« プライド「1。」 | トップページ | CMが先かTBが先か »

県庁の星

「カイカクするのはココロです」
というコピーにツられていつものとおりふらりと入館。
「カイカク」も「ココロ」も大変に関心があるゾ。と。

…いまは、映画館の帰り道のいつもの喫茶店。
ここはチェーン店ながら、ICとチーズケーキがうめー
+楽園ケーキ(いちじく)を注文し、感動を反芻中…

【注意書き】
あまり、ネタバラとか関係なく思ったことを
書きなぐってしまうので、
予定の方は当ブログは映たあとにした方が無難です。
 とか断ったところでGo!!
【注意書きおわり】

映画監督というものは
いいたいことや表現したいことを、
宝箱のようにどこかにかくしておく奥ゆかしいヒトと
滝のように直球勝負でドシバシ最初っからおわりまで
投げてくるヒトと
2タイプあるが、本編は
まちがいなく後者。

…イヤ。表現がヨワいな。
スクリーンから観客にむかってマシンガンで
無差別に【感動という弾丸】をうちまくるタイプだ。
『オラオラオラ~』

「もう、カンベンしてくれ!! オナカ(こころ)いっぱい」
といってもあとからあとから表現主張と感動を波状攻撃的に
かけてくるので注意が必要だ。(何の注意だ?)

しかし、いっていることは一貫しており、
たいへんにわかりやすい。
わかりやす過ぎるシーンもありちょいそこは残念。
(カニと寿司満載の篠崎建設社長宅の夕飯とか)
議会の独演もちょっと唐突(あれは前フリが必要)

本編主人公の体験や
ヒロインの体験
またはその他共演者の体験は
社会にでたヒトならばどこかで
経験したモノで、『あるある』と共感できるところが満載されており、
みていて非常に親しみぶかい。
映画監督なんて【社会】にでていないはずなのに、
よくここまで表現できるものだと感心した。

わたしはヘルプデスク(前記事参照のこと)が仕事なので
織田君と同じだ。まぁ「ブガイシャ」というアツカイを受けることも
多々あるので非常に共感できた。
職場や職を変え(られ)たヒトがもつ立場というものを
よく捉えている。

また、改革は部外者からもたらされるというのもワカル。

この映画を彷彿するのは 僕の大好きないまは亡き監督の
「スーパーの女」だ
アレもスーパーものだが、本編はもう少し視点が大きい。

公務員は、自分とことなる人種を「ミンカン」と呼び
他方は、その逆に「オヤクショ」と呼ぶ。
まるでその間には、解りあえない見えない壁があるかのように。
しかし、自分の足元を支えている手の生えている先は
ダレでしたっけ

…というなればソンナ映画である。

この映画にも勿論宝石のようなセリフが数多くある。

「アナタの昇進にはまったく興味がないわ。ワタシはただ
 貴方の喜ぶ顔が見たかったの」
「オレ…。この窓からナニをみていたんだろナ」
「イイね。ソレ」
「僕を頼ってくれるヒトが、だれもいなくなってしまった」
「()←ココ。…それを、パートの娘が教えてくれました」

この映画は、非常に、いや異常にリアリティがある。

普通の映画だと、Aプランに覆りハッピーエンドとなるのだが
やはり、ゲンジツは「Bのまま」となる。これは偽わざる事実の描写だろう
しかし、監督や製作者の願いは、最後の最後に
本編を通じてでてくるエスプレッソメーカに表されている。
何事も、できるところから地道にちょっとずつというところであろうか

「イイ映画を見た。」と観客に思わせるだけでは終わらせないぞ
カイカクは「想い」やノウガキだけでは屁のツッパリにもならない。
カイカクは「行動」して始めて転がっていく。というトコロかな。
『星になりたければ具体的に【動き】なさい』
『【誰のための星】になるか考えなさい』
…どうかな?

キャスティングもバッチリだ。
主人公役は、織田君しかできん。
それにしても外観変わんないねカレ。(でもちょっと痩せたかな)

あと、厨房のニィちゃん役の人(名前わからんゴメン)
いいアジだしてます。
テンチョーもサイコー。あの笑い瞼に焼き付いて困る(笑

いろいろ述べたいこと尽きないけれど最後にやはりヒロインについて

どこにでも(読者のナカにもいるんじゃないか?)こんな境遇の
女性はいるのではないか
それを自然に好演しているコウ。

やはり舌を巻くのは彼女の瞳の演技だ
20世紀に構築・完成した女優の演技技術を根底から覆す
ある意味異端な才能なのだが
これがマタ如何なく発揮されている

目線から見えないセリフを発する女
(心情を表現できるなんて才能)は
多くの日本女優のなかでも稀有なものだと思う。
海外だと何人かいるんだけど。

どこで「ケンチョー」さんという呼び名が変わるか
チェキしていたのだが…

いやーヨかった。そうそう、いつもの採点はナント

評価:99点。(多分、ブロガ連中でも最高点なのでは?)
映画がおわってキャラメルポップコーンが半分も残っていた
…手と口が止まってしまっていたのだ。

それにしても石坂サン 悪代官ぶりイタについてきた。
最近老獪な悪役おおいなー
でも青い原色スーツはリアリティないぞー(笑
どういうつもりなんだろう
これは未だになぞなのだ。ナンの象徴かな。

|

« プライド「1。」 | トップページ | CMが先かTBが先か »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
石坂さんの青いスーツは芸人のようでしたね(^^;
役は国会中継見て「うっわぁ~コイツ、嫌なヤツ!!」
って思った人を取り入れてるらしいけど。。。
誰なのだろうか・・・

投稿: PINOKIO | 2006年2月26日 (日) 02時13分

こんにちは。
トラバのみならずコメントも頂きありがとうございます。

こっちゃんの勢いだけのダラダラ長文に目を通していただいて
なんだか申し訳けございません(^o^;きょーしゅくデスッ!

石坂サン、あの悪っぷりがイイデスネェ~
スーツのブルーが目に焼きつきそうでした(笑)
って、あ!

PINOKIOさんも来てる!しかも同じこと言ってる。

織田さん、柴咲さん、楽しいですね♪(^o^)

投稿: こっちゃん | 2006年2月27日 (月) 14時22分

こんにちわ!朱色会さん、いつもコメント&TBありがとうございます!99点!!うわ!すごい!確かにブロガー連中の中では最高得点かもしれません(笑)
小技が効いていて、さらにこだわりが感じられる台詞が印象的な作品でした。ほどよく散りばめられたユーモアと、実にリアルな人間模様に共感せずにはいられなかったです。
どんなフィールドの人間でも、やはり働いている人なら、この作品のどこかに必ず移入できる部分はあるんじゃないでしょうか?
素晴らしい作品でした。

投稿: 睦月 | 2006年2月27日 (月) 16時55分

ぐわー 映画ブロガのカリスマ達が集結してしまった!
び、びび、びびらずにコメントします。

PINOKIO さん
なんとしても、青スーツのナゾを解きたいと思います。
記事の顔文字がイイアジだしていますね。

こっちゃん さん
ダラダラなんて…このまま広告に使えるほどの気合のはいった
記事だと感じました! 楽しく読ませていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

睦月 さん
いつもたのしく読ませていただいております。
着眼点が参考になります。それにしてもスゴイ頻度で
映ますね。ヘルプデスク朱色会はマネできません。

みなさん、コメントありがとうございました!!


投稿: 管理人 | 2006年2月27日 (月) 22時26分

コメントしてくださってありがとうございました。

勉強になって、いい映画でした。
みなさんの演技が素晴らしかったです。
たくさんの方に見てもらいたいですが
長くじわじわと上映されるといいですね。

投稿: ぽい♪ | 2006年3月 7日 (火) 10時09分

ぽい♪San
コメントありごとうございます。

私も、この映画こそたくさんのヒトに観て貰いたい
『良い映画』と思っております。

投稿: 管理人 | 2006年3月 7日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/836872

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の星:

» 「県庁の星」(行政は民あってのもの!民が求めている事に投資、還元を!) [オールマイティにコメンテート]
「県庁の星」は県庁のエリート公務員が民間のスーパーなどに派遣され、物事の考え方が変わっていく姿を描いたストーリーである。さすが話題作という事で内容そのものは実に良い仕上がりになっている。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 00時22分

» 映画「県庁の星」 [いもロックフェスティバル]
素直に「エエ作品やな」と思える映画やね。 劇場などですでに何回か予告編を見てい [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 00時24分

» 県庁の星 [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
「接客マニュアルを見せてもらえますか?」   「はぁ?そんなモノありませんけど」「じゃあ組織図を」  「そんなモノなくたって回って行きますから、民・間・わッ!」 こんなやり取りが、やたらめったらオッカシィ。 まったく「お役所」と「民間」の感覚の間には、双方のカン違いや思い込みによってまるで大きな大きな川が流れているようですね。役人は対岸の民間意見を聞こうとしない。そのくせ岸の向こうから「あーだこ�... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 00時37分

» 県庁の星 [色即是空日記+α]
『しっかり手を洗 て』 県庁の星ならぬ市庁の星の友人と試写会行ってきました(爆 しかぁーしっ!! これは文句なしに面白かったです!!!!(*^ー゚)b エリート街道まっしぐらの役人野村(....... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 02時14分

» 県庁の星 [Akira's VOICE]
テンポの良い展開で見せる対立バトルは, 熱くさせるものが無く,普通に楽しい映画。 [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 10時52分

» 県庁の星 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  マニュアル通りにはいかない・・・人と政治   [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 23時38分

» 県庁の星 [俺の話を聴け〜!]
当節、日本映画界において最大の集客力を誇るフジテレビの看板役者「織田祐二」と、これまた当代きっての人気女優「柴咲コウ」を主役に据え、『白い巨塔』でその手腕を発揮した「西谷弘」がメガホンを取った博報堂イチオシの話題作。広告屋どもの浅はかで愚劣で腐りきった脳....... [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火) 21時12分

» 「県庁の星」気楽に見てたら、いつの間にか感動してた [soramove]
「県庁の星」★★★☆ 織田裕二、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2005年 混んだ劇場で 画面を見つめ、 皆と同じ場面で笑い、 同じセリフにジーンと来る。 驚くような展開は無いが、 登場人物が それぞれの場所にぴたりとハマって すごく楽しめた。 このところ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 09時25分

» 映画『県庁の星』 [音の鳴る木]
 織田裕二主演の最新作『県庁の星』見てきました。これまでの織田裕二の役どころを見てみると、”成り上がり”系が結構多かったように感じていたんですが、この作品では全く逆。県庁が偉いということは無いですが、民間のスーパーマーケット”満天堂”へ派遣され、そこで役所では見えていなかった県民の姿を学んでいくというもの。派遣された”満天堂”もいろいろと問題があり、織田裕二演ずるところの県庁さんと解決をしていきます。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 01時40分

» 県庁の星(2月25日公開) [オレメデア]
K県庁に勤務するキャリア公務員の野村聡(織田裕二)がモットーに掲げるのは, 「政治は人の上に人を作り, 人の下に人を作る」 とにかくプライドが高い. ある日,野村は県政の目玉である「民間企業研修」の一環として,スーパー「満天堂」に派遣される. ところが,...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 08時50分

» 県庁の星 評価額・1290円 [Blog・キネマ文化論]
●県庁の星をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕 [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 09時35分

» 【劇場鑑賞17】県庁の星 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
素直に謝る。素直に教わる・・・ カイカクするのは、ココロです★ [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 23時43分

» 県庁の星 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
野村聡(織田裕二)は、県庁のエリート意識も強く上昇意識丸出しのキャリア公務員。「特別養護老人施設建設」の企画を提出し、それを足がかりに出世を狙っています。そのプロジェクトを前に、県が打ち出した「人事交流研修」のメンバーに選出され、スーパー「満天堂」に送り出され... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 07時43分

» 「県庁の星」見てきました。 [よしなしごと]
 今回は県庁の星。ホワイトアウトでは、テロリスト相手に奮闘し、踊る大捜査線では、警察官僚や犯人達と戦う、あの織田裕二が三流スーパーのパートの柴咲コウに「お前の将来なんか知るかっ!」と怒られて、たじたじになってしまう、あの映画です。今までの作品と違ってちょっと弱っちい(?)織田裕二も楽しみです。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 01時12分

» 「県庁の星」を観てきました! [日々プチハッピー探し♪ぐうたら主婦のページ]
「県庁の星」を観て来ました!映画上映後すぐ、野村さん(織田さんの役名)をなんかイヤ〜な人だな〜って思いつつスーパーのパート役、二宮さん(柴咲コウさん)に感情移入して観てしまいました。と言うのも以前スーパーで働いたことがあって、ある程度分かっていたからで...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 10時44分

» 映画「県庁の星」見てきたよ [雪華と、うふふ]
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/192 [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 12時56分

» 「県庁の星」 [カズアマタノツヅリ]
雨の中、ワールドカップに行く為に時刻表を調べる必要があったり、 ガイドブックでどこに泊まろうか決める為に橋本の図書館へ。 そのついででMOVIX橋本へ。橋本に来る度に映画を見ている気もする。 毎月1日は映画の日?らしく1000円で見られる事も、 見に行く事をそそる理..... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 00時55分

» ブログの紹介と公務員批判について [本質追求本部]
はじめましてカンカと申します。 しがない若手公務員です。 1億人いる日本の中でも [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 02時39分

» 県庁の星☆ [ムーパラ控え室から・・・]
あの話題作を観てしまいましたぁ[:ラブ:][:イヒヒ:] 県庁の星 売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools 織田ゆうじ(県庁)[:雨:]vs[:雷:]柴崎コウ(パート店員)[:!?:] ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 21時20分

» 県庁の星−(映画:2006年142本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:西谷弘 出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、映画の...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 00時17分

» 県庁の星−(映画:2006年142本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:西谷弘 出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、映画の...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 00時18分

» 県庁の星 06年204本目 [猫姫じゃ]
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改革する...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 11時02分

» 県庁の星 [映画、言いたい放題!]
全くの余談ですが 私、福祉の大学行ってたんですよ。 予告とかで「民間、民間」というのが何だか耳に懐かしくて。(笑) DVDで鑑賞。 とある県庁のエリート公務員・野村は 200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。 「県と民間の交流」をプロジ... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 01時24分

« プライド「1。」 | トップページ | CMが先かTBが先か »