« マスコミやケーサツが追い抜かれた日 | トップページ | ヘルプデスク業務の特異性に関する苦悩 »

RIZE > Munich。

本日は、『ミュンヘン』と『RIZE』。
書いている場所は、終わったあとの帰り道にある喫茶店。

土曜日の夜なので喧騒が絶えない。
まだ、頭のなかで整理がされていないことを書き散らします。

いつものようにネタバレなし。というか結末をふくむスクリプトを
を書くことに意義を感じない。

映画をみたときの面白さとして
受け手がいかほどその表現したものに共有感を持てたか
主人公がいたならば映画のなかでの行動をする動機付けや心境
に共有感をもてるかということは重要だ。

それを踏まえたうえでGo。

(ミュンヘン
オトコのワタシからいわせると、
オンナの皆さんには知られたくない表現がはいっており、
ここは強く解説しておきたい。

主人公は、大儀のためいろいろと○いことをする。

しかし、本当は大儀のためなんていいわけで
最初の動機はジブンと家族のためなんである。
劇中でも奥さんにハッパをかけられるシーンがある。

本編におけるリアルはここにある。
なにがリアルかというと、
べつに国際紛争やイデオロギーの対立を持ち出すまでもなく

実は、いってくるよといってただいまと帰るまで
家族をステるか、それをとってヤるかという決断はこのニホンの
カイシャ世界においてもよくあることなのである。
単に、銃やからくりバクダンなどの殺人がないだけのことだ

「えー?お父さん(もしくはアナタ)、コレ本当?」
と聞いたトコロでおとーさんは笑って答えない。
カイシャにいっている女の人も見たことないと思う。
当たり前である。本当に見せていないんだから。
オトコは女にそれをみせたくないので
狡猾かつ強引にそのことからオンナたちを隔絶している。

劇中の主人公の奥さんもそういう扱いであったが、
あれがフツーである。

見たことある女の方は、「オメデトウ。」
貴方はオトコの仲間入りである。そしてご愁傷様。

逆に、男なのにその局面に出会ったことないヒト。
ごめんなさい。アナタまだオトコ扱いされていません。

大きな世界を描いているようで、かなりミジカなことを
いっているような映画である。
結末がないような形の仕立てかたになっているが
その表現そのものが結論と受け止めた。
私のいったことを裏付ける台詞や絵が
わりと頻繁にでてくるので探してくんなまし。

それと、ホントーのテロリストたちも
あんなフツーのおじさんたちなのかも。
いままでのイメージが覆った。

評価 65点。
(ニホンジンには、わりかしワカンナイかも。)
いいたいことはわかるんだけどユーモアもうすこし入れて。

(RIZE

口直し(すみません)もかねて立て続けにみた

ダンスのパフォーマンスだけかなと最初は思ったが
ナカナカどうしてヨかった。ナけた。

・ダンスのこと
・家族や社会のこと
・銃やドラックのこと

…そして、「生きていく」ということ

それらが踊りのように絡み合い、お互いを引き立てていた。

棺おけ屋の親父さんが吼えていたコトバ(アレ、セリフじゃないよね
が耳について離れない。

評価 80点

2つの映画には「HOME」という言葉がでてくるので
機会がある方は映くらべてみてほしい。

ワタシが知らないだけかも知れないが
(と、断ったうえで)
世界とはこんなにヒドいのかと思う反面
彼らのもつ何か(言葉では表せられない
で私があまりもっていないモノについて羨ましくおもうこともある。
これについては、私も未整理だし、蛇足になるので割愛します。
…日本とは、ナンだかんだいっても平和だ。

それじゃ、帰ります。また明日。

|

« マスコミやケーサツが追い抜かれた日 | トップページ | ヘルプデスク業務の特異性に関する苦悩 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
TBありがとうございました。
>本当は大儀のためなんていいわけで最初の動機はジブンと家族のためなんである
なんだかこの言葉を伺って、アヴナーの態度もよく分かる気がしました。
オンナが知らないほうがいい世界もあるんですね~。

投稿: ミチ | 2006年2月 5日 (日) 09時10分

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!『カリスマ映画論』管理人の睦月です!
『ミュンヘン』と『RIZE』・・・ナイスな組み合わせと思います!
もうミュンヘンはヘコみすぎたのでさておき・・・RIZEはホントに素晴らしかった!ミュンヘン観るならよっぽどこっちをたくさんの人に観て欲しいと思うくらいです(笑)ダンスというよりは、ああいった環境で生きる若者のたくましい生きる姿勢が熱く伝わってきて素晴らしい作品でした。サントラもチョーかっこいいです!!
ではこれからもよろしくお願いしますね!

投稿: 睦月 | 2006年2月13日 (月) 23時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/610802

この記事へのトラックバック一覧です: RIZE > Munich。:

» 映画「ミュンヘン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当時のニュース映像をまじえたこの映画で勉強させてもらった。それにしてもイスラエルとパレスチナの問題はちょっとやそっとでは理解できない。連綿と続く憎しみは果てることがなさ�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 09時05分

» ミュンヘン [Akira's VOICE]
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 10時50分

» Munich [遠慮無く…書くよ!]
久々に骨太の映画を観た思いでした。胸が苦しくなりましたけど・・・。色んな見方ができる映画です。Espionageモノのとしてもかなりのリアリティーを持ってますし、パレスチナ問題 [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 20時32分

» 映画のご紹介(92) ミュンヘン [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 8日 (水) 21時17分

» ミュンヘン [悠雅的生活]
報復が齎す孤独と苦悩 [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 09時32分

» ミュンヘン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16時40分

» RIZE [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  アドレナリン大放出だあ!! [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16時43分

» ミュンヘン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16時48分

» FUN … 『RIZE』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
『Saturday in refresh』 [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 21時56分

» 映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。 [海から始まる!?]
 エリック・バナ(もしくはダニエル・クレイグ)が、考え込んでしまっているかように、がっくり肩を落として座っているシルエット。  映画『ミュンヘン』の予告編から事前に私が得たイメージ映像はこれだけでした。  アメリカでの先行公開が、アカデミー賞をぎりぎりで狙える12月23日であり、日本でも事前のマスコミ向けの試写も年明けにわずか1回行なわれただけだったので、映画『ミュンヘン』に関する大体のストーリーは伝えられたにせよ、誰が出ているのかというような情報はあまり入ってきてはいませんでした。監...... [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 15時21分

» RIZE(2005/アメリカ/監督:デヴィッド・ラシャペル) [のら猫の日記]
【新宿ジョイシネマ】研ぎ澄まされた肉体を激しく振り動かして踊る最先端のダンス・スタイル“クランプ・ダンス”に人生を掛ける人々の姿を活写した長編ドキュメンタリー。全米でもっとも危険な地区とも言われるLAのサウスセントラル。犯罪と暴力に溢れ、死と隣り合わせのこの街で、若者たちが生き残る... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 01時33分

» 映画「ミュンヘン」 [いもロックフェスティバル]
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 21時47分

» RIZE −ライズ [吾輩はナマケモノである。]
すっげ〜カッコいい映画です。 ダンスも、鍛えた体も良いけど、情熱?魂?に感動。 薬と銃と暴力の絶えない街、L.A.サウスセントラル地区で、昔は薬の売人だったトミー・ザ・クラウンが始めたダンス=クラウン・ダンス。 父親を銃で亡くし、母も薬中毒、祖父の代からギャング、親兄弟は刑務所に・・そんな若者が踊ることで薬や銃、ギャングから離れて生きていく。 逃げようの無い現実、抑圧された欲求、行き�... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 17時02分

» R↑ZE [エリ好み★]
「ミュンヘン」の消化不良からすっきり立ち直った感じです。「暴力は憎しみを増すだけだ」という結論で終わった「ミュンヘン」。RIZEは、じゃあ暴力を選ばずどう生きるかという話しでもあります。全米で最も危険な街サウス・セントラルで、若者たちは踊ることに希望を見出しました。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 00時39分

» ミュンヘン [シネクリシェ]
 ミュンヘン事件そのものではなく、"その後のミュンヘン事件"を扱った作品。  パレスチナへの報復として、素人であるにもかかわらず刺客として抜 [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 17時54分

» ミュンヘン 06年169本目 [猫姫じゃ]
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。 http://babik.b...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 17時05分

« マスコミやケーサツが追い抜かれた日 | トップページ | ヘルプデスク業務の特異性に関する苦悩 »