« PSEマークに想う | トップページ | 送り手のココロ得と受け手のサホウ »

crash

crash 観てきました。

Criticism of movie "crash"

アカデミー賞をとる前に見ておきたかったかな。
どうしても評価軸がアカデミー脳と目になってしまいます。
今日はいつものシネコンではないところでみてきたので
キャラメル味はなかった。

さまざまな人間関係の衝突と
人間模様の絡み合いを
シナリオと役者の演技で魅せる
オーソドックスなつくり。映画の王道をはずしていない
CGもほとんどなく、じっくりと『人間』に浸れる佳作といえる
(あっ。オスカー3つとったんだっけ。)

冒頭は『ぬ?ポリスもの?』と思った。しかし…
アメリカの問題を全て放り込んだ問題提起と
様々な人間の苦悩がバランスよく入っている。

『人種差別・銃・貧困・麻薬・警察の腐敗・医療の限界』

ロスにすむ幾つかの関連のない家族が【事故】を通じて絡んでいく。
事実を淡々と表現していくストーリーと
役者のいまの能力を最大限引き出した演出が好ましい。

多くの役者がでていたが
うまくそれぞれの役どころを引き出していたと思う。
これが最近みた日本映画とちがうところ。

みんな。少しずつ年をとっていた。
マット。おじさんになったね。でも役になってたよ。
サンディ。君も年をとってしまったのか。しかし役にアっていた。

そのなかでもキラっとしていたのは
ドン・チードル。母親の愛を求め続ける警官の役を好演していた
  演技に深みがでてきた。アブラノリキッテます。
ライアン・フィリップ 
  腐った先輩を憎む、まだ正義を行使しようとする若い警官
  しかし、思わぬことが…
  若手らしいひたむきな演技が良かった。
ショーン・トーブ
  雑貨店店主。異邦人としての苦しみに耐えながら自分の店を
  守ろうとし、間違いを犯しそうなる。老獪といえる演技が渋すぎ。
テレンス・ハワード
  今なお残る人種問題の象徴としての演技を見事にこなしていた。
  天性の演技に貫禄が。

…唯一サンドラだけちょっと浮いていたかな。

役者たちが、人種差別のエピソードを【好演】できるのはもちろん
理由があり、彼らも『アメリカ人』として生きてきて役者人生のなかで
人種差別の荒波を実体験しているのだろう。その刻み込まれた
記憶(差別する側、そしてされる側)が、彼らの才能によって
さらにリアルに体現されるのだ。

There is a reason not to mention actors cutting an episode of racial discrimination in [a good performance], and they live as "an American", and substance will investigate angry waves of racial discrimination in the actor life.The incised memory (a side to discriminate against and a side considered to be it) is for it to be embodied more realistically by their talent.

映倫にひっかかり(OUT)そうなところがあったが
なんとか演出でセーフというところか
映画で子供を傷つけたり・殺したりすると放映はできなくなる。
そう。『映画は子供を殺せない』のだ。
…このしきたりをずっと前から知っていたので
 あのシーンはびっくりした。チョット裏技過ぎるかな。

"a movie cannot kill a child."Because I knew this tradition much more for some time.That Sheen was surprised.Is a tip over a little?

あと、いちゃもんくさいことだが
ここまで、みんなを絡めなくてもよかったのでは?
しかし、そこも製作者のいいたいことなのだろう。
人身売買(誘拐?)もヨケイかな。

やはりアメリカの問題をソースにしているので
アメリカというところからはずれていないために
日本の観客がどこまで理解できるかというところ。
これは『アメリカの映画として』オスカーを逃すことができない
何かを取るしかないつくりになっている

ぐわわーというカンドーは少ないものの、
マジメでオーソドックスな人間映画が好きなかたにお勧めします。

しかし、アメリカって自分をきちんと理解しているくせに
なおさんなー。わかっててもむりなのかな。
人種差別が持ち上がっている映画だけど、やっぱり銃のことを
いいたいのではないかな
カンタンに命を奪える銃。自暴自棄になり銃を向けられ
なら殺せさぁ殺せと嘯くテレンス。
引き金を引いたあとで後悔してしまうショーン。
あぁ勘違いで誤射してしまうライアン。
アメリカの全ての銃弾が魔法の空砲ならいいのに…(泣

Though if all American bullets are blanks of magic, it is good…(I am sad and cry.)

日本で交通事故直後に死ぬ人 < アメリカで銃で死ぬ人

There are many people who die with a gun in U.S.A than a person dying just after a traffic accident in Japan.

…こういうことを考えていくと、地球の外から我々人類をみたとき
 クルマだろうと銃だろうと人間の間でおきる死ということで
 いえばどちらも『crash』なんだろうね。…どうかな。

When I considered we human to think about such a thing from the outside of the earth
 Both will be "crash" if said to be a car concerning death to happen among human beings to be a gun. …How do you think in this opinion?

音楽・演技と脚本・演出で魅せる正統派の社会ドラマ。
採点はオスカー採点のちょっと辛めで、72点

サマリーは
オフィシャルよりココが良い。

…来週は、アメリカ版タロ・ジロに逢いにいくぞ!!オンオン。
もしくはBBMだーーーー

|

« PSEマークに想う | トップページ | 送り手のココロ得と受け手のサホウ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

朱色会さん!こんばんわ!TB&コメントありがとうございました。
私、この作品観た後、すごくいい映画だなあとおもってたんですが・・・実はすでに他の作品に上書きされて、印象が薄れちゃってます。
でも、アメリカって。ホントにこんな風に自分らのことをキチンと見れるくせに・・・なんにも変わらない、変われない(?)国ですよね。たぶん、映画の存在は変革のきっかけにしかならない。やっぱり最後に変わろうとしなきゃならないのは・・・人間そのもの。一人一人の意識なんだろうと思います。

投稿: 睦月 | 2006年3月13日 (月) 01時03分

>一人一人の意識なんだろうと思います。
そうですね。

銃なんか要らない。って捨てる勇気をひとりひとり持てるか?
それをいいたかったのかな。

アメリカの人にメッセージを伝えたくて英訳を入れてみたのですよ。誰かに届いてくれることを願っています。

誰にも、他人の人生を奪う権利など「ない。」

投稿: 朱色会 | 2006年3月13日 (月) 08時49分

こんばんは!コメント遅くなりましたm(_ _)m

「人身売買」のシーンは確かに無くてもよかったかなという気はしますね。
ちょっと話をキレイに持っていきすぎというか。
あとサンドラ・ブロックの役って女性特有だったので、
同じ女性から見るとすごく身近なキャラに見えて「うわーこういう人いるわー」って感じで印象深かったのですが、男性から見ると浮いて見えるかも知れないですね。
(どなたか別のブログで「サンドラ・ブロックのエピソードは必要だったのか?」みたいな感じのことを書かれてる方がいたのですが、その人も男性だったんですよ)←こういった発見もまたおもしろいところですね。

アメリカ版タロ・ジロを観に行かれるんですね!
いやーすでに私の記事をご覧になったかも知れないですが、
絶賛されてる方も多いのであまり気になさらずに(^^;

それにしてもどこかの主婦の、悲しい話の後にいきなりおかずの話が出てくる記事にはかなり笑わせていただきました。
そのあとの職場での悲しい話はお気の毒です。。

投稿: いも | 2006年3月17日 (金) 01時46分

いもさんいつもどうも。

映画については、予備知識がつくとワタシの場合
どうしても穿ったミカタをしてしまうので
ほとんどブログ等もみずにその新作と立ち向かっています。
…で、見た後ジブンの感想や評価を確定したあと
他の方にイケンはどうかなと確認するため
皆さんの記事を、拝見させていただくというパターンです。
いもさんの記事も映てから読ませていただきます。しかし
「気にしないで」とはイマイチちゅうことすか?キニナル。

>サンドラ・ブロックの役って女性特有だったので
女性ならではの共感する部分があったのですね。
オトコとしてわからない部分があります。申し訳ない。
想像でしかないのですが『ワタシを理解して、存在を感じて』
…というものでしょうか、サンディも同様な役まわりをして
いたような気がします。オトコ側からすると理解がたりず
疎ましいとおもってしまうこともあり、難しい問題です。

>にはかなり笑わせていただきました
よかった。たぶん本人はそのつもりがないと思うのが
余計にこっけいに感じてしまうんですね。

>悲しい話はお気の毒です
話は事実です。わたしがココロに刻んだのは上の話もそうですが
人の死の事実は短い期間に消えていくんだなというところです。これは無残にも殺されていった子供たちの話も、もう巷では話に上りませんよね。生きていくということの最終章が『それ』ですので、「いまからそんなにつきつめてもね」と、いうトコロなのですかね。

投稿: 朱色会 | 2006年3月17日 (金) 08時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1002459

この記事へのトラックバック一覧です: crash:

» 映画「クラッシュ」 [いもロックフェスティバル]
観て良かったと思える、そしてもう一度観たいと思える作品。 『クラッシュ』・・・ [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 01時05分

» クラッシュ(2005年) [勝手に映画評]
タイトル クラッシュ ---感想--- 2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバック・マウンテン」は同性愛を描いていたので嫌われたが、無視できない作品だったので、監督賞を与えたと言うような都市伝説になってもいます。 白人、黒人、ヒス�... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 08時04分

» クラッシュ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛   [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 15時29分

» クラッシュ【2005年】 [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
色んな映画を観ていると、時としてこんな映画に出くわすことがあります。 まるで自分の心を映しだす『鏡』のような.....『クラッシュ』はまさにそんな映画です。 こっちゃんが『クラッシュ』というタイトルを耳にしてパッ!と思い出す映画に、ディビッド・クローネンバーグ監督による1996年製作の同名作品があります。(画像右)これは実に、強烈なお話しでした。交通事故で傷を負いエクスタシーを感じるとい�... [続きを読む]

受信: 2006年3月13日 (月) 00時41分

» クラッシュ / CRASH [我想一個人映画美的女人blog]
"サンドラブロック主演"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品、5月に全米公開されて 9月にはドーヴィル映画祭でグランプリ、先日のゴールデングローブ賞、 脚本賞&助演男優賞ノミネート(マットディロン) アカデミ�... [続きを読む]

受信: 2006年3月13日 (月) 14時17分

» クラッシュ/ポール・ハギス [文学な?ブログ]
アメリカは世界の縮図であるとよく言うが、まさにこの映画に端的に表されているものがそれです。誰もが先入観や差別感情を持っていて、それを乗り越えて他人を深く理解できるようになります。綺麗事だけでは生きて行けず、人と人が必然的にクラッシュする場所、それが社会なのだとこの映画は伝えてくれました。 一つの交通事故を巡り、異なる人々が一つの物語に集約されていきます、その中で白人刑事ライアン(マット・ディロン)は、黒人に対して差別的態度をあからさまに見せ付けます。始めは彼の態度に怒りを覚えますが、実は彼の複... [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 01時45分

» N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) [サーカスな日々]
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物の誰もが、「風が吹けば桶屋が儲かる」とでもいうしかない、偶然とも必然ともいえる、複雑系の因果律にセットされていく。個別の波紋(事件)からは、全体を俯瞰することはで�... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 12時53分

» 映画鑑賞感想文『クラッシュ』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『CRASH/クラッシュ』を観たよ。『クラッシュ』という映画はたくさんあるので、えーっと、アカデミー賞3部門を制した2004年のCRASHです。 監督は『MILLION DOLLAR BABY/ミリオンダラー・ベイビー』のポール・ハギス(Paul Haggis)。 出演は『HOTEL RWANDA/ホテ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 03時25分

» クラッシュ [映画、言いたい放題!]
本命と言われた作品を差し置いて アカデミー作品賞を取ったこの作品。 DVDで鑑賞。 クリスマス間近の天使の街ロサンゼルス。 人種差別が渦巻くこの街で起きた1件の自動車事故が 思いもよらない“衝突”の連鎖反応を生み出し、 この街で暮らすさまざまな階層、さ... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 00時17分

« PSEマークに想う | トップページ | 送り手のココロ得と受け手のサホウ »