« カンドーの正体 | トップページ | ITの本質【ショーラーセー編】 »

昨今のママ『ちゃん』たち

いつのことだったか実家に帰ったときのことである。

古びたテープレコーダと

リールテープ(っていっても殆どの読者わかんねぇだろぅな)
が見つかったので鳴らしてみた。

数十年前に、親がワタシの『声』を録ったものだ
聞いていると懐かしさとむずかゆさを感じた。

そこで、ちょっとした発見があったので、それをネタとして
タイトルにつなげていく。今回のコメントの送り手は実は限定でして
対象は 現在の(イマドキの)ママさんたちです。
(さらに標準語圏と限定)

語尾上げコトバつかい(以下、語尾上げ)というのはご存知ですね。
話の最後で 『…でぇ↑』などと語尾を上げるものだ

わたしは実は アノ語尾上げが苦手だ。というか「キライ」である
日本女性は、できれば連綿と継承されている
「美しい日本語」を駆使してもらいたい。たのんます。以下はその理由

リールテープレコの話にもどす。聴いた録音内容は
父親と私の会話で、ナントわたしが多分5,6歳のころだと思うが
そのときの会話で、私自身がアノ語尾上げを使っていたのだ
会話では、そのことばづかいを父親が戒めるものだった。
驚いた。このことばづかいは、近年編み出されたものと
思っていたからだ

つまり、こういうことだ
私自身が忘れるほどの昔に、語尾上げコトバは、子供達で
はやっていた。そして、子供達だけでもてはやされ、
そして消えたということだ

昔の母親たちは子供たちの世界と
ジブンたちオトナの世界を明確にわけ
毅然とした態度を貫いていた。
いわんやコドモがへんなしゃべりをしようものならば
きちんと躾で正していたのである。

バブルの頃コドモの語尾上げが流行り、社会問題となった。
そのほか、女子高生を中心に、まったく異なる言語圏を形成し、
社会現象といわれていたのが記憶に新しい。
いまも似て非なるものがはやっているようだ。

この現象はブームであり、一過性のものであると
考えられていた。なぜそうなるかというと
新しい言語カルチャーを生み出した年齢層より上にも下にも
それは伝播・定着せず、いずれ廃れていくものだったのだ。

しかし、どうやら 語尾上げだけは
生き残るどころか、氾濫している。
【日本語の破壊】といわれるまでになっている。

おかしいのは現在の母親たちだ
殆どの母親が、コドモの語尾上げコトバに洗脳され、
盲従している。
それがジブンのコドモと話をするときだけでなく、
大人同士の話あいでも
臆面もなくご披露いただくときがあり、ちょっと萎える。

わたしが把握している、人間が成長していく過程での
コトバ使いの変化【女編】は

幼児:赤ちゃんことば

児童:こどもことば⇒語尾上げ感が高い

思春期:娘ことば⇒語尾上げが弱まる

結婚:女ことば⇒語尾上げ【卒業】

中年:おばちゃんことば(押しが強くエロくなる)

壮年:オトナことば(ニポン女性の完成)

…という具合に成長していくなかでかわっていき、だんだんと
言葉遣いに『貫禄』がでてくる。

そして、ジブンのコドモがどんなコトバを編み出したり、
使い方を変調させたとしても
毅然とした態度で、動じず、そまらなかったのだ。

例をあげるとわかりやすいだろう
 サザエさん と フネさん だ
 ワカメ ちゃんにそまらない。

不思議なのだが、これは女が顕著で
いまでも男の場合は、ほとんどそまらない。
この理由は解っているけど割愛する

昨今、子供と友達的な付き合いをする女親がいるという
キモチワルイ。親の威厳はどーしたんだ。
親は『トモダチ』じゃない。
保護者であり、監督者であり、人生の師である。
それを求められているというのに『トモダチ』とはなんたるザマだ。

この背景には、親の権威の失墜がある。
あまりに親面を示さないため、親を敬わないコドモが増えた。

考えたくはないが、『母親の権威』がなくなっている
のではないか?
つまり、注意する→ぶすり(?。までは極端か)
注意→ウザイ→ムシ を起こさせないため
母親のほうから、子供に歩み寄り・おべっか・ウチノコはイイコ
となり、指導者としての機能を自ら放棄している
母親が自分の子供と『ナカヨク』するために、
自分のコドモの言葉遣いを模倣・追従している
そのため、いい大人が語尾上げを使う。
理由の一端なのではないかと危惧している。

そんなに遠くない昔、『かぁちゃん』は強かった。
武田鉄也のおふくろさんの詩のとおりだったのだ。
自分の子供に阿る、靡くなど、ありえない話だった。
いまはどうか?
ママさんならまだいい。威厳をもたず、果たそうともしない
ママ『ちゃん』をもった子供の未来は『悲惨』だ。

…明日から直してほしい。

|

« カンドーの正体 | トップページ | ITの本質【ショーラーセー編】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/919259

この記事へのトラックバック一覧です: 昨今のママ『ちゃん』たち:

« カンドーの正体 | トップページ | ITの本質【ショーラーセー編】 »