« ある事業部長との会話【続編】 | トップページ | シゴト第二主義 »

愛嬌を生み出すいきもの

今の奥さんとの馴れ初めは?

わはは。できちゃった婚です。でも正確には「ちゃった」わけじゃありません。
意志を持って、この人に自分の子供を生んでもらいたかった。
だから、正確には、でかした 婚ですがね…。

結婚って大変でしょう。ナゼしたのです?

「たいへん」ってなんなんですかね。それより「たのしい」し「うれしい」ですね。
それが上回りますね。

なにがいちばんたのしいですか?

自分の妻が笑うことです。
私は、アレの笑顔と結婚したようなものです。それを独り占めしたかったし、
守りたかったし、いつも観たいとおもいました。それで彼女と家庭をつくりました。

なにがいちばんうれしいですか?

たわいのないことです。食事の手が止まるくらいに、皆で笑いあいながら
話し合う。あるいは、娘がすやすや眠る姿を見るとか。ひとつには絞れませんね。

実際の目的達成度は?

うーーーーーん。それがねぇ。なかなか少なくなりましたねぇ。
私の甲斐性がイマイチなのか…。ときどき家の者たちが
疲れたような表情をしているときがいちばん辛いナァ。

いま、なにがしたいですか?
いろいろなことを話あいたいですね。自分のこと、妻のこと、家族のこと、未来のこと
過去のこと、いまのこと、話あうことは残りの人生をすべてかけるほどあります。
…しかし、「きっかけ」がないんですよ。

いま、なにをしてほしいですか?
あえてやってほしいことをあげればただひとつです。
笑顔を見せてほしい。それだけです。

これから、どうしますか?
いまの妻に対する変わらない愛情をしっかり「ことばや行動に」示します。
何もへっておらず、あの時とは比べようもないほど大きな存在になっていることを
伝えます。

具体的には?
うーーーん。やっぱりいきなりキスと抱擁ですかねぇ。
それと……照れくさいけれどこの言葉をつたえます。
「あいしてる。」

あいかわらず、不器用ですね。
…それがとり得です。

他には何かありますか?
こどもがわたしのことをどうおもっているのか、父親としてちゃんと見えて
いるのか、確認したいですね。

泣)…xxxさん。大変残念なのですが。実は貴方はもうそれができないのです。
  あの階段を、上っていってください。お一人で。

……ぇ…そ…そんな・・・

今朝方はやくに、横断歩道で、居眠りダンプに轢かれまして
…カラダが3小口になってしまいました。

……ふゥ………そうでしたか。やっぱり。
なぜこんな清々しいキモチになっているのか
いまわかりました。いろいろと話し相手になってくれてありがとう

…おっしゃったことは、実はもうすべて達成されていますよ。
またおいでください。お元気で。

…ありがとう。元気でいってきます。

あのぅ…最後にひとつだけ、頼みごとがあるんですが。

なんなりと、どうぞ。

彼女につたえてください。
「私は豆電球。貴方はそれにつながる大きな電池だったと。
 貴方がいたので、光り輝くことができたと。」

…承知しました。必ず伝えます…さぁもういかないと。

さようなら。

さようなら。

さようなら。

おわり。

|

« ある事業部長との会話【続編】 | トップページ | シゴト第二主義 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1465803

この記事へのトラックバック一覧です: 愛嬌を生み出すいきもの:

« ある事業部長との会話【続編】 | トップページ | シゴト第二主義 »