« 千葉のおかみさん | トップページ | エイジアのBaseBall »

BBM

BBM (ブロークバック・マウンテン)を観てきました。

…この映画を評価し、尚且つそれを表現するのは
 タイヘン勇気がいる。特に、『男』にとっては…
 40年前のことをあらわしたものではあるが
 この映画があらわしたものは、この世紀になっても偏見があるからだ
 それにぶつからないように表現すると、当たり障りのないものなって
 受け手にとって意味がないことになってしまうし
 それにこの映画を作り上げたひとたちにも申し訳ない
 したがって、できるだけ素直にやらせてもらおう。

 たどたどしい表現となってしまうが
 あらわしたもの というのは 『男性の同性愛』がテーマだ
 それも短期間のものではなく、2人の男性の長期の人生がつづられており
 ヤスイことが言えない。正直書いていて『ヤメ!』
 と叫びたいところなのだが、それではダメだ、映画通の沽券に関わる。

 したがって、こちらも読者を限らせてほしい
 受け手は、女性。そして この映画を観たものとさせていただく。

…それ以外の方は、退去してください。
 読んでもあまり意味がありません。

ご同意いただいた方のみ、以下の門をくぐって下さい…。
========[   ]==========

久しぶりに映画を観たあとのあの感覚を思い出した。

いつもだと
映画がおわったあと、
眠っていて目が覚めたら夢を全部忘れたみたいに
「あーおもしろかった!」となり現実に引き戻される

しかし、この映画はそうはならなかった。

映画館をでても、まだ夢からさめず
自分がどこを歩いているかもあまり意識できず
時間や日にちへの感覚がうせ、
まだ夢の中を歩いているような感覚

まるで宇宙船から降りた異邦人のように
違う星に降り立ったような感覚。
現実に戻れないのだ。まだ夢のなかにいるような感覚

最後にこれを体験したのはおそらく「E.T」を観たときかな。

エンドロールの文字が見えないほど
ハラハラと泣いたあと、ぼ~~と街中を歩いた。
それで、いま、いつもの喫茶店でこの記事を書いている。

ーー
この映画は、じつは「○○」(←一度文字入力してそれから修正した
実際入力してみるとドギツイ……それで、伏字にした)
を描いた映画ではない。

製作者が、『男』というものの本質を、正直に表現したものだ

これだけストレートに表現したものは よく考えるとない。
おそらく日本では、あと50年は表現できないだろう。
それほどタブーな主題に挑んだ、製作者や俳優(とくに主役の二人)に
まずは喝采をおくろう。

「うちのだんな(カレシ)は、あんなじゃない。」

…といわれる方は、残念だがまだよく『男』をわかっていない。

ぎゃくにこの映画をみた女の人で
「やっぱりそうなのか?」
…と感じた人はかなり 「男」を捉えている。
しかしそれは「女」にとっては哀しい現実だとは思う。

それは何かというと…
『男同士の絆は、それ以外の絆より遥かに強く、それは解くことができない』
というものだ。
特に、自分を理解してくれる同姓と出遭ってしまった場合は
決定的になる。
【男の友情】などと文字に書くとやすっぽくなってしまうのだが
この絆の前に、他の全ての絆は『白旗』を上げざるを得ない
唯一対抗勢力となるのが【父ー息子の絆】だ。
おっと、これも男同士だったね。
それについて『肉体関係』があるのが○○であり
ナイのが「○○でないだけ」のことだ。

それを一環としてしかも、男の2人の人生をじっくりと長く描いている

その2人を解こうとする全ての女たちは、
スクリーンの中で翻弄され
ひとりの女性を除いて納得できないままラストまで苦しんでいく。

2人の妻
2人の娘
2人の女
1人の母

本編ではそうしたオンナの悲しみを連綿と表現しており、
観客として真に受けとってしまったり、
気がついてしまった女性にとっては、
今付き合ったり、同棲しているパートナーに対する見方が
根底から変わってしまうかもしれない。

『あたしは貴方のイチバンには、なれないの?…』

それほどに強い1つのメッセージを含んだ映画だ。

だから、逆に○○映画として『特殊な関係の特別な映画』として捉えた
ほうが観たあとの人生が、【女にとっては】カルくてよさそうではある。
そうしたい方は、いっこうにそうしてもらってかまわないです(笑

…それにしてもこの監督なにものだ?…すご過ぎる。

アトは気に入ったところをいくつか…

アメリカの田舎の表現のリアリティが素晴らしい。

青空の領域をたっぷりとった構図
草原をなでる風
当時の羊追いをじっくり・しっかり取っている(今もああなのだろうか
通りがことのほか辺鄙であること(実はマンハッタン島が特殊なのだ

2人の主役にじっくりと据えた構成と演出
この二人もすごい。この2人のほうがオスカーに相応しい。
うだつが上がらず足掻くいなか青年から、人生の粋を知った中年までの
男の人生をきちっと演じている。あまりもハマっている。
おなかまで…
心配なのはレオみたくこの映画のイメージがついてしまうと
次のスクリーンで輝けなることくらいか
あっぱれな演技。ぶらぼー
脇を固める共演者たちもぴちっと役をこなしていた

ベタな演出
・月がでると、ナニかが起きるというパターンは踏襲していた…
・ニポンとあんまりかわんないアメリカの一般家庭の日常
 赤ちゃんは、泣くか・寝てるかだけ というのは日米共通だった。

などなど…さてと

評価:
一年に一本あるかないかの映画
である。

本編の採点に入ろう この映画の評価軸はいままでの
評価軸は使えない。評価が高い・低いとかできないのだ。

それで「ずるい」といわれそうだが、『∞』(評価不可)とさせて頂く。
ごめん。

最後に、門をくぐるなといったのにここまできてしまった御仁たちへ。
約束を守ってください。つまり条件に合致した人になってほしいのです。
つまり観てください。

おそらくTV放映はムリです。日本では。
ビデ倫もかなりもめるだろな。TOWERVIDEOに並ぶかなー。

調べているうちに残念な記事とHappyな記事をみつけた
『【第78回アカデミー賞】ミシェル・ウィリアムズ、
“ゲイ映画”に出演したとして母校から縁を切られる』
まだ、アメリカでさえこんなもんだ…。それと彼女は
『ヒース・レッッジャーと共演、のちにロマンスへと発展し、
05年秋にはめでたく2人の間に第一子となる女の子が誕生している』
おめでとう!!『ケッコン。フぉ~~』

…正直、消化不良のところもあるが今日のところは、こんなところで
カンベンしてください。読んでくれてありがとう。
コメント&TB ぷりーず。

P.S やはりというか当然というか
    本映画の内容についてのWeb上のコメントは少なく、
    そして真正面から踏み込んだものはプロライタも皆無。
    頑張れ映画ジャンキーブロガたち!!!

|

« 千葉のおかみさん | トップページ | エイジアのBaseBall »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
この作品を観た女性(かなり古めで申し訳ない)ですので、
最後まで読ませていただきました。
結婚して20数年もたつと、夫を見る目もすっかり替わり、
もう何事が起こってもびっくりしないようになってきましたが(笑)

同じ女性が観ても、さまざまに意見が分かれていますが、
観る立場、誰を観るかですっかり違うようです。
わたしはしばらく、この世界の余韻に浸って暮らしそうです。
お邪魔しました。

投稿: 悠雅 | 2006年3月22日 (水) 13時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1097600

この記事へのトラックバック一覧です: BBM:

» 『ブロークバック・マウンテン』 ('05/米国) [傍流点景]
 “ブロークバック”という名から読み取れることの一つに「重荷を負わす」という意味があると、原作の文庫巻末のあとがきに翻訳者である米塚真治氏が書いており、その言葉が私の中で深く腑に落ちた。  そう、原作を読み終えたとき、これはどうしようもなく背負うことになって下ろせない人生の重荷についての物語ではないかと感じたからだ。いや、元々は“重荷”ではなく、唯一つの拠り所であり、実際そちらの面が�... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 08時22分

» ブロークバック・マウンテン [悠雅的生活]
He was friend of mine. [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 13時10分

» ブロークバック・マウンテン [Alice in Wonderland]
本日1本目は心待ちにしていた『ブロークバック・マウンテン』です。ホモのカウボーイの話だとか・・・はたして私には受け入れられる映画だったのでしょうか・・・? 1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャッ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 12時52分

» ブロークバック・マウンテン [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1963年、定職に就かずにいるジャックとイニスは、ワイオミング州ブロークバックマウンテンで羊の群れを守る仕事を得て、ひと夏をともに過ごします。大自然の中、助け合って働くうちに、深い絆が築かれ、男同士の恋愛へと発展していきます。山での仕事を終え、別々の生活を始めた二... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 13時47分

» ブロークバック・マウンテン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  唯一の場所・・・そこで生まれた唯一の愛 [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 20時44分

» ブロークバックマウンテン 評価額・1400円 [Blog・キネマ文化論]
●ブロークバックマウンテンをユナイテッドシネマ豊橋18にて鑑賞。 牧場の季節労働 [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 21時15分

« 千葉のおかみさん | トップページ | エイジアのBaseBall »