« どぅいう国にしていくのか | トップページ | 政治家は何のためにいるか? »

ナイロビの蜂 & 明日の記憶

2本の邦洋『夫婦もの』を一気観た。

朱色会も映画のレビュー・コメントにも慣れが見えるので
ややマンネリを感じている読者もいるに違いない。

いつもだったら、見た順番にコメントして採点して終わりなのであるが
それではつまらない。せっかく一緒にみたのであるから。

そこで、今回は、どのブロガやプロ映画評論家も
成し遂げられない2つの映画の同時レビューを敢行する。

そんなわけで、読者も、2つの映画を観たものに限る。

えっ、前説はいいからとっとと始めろ?
…そうですか。でははじめます。

ーーーーーーーーー「 」---------

夫婦の姿を、事件や出来事を題材として浮きぼらせている点で、
2つの映画は共通している。

テーマは、女とはなにか?
もう少しいうと「妻」とは何かということになる。

テーマは一緒ながら2人の女(妻)の描き方は、
欧米のらしさと日本らしさが良く出ていた。

結論からいうと
ナイロビの蜂『The Constant Gardener』(以下【ナ】)は、夫を守る女
明日の記憶(以下【記】)は、夫を支える女
ということになる。

また、話のネタとしてでてくる題材は、まったくことなる。
かたや、大企業と政府がからんだ国際的な陰謀
かたや、夫の若年性アルツハイマー病となる。

病気は神が我々にあたえた運命であり、
巨大な陰謀も個人として対決するにはあまりにも大きいものである
ため、両者の立ち向かうテーマに実は「勝利」はない。

ヒロイン役の枝実子(樋口可南子)とテッサ(レイチェル・ワイズ)
政府と大製薬会社の陰謀をあばくキャリヤウーマンジャーナリスト

長年連れ添った夫がアルツハイマー病に冒された、その妻。

「つれあい」は【記】の方は日本男児われらが謙さん。
(もう健さんは朱色会は卒業した)
広告代理店部長で、いままで仲間や取引先に恵まれ、順調に仕事をしてきた
仕事一筋50おとこ。(ニポンサラリーマンの代表だね)

また、【ナ】の方は、エリート下級外交官(←っていういいかたは失礼かな)
まぁ、外交官家族にありがちな、
おぼっちゃまおじさま役のレイフ・ファインズ(ジャスティン役)

妻の死を追求するなかにも、何か醒めているその難しい演技は
役の捉え方に対する苦悩がみてとれる。
また、なんとか夫婦の時間を差し込んでいるのではあるが
事件経過を反芻すると夫婦時間が短いなかでの出来事なのだろう。
…でもまぁ夫としての共通項として、映画冒頭の出方は、
「【女房第一】でないキャラ」であることは同じだ。

『災難が起こった伴侶』に対する行動にも違いが見える。

ナゾ(死んだ妻が追いかけていた真実)を追う男。

夫婦の絆(死にゆく夫の人格や自分との思い出)を繋ぎとめようとする女。

夫婦の問題について、避けて通れないのが
夫婦をやっているひとならば一度は関係するであろう
「第3者」のからみ
が、さらに夫婦役への表現のリアリティを上げている

「…え。ワタクシは、一生ひと竿(穴)ですよ。」
…そうですか。………そうですよね。

夫婦と【仕事】の関係は今世紀も重要な課題だ。
今回の2本についていうと

【仕事】にひっかけられていたのは
まず、謙さん、そしてレイチェル そして可南子さん。

謙さんは仕事にひっかけられていたことに心底気づくのではあるが
レイチェルはどぅだったんだろう。
真実の追究>夫 であったというか、もしかしたら
夫for真実の追究 …であったような描き方だった。

そのため、本編のなかで【To protect you】という
ジャスティンに贈られたセリフについても
「うーんそうかな」と思ってしまった朱色会でした。

ま、どちらもストーリーとしては実は希望がかなり少ないものだ
【ナ】については、最初っから妻が死んでしまうところから始まるので、
謎解きに終始してしまう。

かたや【記】のほうも、【救いが少ない病気】を背負った夫が相手である。
余談ではあるが朱色会も不治の病 を患ってしまったときは
同じ行動をとった。だから、謙さんの振る舞いについてはよく分かる。

…にしても謙さんすげぇ貫禄と迫力だ。
ハリウッド帰りはちがうねぇ。
まるで【焼き栗が弾けるがごとく】の感情表現は、観客をあっと
いわせるのに十分だ、またそれが、いつもの【静】の演技を際立たせており、
意図的なものだろうとねらいなしだろうと素晴らしい演技だった。ぶらぼー。

告知後の非常階段のシーン。忘れられない。
「わたしがいます。」

なんとか樋口さんだけ謙さんの迫力に追従していたが
他の役者さんはわるいが圧倒的な演技力に吹き飛んでしまっていたね。
余談だが、今回はエグゼクティブプロデューサも兼任しており、
一俳優というより一表現者としての映画への参加である。

印象にのこるシーンは、可南子さんの頭から血がたらりと落ちるシーン

観客夫婦の中には、ココロが疼いてしまう方もいることだろう
妻に手を上げてしまったものにとってはね。
また、未婚の男の『予防薬』になってほしい名シーンだ。

このシーンの直前の加奈子さんの絶叫は、
【映画を観にきた女性(妻)たちがココロから誰かに叫びたい内容を代弁する声】
なのではないか?そんなことを考えた。どうかな?

謙さんが職場をさるとき、若い者があつまった。
こういう人ほど、職場に残るべき人だ。
(朱色会の周りには、残念ながら謙さんはいない。)

最初っから妻の死からはじまる洋画と

不治の病ながらその最期を描くまでいかない邦画と

生(死)に対する描き方も邦と洋で異なる。
映画のクライマックスもどちらも「静か」だが異なる。
最期の描き方もね。

…【ナ】のオワリかたについてはどぅなんだろね。これから
辛口ブロガの講釈の巡回にあたるんだけど、
妻を守れなかった自責の念ならばちがう結末で表現すべきだ。

宣伝のうたい文句『一生に何度出会えるかわからない映画の奇跡』
…というほどの結末ではないぞ。

そういう意味では ジャスティンより枝実子さんのほうが

強いわけだろ。もはや自分を認識しなくなった夫のあとを
付いていくなんて、なんて女性なのであろうか!!
この強さ、ちょっとまねできない。結婚すればかわるのだろうか?

…あと、気になったいつものいちゃもんつけ。

病院は、屋上の鍵はフリーではない。(本編でもあった不測の事態防止)
告知を受けた謙さんは、屋上に立つことは不可能。

ロケハン不足なのか予算関係なのか
冒頭差し込まれるCGは、ゼンブいらない。取った方が点数があがる。
日本の自然をそのまま表現してほしかった。
どんなにリアルに表現しても、現実の自然には勝てない。
この映画のテーマを考えると、入れるべきことではなかった。
タイトル名については、邦画のほうは内容との齟齬がおおきいかな。

女性記者テッサがいかにしてこのようななりふりかまわない
ジャーナリズムに駆り立てこととなったのかその説明が足りないため
単に周りを省みない猪突猛進なジャーナリストと写ってしまうのが
残念だ。話そのものは話をむずかしくしたほうがウケがよさそうとばかり、
観客の映画リテラシーを喚起するほどの複雑さで、
推理小説なみの複雑さであった。
2時間程度では、これほど複雑にくまなくてもいいのだよ。
くまなくてもいいのだよ(2回目)

みっちぃ がんばってたな。

大滝サン。あなたはほんとぅにすごい役者だ。
唯一、本映画で謙さんを霞ませたアクターだね。

「酒と、くいもんと、女がいればそれでいい。」⇒そのとおり!!!

…さて採点であるが

ナイロビの蜂:67点
明日の記憶:71点

どっちかだけしか見ないというならば明日の記憶のほうがいい。
できるならば夫婦でお越しいただき、鑑賞の後次のような
会話をかわしてください。

「…どうだ、ちょっとメシでもくっていくか?」

「?いやねぇ急にキモチワルィ。どぅしたんですか(笑」

「焦)いや…とくに意味はないけど、まだ明るいじゃないか?」

「…そうね。……いきましょう。おとうさん。」

…まっこと、男に『女』がいてよかった。

そして、次の諺に筆を加えるべきだろう。
「女は弱し、されど母は強し。」
      ↓
「女」も「母」もそして「妻」もゼンブ強し。

わははは。

最期に、明日の記憶を一緒に観た観客の印象について
軽く入る笑いについて、素直に観客と一緒に笑うことができた。

シリアスな映画であっても、エンタに変わりはないのである

観客も、ご年配のご夫婦が多く、いいとっつあんが鼻をならしている
のを周りで聞いて素直に「いいな」と思った。
意外なことに、妻たちは冷静に楽しんでいるようだったね。
『こんなこと当然よ』ってことですか?
男と女の違いを再認識して、映画館を後にしました。

最近はイイ映画に出遭う。
来週はおそらくダビンチ。おあとがよろしいようで…。

|

« どぅいう国にしていくのか | トップページ | 政治家は何のためにいるか? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こちらでは、はじめまして
「明日の記憶」原作を読み、映画にも興味があるので、是非夫と鑑賞したいと思います。
鑑賞後の例の会話も、楽しめたらと(^m^)
(顔文字可でしょうか....)

実は母も耳鳴りに数十年悩んでおり、発症のときの様子が同じなので、吃驚しました。
現在の「ばばぁ」状態も、難聴が無ければもう少し違っているのだろうと思います。
三男も、ストレスが続くと「耳が聞こえ辛い」と言うので、年に1~2度耳鼻科に連れて行っています。
気のせいと思わずに、これからも症状を訴えたときは、必ず病院へと連れて行こうと思いました。

色々な意味で、参考になりました。
ありがとうございます

投稿: serohan | 2006年5月15日 (月) 16時33分

ぜひまたおいでください。このブログに<制限>はないです。

投稿: 朱色会 | 2006年5月16日 (火) 08時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« どぅいう国にしていくのか | トップページ | 政治家は何のためにいるか? »