆者もコメント(以下CM)となにが違うのかわからず、
どの様に活用するべきものなのかわからなかった。

いまはひととおり使い方がわかりその効能を理解している
よく考えられている有効な機能だとおもう。

本節は、CMの違いを述べ、さらに関連する気づいたことを述べる
したがってTBについてはイイという方は、
他へどうぞ。

CMとTBを最初にみたとき、CMは非常に判りやすい機能だった。
ブロガの書いたものへの感想や評価を寄稿したいと思ったら、
この機能を使えば、自分の述べた意見がそのブログの本文のした
についていく。たまにそれに返信があると「うれしく」なる。

希望としては、記事全体が長いといったいどの文やことばへの
CMなのか読者が探さなくてはならないので、本文下部ではなく、
本文中にリンク+ポップアップできるとベストだ。

しかし、それと比べるとTBはどのように使えばいいか
よくわからなかったのです。

CMをつかっていてオヤと思ったのは、CMは成りすましができるね
ということだ。
成りすましとは、「みずすまし」の亜種ではない(笑
あたかも自分ではないブロガに【偽装】してアクセスすることである。
詳細はさけるが、これをヤラレルと本当に萎える。

なぜこんなことをするのか理解に苦しむ。サミシイのかな。
成りすましにより記事のCMが紛糾し、CMを廃止した人気サイトがあることを
私は知っている。本当にやめていただきたいものだ。

これに対する対策はE-mail連絡による文章(符丁)の認証となるが
メンドウだし、ソコマデやるというのま何か、何かこうひっかかる

さて、TBである。
実は、TBは「成りすまし」はできない。
なぜなら、ブログサイトのID・パスワードを知らない限り、
相手の記事にTBをかけることができないからだ。

それで私は、自分が何かを主張したとき、それに類するものを
見つけたときは、コメントの替わりにTBをかけることが多い。
TBを利用し、「確かにアナタの記事みましたよ」と表明するのだ。
tbはcmとくらべるとそれにかかる時間が少ないのでベンリだけど
その代わり、その記事ならではの内容とはならず、不満がのこる

現時点での本件の抜本的な解決策は、
自分のブログを会員制として、認証のキーを与えることではあるが
そうなると門戸がせまくなり、あんたっちゃぶるとなって良くない。

また、暫定策としては、
CMのリンクとして、自分のサイトの「固定リンク」をつければ
間接的に自分であるといえるのではないだろうか?

いずれにせよ
CMとTBのイイトコどりをしたサービスを期待するものである。

あと、最近わかったこととして「裏TB」の存在に気がついた
「裏TB」とは朱色会の造語で
本来の機能であるTB、CMを駆使するのではなく、
自分の記事本文に、好きなブロガのいいたかったこと・文句・いいまわし
を入れることで同意・賛同を表明するモノだ。

これを懇意のブロガの記事に発見したりすると
一日が「ウキウキ」とした気分になり、足取りが軽くなるのである。
日本人らしい『以心伝心』というか【奥ゆかしさ】を感じる
技と表現であることは間違いない。

流行るとイイナ。
おっと、バスが丁度ついたので、今日はこのヘンで。

|

« 県庁の星 | トップページ | 「炎」は消えない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/858717

この記事へのトラックバック一覧です: CMが先かTBが先か:

« 県庁の星 | トップページ | 「炎」は消えない »