« 「いちにちひとつ」 | トップページ | ナイト・オブ・ザ・スカイ »

『劇』のオワリ

相変わらずの政治劇が続く

もう【劇】はいいんだけどと呟いたところで
役者たちがその気ならば変わらんなとぼやいている

自分が行動しないといけないのが正道だとは思うけど
やっぱりそこまでの勇気を持てない。

観客に甘んじているワタシでも、こんななかでも
明るい兆しがある観点が散見できたので
この発見を指摘しておきたいとおもう

それは
「主権者(国民)が、政治に関心を高めているという事実」だ

『ナニを馬鹿なコトを』とおっしゃると御仁のために実例をば…

[ 地球温暖化 ] 検索結果 (6,824件
[ BSE ] 検索結果 (6,681件
[ 3000万 ] 検索結果 (5,081件
[ 野口さん ] 検索結果 (2,567件
[ ガセネタ ] 検索結果 (1,757件
そして
[ 格差社会 ] 検索結果 (2,291件

いづれもGooブログサーチにてのHit件数だ…

つまりこれだけの人がこのコトバについての思うことを発信しているのだ

みるといままであまり政治に関心のなかった(と思われる)

・主婦の方
・学生

の発信が多い

そのためいままでそのテーマを追いかけている既存ブロガ(専門家)の声が
埋もれてしまい探すのに苦労する

しかし、平易な表現というのもとても重要で大切にしたいと思う
生活感覚に立脚した「いままで黙っていたが、イイタイことは言うぞ」
というとても素直な「声」は、見習うべきものがある

むずかしいはなしをしなければならないときもあるけれど
多くの一般人は(ワタシを含めてくれーー)
日常のなかで平易なことばで生活している
別に政治学をもちだすまでもなく、いまのリアルな生活で感じることを
語りはじめている人が急激に増えているのだ!

政治に対する関心が高いのは社会的な構造変化を指摘する評論家が多い
いわく 格差社会 ということが
よくあげられる。

しかしそこまでいかなくても生活をしているなかの
実際の現実から
多くのことを感じ初めている人が増えているのではないか?

これはワタシの私見なのだが本来の『競争社会』というのは
競争を行うことで、勝っても負けても
皆がハッピーになる社会をさしていたのではないのか?
わたしとて『競争』は是としているが
その結果として『格差』が大いにつくことついては否である

ワタシは政治にはかなり関心があるくせに
実際に行動しているかとそれはせず、
このようにブログにてトグロをまいているだけの
人間だが こと次の国民の権利(選挙)については
行使せねばならないと感じている。

小泉総理は、民営化進めますか いりませんかと説いた
非常にわかりやすかった選挙であったことは認めよう
したがって

次の首班は、格差社会 いりますか いりませんか

で選挙をするべきだ

その問いに対する答え はもう用意してある。

私たちは「豊か」になるために努力している
しかし、それは、「自分だけ」ではなく
多くのひとが豊かになるために努力していることと理解している

さまざまな人の努力や貢献により得られた成果
それは、限られた者だけが享受していいものではないはずだ

人がなにかについて他人のために努力をするということ

…もしかしたらこれがこの国の 
……「最期の希望」という名の
   パンドラの箱に残っていた蝶 なのではないか…

そう思う。

|

« 「いちにちひとつ」 | トップページ | ナイト・オブ・ザ・スカイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/767117

この記事へのトラックバック一覧です: 『劇』のオワリ:

« 「いちにちひとつ」 | トップページ | ナイト・オブ・ザ・スカイ »