« 【オリエンタルラジオ】語録-Part.1 | トップページ | ブログの世界を徘徊して… »

インサイド・マン & 初恋

犯罪に貴賎がないとはよく言われることではある。

犯罪は犯罪。悪いことだし、実行に移してはならない

しかし……

あの事件、そうあの三億円事件については、
多くの方が39年を経た今においても特別の感情をもつ方
が多いのではないか

のべ100万人を投じた捜索にもかかわらず
1975年12月10日、容疑者を特定することもできずに時効を迎えた。

読者の方はあの事件についてどのような想いをお持ちだろうか

・華麗
・鮮烈
・洗練

このような感情をもつ人は多い。その後も強盗・強奪事件が
発生してはいるが、この事件のような目を向けられる事件は
ひとつとしてない。この事件はいまも
昭和の事件史の中で最大のミステリーとして人々のココロ
に刻み込まれている。

…これはなぜなのだろうか?

他の犯罪者にもつ感情を我々は(多分)彼(ら)に持たない。
そう、(多分)彼は、誰も傷つけずに、当時の貨幣価値にして10億円
を奪うことに成功した。そして、つかまることなく忽然といなくなった。

・だれも傷つけず。
・姿を見せないで、捕まらずに姿を消す。

朱色会も大きくなってからその事件の概要を知ることとなったのだ。
当時のマスコミもなんというかヒーローのような扱いだった
当時見ていた少年誌でも、
3億円とはどういう大金なのかが、事細かに説明があり、
非道な犯罪をした犯人という扱いでなかったように記憶している

あの当時は高度経済成長の真っ只中で、その弊害が
一気に噴出した時期でもあった。

世の中の閉塞感に風穴をあけた者として扱われた。
そう。ダーティーヒーローとして。

ーーー

本日、拝見したのは、日米2つのいわゆる 犯罪映画である。

ひとつは「インサイド・マン」
そしてもうひとつは「初恋」

だ。どちらも犯罪を、そして共通しているには

犯罪が華麗・狡猾
犯罪の動機が個人的な怨恨ではないこと
犯罪を対象が社会や企業である
 初恋は・日本信託銀行(後の三菱UFJ信託銀行)
 インサイド・マンは・マンハッタン信託銀行(たぶん架空)
犯罪内容が大金(3億円・銀行強盗)

いつものごとく映画を一緒に観た人と感想を交えるがごとく書くので
観ていない人にはあまり意味のないコメントとなることを
あらかじめいっておこう。

まずは、「インサイド・マン」

予告編やTV-CMを見ただけだと
犯人VSネゴシエーター の心理作戦の応酬映画という感じであったが
実際にみてみるとかなり異なる。

銀行襲撃(目的は伏せます)の完全犯罪を目論む
主人公のクライヴ・オーウェンは
本編中ずっとサングラスとマスクで顔を覆っていて
警察と連絡をとるときだけ素顔をみるのだが
その演技は深みがあり、いままでブレークしていなかったのが
不思議なほど、強盗団のリーダを
ハリウッドスターを相手に回して堂々と好演していた
特にクールなまなざしがいい。

たいしゅる(←まちがい)対する
刑事役はデンゼル・ワシントン
うだつのあがらない横領の嫌疑をかけられたバツイチ刑事役

このようないけ好かない才女を演るとなったらこの人しかないでしょう
ジョディ。

2人の男の対立という感じだとおもったが
結局は、すべて犯人の計算された計略どおりに話が進行する。
…ということが途中から分かるので、どきどき感が
徐々になくなっていくのは残念。

銀行ギャングものの最大の話としての話題・注目点は
「どぅやって逃げおおせるか」
観客もこの1点に絞って物語りに入っていくので
しかけと話は及第点をあげていいと思った。

あと、やっぱりいまのご時勢ではカネがほしいから銀行襲撃では
あまりにもリスクが高すぎるし、成功率もほとんど0だから
どうやって話を、観客にとって成立させるかが肝心なことだが
この話の動機付けはとてもよくできていると思った。
シナリオはよい。

銀行強盗は結局ヒーローとして描かれており、
物議をかもし出す内容となっているし、ネタばれの後は
話がちゃんちゃんと進んでるなという感じだったのでそこは
残念だけど。

銀行強盗ものとしてよくまとまっている映画であることは
「まちがいナィ」

さすがスパイク・リー。
評価:70点

ーー
「初恋」

あおいちゃんを見るためを目的としてみたが

話・表現ともによかった。

この映画のジャンルは、ラブ・サスペンスだけど
そうなると題材とのバランスを取ることがとても難しい。

初恋と三億円。ゼンゼンつながならいからまとめるのは
大変だったとおもう。

たとえばデートのねたとしてこの映画をセレクトすると

男女とも
昭和とのノスタルジィは無縁で、共有間がでないのはなかろうか
・機動隊との学生運動とか
・クルマや繁華街完全再現セット

あおいちゃんをうけいれてくれるか彼女に確認してからいこう。
いや、まてよ。確認するといけなくなるかな
「ねぇねぇ、いっしょにあおいちゃん観にいこう」
『どしッ(みぞおち)』
「ぐぇっ…」

ぎゃくに
セドリックに喜ぶ「三丁目の夕日」観客は
どうにもあおいちゃんに入っていけなくなるし…

あおいちゃんがすきな朱色会のような
昭和の水を飲んだおじさんがノスタルジィを味わうための
映画なのかもしれない。

セットやロケは大変だっただろうな
昭和の再現についてそれが余計に目に入っていた。
多分絵を作るのは大変だったとは思いますが。

事件後の話がすこし長すぎる。
感動の落としどころがよくわからなった。
…でも、あおいちゃんがかわいいからいいか。

評価:61点

昭和がわかる人向き。昭和のノスタルジックを楽しもう。

ーー
この2つの犯罪に焦点を当てた映画をみたあとで思うこと。
最近はこの映画のようないろいろな意味で高度な犯罪ではなく、
情けないほどに下卑た犯罪だけがおきる。

犯罪予備軍に告ぐ。

この2つの映画のどちらでもいい。

観て、くやしかったら彼らのようなスマートな
計画を立てるところからやれ。そして彼らのようにはできないことを
しっかりと自覚して、その行為を思いとどまってほしい。

それはなぜか、
彼らと君らでは志が違う。

犯罪を起こす動機・行動原理がどこに由来するのか?
実際に犯罪結果として情報を受けとる我々はそこだけを見るからだ。

|

« 【オリエンタルラジオ】語録-Part.1 | トップページ | ブログの世界を徘徊して… »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/2156415

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・マン & 初恋:

» 【劇場鑑賞62】初恋 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
私はあの三億円事件の犯人かもしれない。 あれから40年もの月日が流れているのに、 私の喪失感は今も消えない。 それは心の傷に時効がないから・・・ 60年代。 時代は何かを求めて蠢いていたあの頃。 私は狭く孤独の中で生きていた。 あなたとなら、 ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 22時33分

» 映画「インサイド・マン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Inside Man ウォールストリートとブロードウェイの交わるところ、マンハッタン信託銀行のインサイド、内部情報は不明だが、フェイント&完全犯罪の実行・・。 ダイヤも秘密文書も、なぜその情報を掴んだのか不明だが、ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)とその... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 19時43分

» 恋愛したいあなたへ [結婚人間関係ネット]
結婚関係ネットです。応援しています。よろしければこちらにも遊びに来てくださいね。宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 11時39分

« 【オリエンタルラジオ】語録-Part.1 | トップページ | ブログの世界を徘徊して… »