« クリミナルメーカー | トップページ | パンを焼く男 »

ココロのかかり稽古

その昔、中学まで【剣道】をやっていた。
きっかけは、コドモのころからだがヨワかったため
親が武道館につれていったことだ

それになりにきちんと練習はしたのだが
いざ試合になるとすっごく緊張してしまい
なかなか勝てなかったと記憶している
初段までで他のスポーツに転向した。
その話はまたあとで。

さて、本節の主題は、今はやりの『成果主義』の
面接についてだ。あらゆる会社のなかでブームになっているはずだ。
そうでない会社は、『オヤ、うちってちょっとヘンなのか?』
と思ってもらっていっこうにさしつかえないよ。

…で、コレとケンドーがどう関係するのかって?
う~ん。オレも書いていてわからんが、いずれ繋がるでしょうおそらく…

さて、剣道の修行のなかで
かかり稽古というものがある。
詳細はぐぐってもらえればみんなアレかとわかってもらえるものだ
簡単にいうと
一人のひとに他の全員が順番にあたっていく稽古だ。

他のスポーツでも類するものがあるとは思うが、
とにかく、やってみると『これ、キツイ』
一人が終わっても、すぐに次の人と試合をする
休む暇なし。大体時間を決めてやるんだけど、終わったときは
足腰たたないくらいに疲れる。

ひとつの試合でもタイヘンなのに、
なぜにこのような酷い稽古があるのか?

剣道は武術がルーツ。つまり戦国の合戦においては
いわゆる試合のようなことにならない
敵方を一人殺して、あとは責任を果たしたので終わり
とはならず、つぎからつぎへと次の相手はやってくる
そして、それは合戦がおわるまでそれはつづく。
それまでは戦い続ける能力と、生きて城へ帰る能力がないといけない
そのためのものだ。

昨日、面接を受けた。
「限られた時間のなかで」さまざまな話をした。
自分のやりたいこと。いま苦しんでいること。
上司にやってほしいこと。
組織の在りたい未来のこと。
具体的に何をしていくか、いつまでに、どうして、
目的は?目標は?達成確認事項は?

…もう、おわったらへとへとのへとへと。

思ったのは、今日私の分は一応の区切りはついたので
このあと実践し、成果を果たしていくのではあるが

上司はまだ、おわっていないんだよね。
これを全部の部下でやんないといけない。
まさに「かかり稽古」なのだ。
また、これで終わりはなくて、ルーティーン(定期的)に行って
いかないといけない。そういう意味でもそう思う。

面接・面談というと
「いやだなー」と思う人、けっこう多いのではないか?
それはなぜかというと、単なる与太話をするのではなく、
上司、部下として、組織の責任を果たすため
「自分のイケてないところ」に話が及ばざるをえなくなるからだ

人間って、自分のトクいなところは饒舌になるのに
キライなこと。イヤなこと。ムカンシンなこと。弱点なことに話がおよぶと
けっこう逃げてしまいますよね。
これが、みんな
「面接きらい」となる主要因な気がする。

しかし、この稽古をすることは企業として不可欠だ
なぜなら、自分の
すきなこと。関心があること。強いこと
だけを行使すれば企業がまわっていく時代ではないからだ。

欠けているものはたとえいやなことでも
皆で補っていく必要がある。
そうでないと競争で、生き残っていけない。

大概、「えっそんなのムリ」っている目標が課せられる。
だが、それがあたりまえなのだ。実現可能性の高い目標というものは
↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓
同じレースをしているものが普通にやっていれば到達してしまう
フォーミュラ1で、「完走できた人全員優勝です。」なんてレースだったら
観客あつまるだろうか?←実は、過去に一度だけそれに近いレースがあった(泣
…まず、表彰台が壊れる(笑

さて、かかり稽古にもどる
上司の上司たる所以はそこにある。
是が非でもかかり稽古を完遂させなければならないのだ
その先に、その会社の未来がある。

面接をするとき、いやだなーーーと思っている人多いと思う
そのとき、「面接をする相手はどぅ思っているんだろう」
と考えると、ラクになれる。これを試してほしい。

それから、ツラいけど、必要なことであることはわかるはずだ。
デキているところはさらに伸ばす。
イケてないところを少なくしていく。
そのためにトライすることを決める。基本的にはそれだけですよ。
…少しはラクになりましたかね。

全国の「かかり稽古担当の読者」に謹んで申し上げます。

鼻息だけはタイヘンに荒い部下をもって、さぞ
ご苦労が絶えないでしょうが、それができる人ということで
選任され期待されていますので、逃げないで(そして倒れないで)
部下と会社の将来のためがんばっていただきたいと思います。

あっ、今日は一番イヤなやつとですか?

気合をいれていきましょう。
「もう、一本!!!」(笑 ←そうそう『笑い』が大切。(笑

|

« クリミナルメーカー | トップページ | パンを焼く男 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1297906

この記事へのトラックバック一覧です: ココロのかかり稽古:

« クリミナルメーカー | トップページ | パンを焼く男 »