« パンを焼く男 | トップページ | タイフーン »

立喰師列伝&プロデューサーズ

エンターテイメントの観点で
和洋の鬼才の作品を続けてみた

【立喰師列伝】

うーん…第一印象は、

『よくぞつくった』
『そしてよくぞこの世に出した』

…だれもとめなかったのかな?

押井サン…「惜しいさん」になってしまった…嗚呼…

立ち食いは、『うる星やつら』のころからちょろちょろでていた
まァアイデアはいいと思う。思い入れが強いことは解る。
だけど「突き抜け」過ぎ。付いてこない観客多いととおもうよ。
映画をつくるときの観客への【媚】を全廃したものを作りたかったのだと思う
しかし、表現者ならばせっかくコストをかけるのだから
観客のココロに残る工夫までしないというのは殆どの観客は困る。
ムズカし過ぎ。
「わかるやつだけわかれ」はだめだよ。笑いが高尚すぎ。

それで上で述べた印象となってしまう。
また、ジャパンオリジナルな食や歴史を背景にするのもどうかな?
この国際化の時代に…

延々とナレーションが入る。正直五月蝿い。ラジオでやれば?
最後までイイタイことがわからない…
…さて、ごらんになった読者のみなさん。ご唱和ください…

『金ッ!! かっえっせーーーーーーーーーーーーーッ!!!』(久々)

評価:25点(よほどのコアな押井ファンでも消化不能)

ちゅから、ちゅから。

【紅い眼鏡】の時と同じ間違いを犯したね。
若手の【勢いにまかせた実験映画】ならば笑って許したのだが
残念ながらそうではない。世界に代表する映画監督が
このような、ひょうろくだま映画を、世に出してはならない。
まさか押井映画で口直しをするはめになろうとは…結論…駄作です。

憮然とした表情で映画館をあとにする観客が殆どであったことを
とどめとして書いておく。下記の映画を観たあととなっては、
「どんな映画だったか、ほとんどなにも覚えていない。」
(↑の記事は映画と映画のインターバルに書きました。)

「…でなおしだね。」
ーーー
【THE PRODUCERS】

こっちはヨかった。

ミュージカル映画+冒頭からアクターのテンション高いので
バターケーキがニガテな人はなれるまで時間がかかるけど
先に観た映画とくらべて『媚』のオンパレード。
しかし、それは確信犯。
「観客に、楽しんでもらったもん勝ち」という姿勢だね。

とにかく、キャラクターが全員素晴らしい

押しの強い俳優がおおくて、
主人公のマシュー・ブロデリックが陰るときもあるが
そのかわりヘンで楽しいサブキャラクターたちが煌々と終幕まで光り輝く

…日米のエンタメ映画を1日でみて比べるとわかったことだが
人生におけるかぶき方の考え方が根本的に異なることに気がつく

日本は
『苦しみに耐えながらかぶく』

ハリウッドは
『何が何でも、どんな状況であろうとも楽しみながらかぶく』

と、まったく異なる。

ユマ・サーマン。あなたはどこまでエロいのだ。

ネイサン・レイン。プロデューサの苦悩を笑いとともに贈ってくれた。
真の主人公はこちら。

マシュー・ブロデリック。
一介の会計士からプロデューサへの転向とサクセスする主人公。
どたばたの中心にいつもいる。マシュー節(マジメ君振り)は健在。
舞台シーンも体が動いていた

ゲイリー・ビーチ。ある意味この映画になくてはならなかった人。
演技のセンターを担っていた

ロジャー・バート。いるいるこういうオカマ…を完璧にコピーしていた
ホントに演技なのか?

ウィル・フェレル。さまざまなハリウッド映画のバイプレーヤを果たしてきた
確実で(無骨な)演技が光っていた。

評価:72点。(油っぽいの平気という方向き)

おっと、これから観る人は、この映画も最後の最後まで立たないように。
客として本当のミュージカルと同じ振る舞いをお願いしたい。

「ぶらぼー。」

人生のつらさ・悲しみまでも「からっ」と笑いで見せつけられる。
ハリウッドの人間としての暖かさ・強さ
そして多国籍なタレントたちの巣窟であるショービジネスの
過酷さと楽しさをすべて笑いでくるんで、へんなおじさんときれーな
ねーちゃんたちが笑い・踊りくるう映画だ。
「ううぅ…人生なんて…人生なんて」とココロが沈んでいる方
…極おすすめします。方の力を抜いて「からっ」と楽しんでください。
ーーーー
いつもの喫茶店にて…

そばVSフランクフルトの戦いは、フランクフルトの圧勝であった
というつよい印象をもって、映画街を後にした。

明日も、もしかしたら映画。おそらくタイフーン
これから 辛口ブロガの講評を読んでから判断します。

おやすみ。

|

« パンを焼く男 | トップページ | タイフーン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
プロデューサーズは本当に楽しませてくれる作品でしたね。
朱色会さんの書かれているように、まさに「観客に楽しんでもらったもん勝ち」という姿勢!
作り物の鳩とか、オカマの家に出てくる“乳首に星をつけた男”とか、そのバカバカしさにいつの間にかすっかりハマっている自分がおりました(笑)
明るい気分になれる映画って意外と少ないと思うので、
そういう意味でも人にオススメしたい作品です。


「立喰師列伝」の方は知識が無いのですが、「どんな映画だったか、ほとんどなにも覚えていない。」という表現、分かりやすいです。

投稿: いも | 2006年4月10日 (月) 23時51分

こんにちは。いもさん。こめんとありがとうございます。
>作り物の鳩とか
なかなかチェック素晴しいですね。乳首のほうは気が付きませんでした(笑
監督も俳優も目的を達成するため、現実で「確信犯」をやることがあります。そこで『つくりもんのハトなんて観客をナめてる』
と怒ったところで、かれらは確信犯なのであえてやっとるわけですよね。そこで『がはは』と笑う懐の広さ(寛容なココロ)を、受けてはもっておくと、さらに楽しめるわけですな。われわれをしていえることは『楽しんだモン勝ち』つーわけです。
>ほとんどなにも覚えていない
いもさんもたくさんの映画を観ているとおもいますが
ストーリーや配役など全てを覚えておくことはムリです。
そのためココロの空き容量を増やすため、必要のないモノはどんどんこの際忘れていきましょう。そのかわりどんな数秒間でも忘れたくないと思ったシーンはがっちりココロの中に刻み込んでおきたいですよね。製作者もそういう扱いのほうがいいと思っているハズです。

投稿: 朱色会 | 2006年4月11日 (火) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1333828

この記事へのトラックバック一覧です: 立喰師列伝&プロデューサーズ:

» 映画「プロデューサーズ」 [いもロックフェスティバル]
エンドロールが終わったあとに拍手が起きた試写会というのも珍しい。 かくいう私も [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 13時03分

» 「プロデューサーズ」下品で贅沢で見た目勝負の笑いの舞台 [soramove]
「プロデューサーズ」★★★★ ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演 スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ ブロードウェイ・ミュージカルを 実際には見たことはないが 度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画 ままにならない現実を嘆く...... [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 23時28分

« パンを焼く男 | トップページ | タイフーン »