« 「別れさせない」話 | トップページ | 朱色会的『読み方』 »

クリミナルメーカー2

犯罪者はいかにしてうまれるのか
それが本節の主題である…の、2回目
今回は特に、企業内犯罪について。

テーマが、テーマだけに重くならざるをえないのだが、
そこは書いて楽しい・読んで楽しいを旨としたいので
あまりヘビーにならないようにしていきます。

たとえば、メジャーな銀行で、要職にある人が
顧客の預金を横領

理由もものすごく
いわく「借金の返済にあてた」
いわく「遊興費としてつかった」
おまえの金じゃないよな。預金者のお金でそんなことをしたのか?
…「こども」みたいな理由だな

…などという事件。前世紀では、そんなに起きなかったが
いともたやすく頻発する世の中となった。
何れの事件も「とんでもなく忌々しき事件」だ

父がもと銀行員なので、帰省したときに
なぜあのようなことが起きるのか聞いてみたいとおもうが
必ず、『おまえはどぅ考えるんだ』って聞かれることが自明なので
予め表明しておく。

私の考えは、
『愛社精神』(←こうやって文字にするとほんとーに恥ずかしいなァ…)
の欠落
につきるか。

さて、その愛社精神が醸成されていく根源はというと
・この会社でマジメにやっていれば、生活にこまらない。
・きちんといつも自分をウォッチしてくれる監督官がいる
・同じ方向にむかって協力しあう「ありたい未来」がある
・目標が達成されれば、なんらかのうれしい楽しみがある
・何らかの「正しい価値」を共有している

これらの企業として大切にしなければならないことが
おざなりになっているからではないのか?

忙しいからって犯罪に走らないだろう

もう少し掘り下げる。

銀行は信用が商品だ。「銀行=信用」と価値化してもいいくらいだ
だから、信用を失った銀行は、預金者より全ての預金を下ろされ、
廃業に追い込まれるのが、「正しい市場原理」といえる
べつに、預金者のお金は、他の銀行に移るだけなので、
預金者は、カードや公共料金の引き落とし先を変更するというメンドウなことが
発生する以外は、実害はない。
事件が明るみにでた翌日に「自主廃業」でもいいぞ。

しかし、いまだかつて
「横領事件」により、そのユーザの信用を失い
銀行がつぶれた事案は1件も存在しない。

…それがいけないんじゃないか?
その企業が致命的なミスを犯したら、それ相応のマーケットからの
報復をうけるようになっていないと、全ての企業は
マーケット(ユーザ・消費者)をナメるようになってしまうぞ。

不祥事を起こした銀行は、
「そうか。損失補てんをすればいいだけなんだ」
とカンチガイに走り、
行員や協業者の教育を怠り、同じ過ちを繰り返す。

信用を失墜させる事案が発生しても、路頭に迷うことはない
ミドルを切って終わり。TVに出てきて一斉にお辞儀をしているおじさん
ゼン~~~~ぶミドル。

…となったら、特に対策を強化したり、しなくなるだろう。

あまり性善説に頼るのも限界にきている気もする
たとえば、冒頭の例で
「横領しちゃおーかナ」
とおもってやらかそうとしたとき、できないしくみを組む
必要はある。昨今の事件で特徴的なのは、
額が大きいことだ。つまり何回も『大成功』したとどのつまり
で発覚する。発見が初犯+αではなく、たとえば
数十回にわたり とか 数年にわたり とか
根本的にシステム(←組織のこと)に欠陥があり、それを正せないのか
正さないのかどちらかだね。

いくらリクルータ(絶対人事って呼ばん)が優秀でも、
犯罪者予備軍を完璧に見定めることはできない
昨今は、「確信犯」的に入社する者もいるくらいだから
巧妙に偽装入社してくる。

また、会社の人材は流動化しつつある。
もぅ辞めるから、【卒業のお礼参り】じゃないけど
「いままでのお返し」をもらおうかな
などと考える不届きものはこれからも
どんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどん
でてくる。

ぐぉバスが到着しそうだ。
…なんで教育しなくなったのか書こうとおもっていたのに…
読者の方は考えてみてください。

最後にまとめだが、
さまざまな企業の中から、いままでは起きなかった事件が
起きる。これは
・やるべきことをやっていない
だけなのだ、やらなくなったことをみつけ、それをやりなおす、
または再開するだけで、社内犯罪者の発生を激減できるだろう。

「えっ?ソレは何かって」

……おたくのところ、しばらくはつづくね。

|

« 「別れさせない」話 | トップページ | 朱色会的『読み方』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/1376734

この記事へのトラックバック一覧です: クリミナルメーカー2:

» 博士が変身!? [真田加奈子]
博士たっだいまぁーーー!!!加奈ちゃんお帰りじゃんえぇーー!!!博士その格好どうしたの?? [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 20時41分

« 「別れさせない」話 | トップページ | 朱色会的『読み方』 »