« 部長といふもの | トップページ | アツイ男 »

カネより想い出-Part1

読者は、何時に帰着していますか?…家に。

そして

「ただいま。」と声を発してなにが返ってくるでしょう?

・「ぉかぇり…」という疲れきった女の声のみ
・『し…………………………ん(無音の静けさ)』
・どたどたどたどたとと突進して首にまとわりつく娘たち。
  『ぱぱーーーおみやげは?----おみやげ。』
  「あっ、ちょっとまったあぶないあぶない。コレだよ」
 ばっとお土産だけ奪い取り、居間にすっ飛んでいく娘たち
 ジブンのコートを脱ぐ音と、包み紙をびりびりやぶく音が同時に聞こえる。
 「コラっ、『お帰りなさい』でしょ。」と奥で聞こえる妻の声
   「ずる~~~ぃ。おねぇちゃーん。それxxxのーー。」…きいてない
  『おかえり』はいつ聞けるんだろな 
  といいながらビールの入っている冷蔵庫へ進むと
  「ご苦労様。」とやっと挨拶の返しが聞けた。

ーーーのどれでしょうか。…えつ?どれでもない?

ーーーー(閑話休題)

貴方の、一番古い想い出はなんですか?

ワタシは、多分まだうまく歩けないほどのときの
父がワタシを「高い高い」しているときのイメージだ。(あくまでも記憶)
その「高い高い」は、手でやるのではなく、父親が仰向けに寝て、
足の裏で子供の腹を支えて、手放しでやるアクロバティックなものだ。

恐怖と、足のうらのぐにゅぐにゅ感が胸でこそばよく
その相反するものが同時に押し寄せてくるのが「愉快」で
笑っていたような気がする。
そうしているワタシを見て、目の前の父も笑っていたような気がする………

ーーーーーー
起死回生の再生を果たした 日本第2のクルマメーカ。そのCMのコピーで
いまもココロに残るのは

「モノより、想い出。」

このコピーの説明は、私の読者ならば不要だろう。

ーーーーーーー
『なぜ、いまの仕事を続けていますか?』という問いについて

「?。家族のためです」

といえる人は多いとはおもうけど、さらに質問をかさねる。

『それは、どうして?』

「えっ?どうもこうもないでしょう?一家の大黒柱として
 かせがにゃならんのです。塾の月謝や家のローンがあるんだ!」

『もうすこしわかりやすく答えてください。』

「えーい。一体なんなんだよアンタは?【家族の幸せ】のためだよ」

『なるほど。なるほど。うーーーん。ところで…
 【家族の幸せ】ってナンですか?』

「貴様!なめとんのかこりゃ。お、やんのかこら!!」

…彼は、怒ってしまった。

しかし、意外と【幸せの送り先】への気持ちがずれることはあるらしい。

ーーーーーーーーーー
『xxxちゃん、はじめましてこんにちは』

「……こんにちは…おじちゃんだれ?」

『あ、わたしですか。【神様】です。どうも。』

「かみさま?(ぱっと輝く。)」

『もう8時ですよ。寝ないといけないのではないですか?』

「…おとーさんのかえりをまってる。。。」

『そうですか。しかし、もう寝ないと……
 代わりにオトーサンに伝えたいことが
 あったら、私が伝えてあげますから、言ってください。』

「……はやく、……かえってきてほしい。…」

ーーーー
…世の、オトーサン、そしておかあさんたちよ。

貴方は子供に逢うジカンを我慢して削ってまで、
シゴトをしているのだろう。
カネは確かに大切だ、コドモを育てるために。
しかし、残念ながら、それだけでは「不足」なのだ。

A:『いつかは、コドモもわかってくれる。』

また、

B:『いつかは、暇になり子供と話しを交わせる日もくる』

【いつかは】ではダメなのだ

Aは、まず、その日が訪れることはないだろう。
Bは、いつかではなく、『今』しかない。

「【いま】時間をつくりなさい。」

…親と子供の絆を繋ぐもの。それはコドモのときのたわいのないオヤとの体験だ

オレ、小学生のときに毎日オヤジとシートノックしたんだぜ。

ワタシ、おままごとじゃなくておかーさんの食事の手伝いをしてたの
いつもおとーさんに一品つくって食べてもらったんだ。
いま思うと…よく食べてくれたと思う。

【家族の幸せ】をもう一度考え、できるならば家族で話し合おう。

それのありなしで、
・親をオヤともおもわないモノ
または
・親を認識し尊敬していく者
のどちらかになる。

ここまで読み進めてくれたアナタに最後のQ

『想い出、作っていますか?』

…想い出をまだまだつくることさえできない朱色会が、世界のある場所から
 全世界へ配信いたしました。

|

« 部長といふもの | トップページ | アツイ男 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1226523

この記事へのトラックバック一覧です: カネより想い出-Part1:

» 続・週休二日制は誰のため [そろそろお茶にしませんか(仮称)]
朱色会氏のブログに誘発されて、なんじゃらもんじゃら考えていたのですが 「物より思い出」そんな自動車会社のコマーシャルの流れる中、2002年度から公立学校の完全週休二日制が施行 思い出のため物を買わなくちゃいけないの おぉぉぉぉぉ、これはとんでもない時代になった、金儲けをせにゃぁ・・・そう思ったserohanであった [http://211.120.54.153/b_menu/shingi/12/chuuou/toushin/960701l.htm:title=中央教育審議会]のおっしゃるこ... [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 11時37分

« 部長といふもの | トップページ | アツイ男 »