« crash | トップページ | ITの正体【ムジン君編】 »

送り手のココロ得と受け手のサホウ

ブログがいよいよ活況だ(何の根拠もないが
原因として一番シンプルなものは
それに費やせる時間を持てるヒトが増えたことが適当とは思う。

ブログをトラッキングしていて思うことは
言い方が悪いが、『玉石混淆』だということだ

素晴らしいライターたちに出逢う毎日ではあるが
その合間に「そうでない」ライターたちにもであう

・時事につき、感想だけをぽそっと1行だけ書くもの
・コンテンツの95%が引用で占められているもの
・それをあわせたもの

だらだらジブンのコト(不満や愚痴)を書き連ねている場合は
さすがの私も『サイナラっ』と声を大に出して
異なるサイトへジャンプするのだ。
「いつまでも悩んでなさい。」

要は
『ひまつぶし』
『不満のはけぐち』
などだ。
まっ、これが『ブログ』だ。仕方が無い。

…逆に
べつに(本人にしてみると)変哲のない日常の記述で書いているものでも
ぐいぐいとツられてしまうものもある。
受け手としての読者にとって
アドベンチャーになってしまうことがある。

読んでいていらいらするブログにあったとき、
さっさと退去する場合もあるが
この判断は、「発見があるかどうか」で判断している。

やはり、基本は日記なので、ジブンが思うとおりに書いてイイ
受けては「よませてもらっている」という姿勢でイイと思う。
読んでてキモチイイ・キモチワルイで判断して
いっこうに構わないのではないか?

送り手のココロ積りとしては
どうしても怒りを公的なメディアに叩き付けたい衝動に駆られたとしても
次のことには留意してほしいと思っている。

読み手は、面白いものを探してトラッキングしているのだ
そして、読み終えるまで、そのブログが面白いか、そうでないか判断できないのだ。

つまり、面白かろうとなかろうとブロガは、
その読んでくれた人の
『受け手の人生を奪ってしまう』ということだ

送り手の責任としてそれだけは執筆している最中、ココロにとめている。

公的なメディアにジブンのココロを吐露するのは自由だけど
本当にただ吐き出したいだけならばブログを使うのは適当な行為ではないと思う。

送り手を自覚しているならば、受け手を慮ることは必要なので
わたしもできるだけそれを最後には考えた表現となる。

書くときのコツとしては

「今日はコレを感じた。それについてコウ思う。よってxxxを読者に伝えよう」

と最初に【届けたいこと】をがっちり決めてしまうことだ。

そうすると執筆がラクだ。アタマに浮かんだ文字をさらりとまずテキストにする。
順番とか演出とか構成などはそのじっくりやる。まずはアタマに浮かんだものを
正直に文字に実体化する。調子がいいとこれで完了するときもある。

それと、今日の自分の感情モードも確定しておいたほうがいい。
・今日は、ワタシ…泣いているんです。
・今日は、めちゃくちゃ楽しかった!!!
・今日は、あきれることがありうずうずしてるんだ
・今日は、ふられた…死にたい。
・今日は、怒っているゾ!!いわせてもらおうか!!!
・今日は、ナニもありませんでした。退屈です。

途中で感情が変化してしまうと、読者は「置いてきぼり感」がでてしまう
『アレレ、イママデのなんだったの。』
ってコトになっちゃうと信用問題となる。同意してもらうためには一日単位で
モードは変えないに限る。

表現手法の研鑽としては、とにかく他のヒトのブログを読みまくるのが効果的だ。

それで、『おもしれー』と思った記事がみつかったならば

【なぜ、それをおもしろいと感じたのか、自分に問いてみる。】
…そこに『答え』がある。

読み手で時間をつぶすとき、宝石のような内容によく出逢う。
そのときはそのココロ(コトの葉)に触れることができたことを
送り手に感謝している。

よって、「アナタの努力になんらかのお返しをしたい」
と思ってコメントやTBをかけることになる

巷では、単に自分のサイトのアクセス数を上げたいがために
策をこうじるヒトがいる。萎える。

人気サイトに群がるようにTBして、訪問客を取り込もうとする輩
あれはなんなんだろう。サミシイのかな?

あと、コメントを管理者が載せるかどうか判断待ちになるところがある。
これもイイ気持ちにはならない。

『アナタの発言を載せるか載せないか、こちらで決めます。』

と、言っているように思う。自分の発言を検閲されている感じがして
いい気がしない。
つまり、自分にとって都合のよいコメントやTBだけを載せるということならば
もうコメントは載せない。そのようなヒトとは友達になりたくないからだ。

コメントがいやならば全面禁止。
または、全部OKにして、コストをかけて関係の無いコメントを削る。
そのどちらかにして欲しい。

コメントをよせようとするヒトの気持ちを損なうようなことを
受ける側がやってはならない。自分がやられたことのことを考えてほしい。

いろいろ問題を指摘したが
おおむねブログ界は正常に成長していると感じる。

その一員として微力ながら、
淡々とその一部を担っていきたい。

バスがついた。また明日。

|

« crash | トップページ | ITの正体【ムジン君編】 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1014668

この記事へのトラックバック一覧です: 送り手のココロ得と受け手のサホウ:

« crash | トップページ | ITの正体【ムジン君編】 »