« 頻発する『パフォーマンス犯罪』 | トップページ | クリミナルメーカX »

ココシリ

へんな題名だなぁ。「ココシリ」かぁ…。
ココリコなら意味も含めてしっているんだけど。うーむ。

映画のポスターを目をやるとなにやら男くさい連中が銃をもっている。
うたいもんくには感動という文字も。

よし、最近カンドーしてないのでこれにしよう。

完全に予断を断ち切り映画をみることは
無理なことだ。なにしろ題名と風説だけで映画ファンは
映画を観る前に自分で映画のストーリーを予測する。

多分、こうでこうでこんな映画なのではないか

例えば、まだ観ていないが観る予定の、大好きなあおいちゃんがでる
「初恋」という題名+予告編だけで、
多分このようなストーリーで、いいたいことはこんなところだろうな
と映画を観る前に予想構築してしまうのだ。

んで、映画を実際に観てすり合わせを行い、観客の想像を
贈り手である製作者が上回れば好印象となり、下回ればダメとなる。

しかし、この映画はまったくの素の状態で臨めたので、
答え合わせてきな鑑賞ではなくて、素直に観ることができたのが
幸いした。鑑賞中にいろいろ細かいことを捉えることができたのである。

この映画はなにかというと

・チベットカモシカの密猟者による乱獲
・と、それを守る有志による武装警備隊
が、「外側」の話

朱色会は、自分では世の中のこと、
かなり捉えていると自負(バスジフではありません)
していたんだけど。まだまだ、しらないこといっぱいあったね。
慢心でしかなかった。

中国内地の壮大な自然は、スクリーンでしか味わえない
ので、もし観るのであれば、映画館で満喫してほしいです。

圧倒的な中国の内地の自然のものすごさ。
描写力というよりもよくもこのような奥地までカメラを運んだな
という執念の方に驚いた

出演者も(失礼ながら)まったく知らない方ばかりだ。
しかし、それが、この映画の写実性を高めていて良いと思った。

朱色会が捉えたテーマ「内側」を述べる。

貧乏対貧乏
・カモシカを密猟するのも生活のため
そして
・カモシカの乱獲をやめさせるのも生活のため
両者は生活のためそれをやる。
ハリウッド映画だと、すぐその上の彼らを操作する存在の話に
いってしまうんだけれど、この映画はそのへんをばっさり捨てていて潔さがいい。
生活という名の(命)の取り合いは、哀しみを伴う。

密漁の棟梁の、「人間よりカモシカが大切か?」
というコトバ、きちんと反駁できる読者はいるだろうか?

自然と人間
・毛皮は、お金持ちの国に最終的には「納入」されるんだろね。
しかし、それを直接収穫したり取り締まり、自然に身をおくひとは
キケンとの隣あわせだ。

流砂でいなくなったり、銃で狙撃されたりしながら、
いくばくかの生活のための「金」を手に入れる。

また、この映画はなぜ、放牧民が密猟者に身を落としたのか
の説明がある。砂漠化が進み、羊たちがいなくなったとのこと。

さて、それについてもう少し掘り下げよう。
なぜ、砂漠化が進むのか?

砂漠化の下手人(国)はどこ?

すくなくても、地球的熱量換算でいうとチベットでないことは
確かなことだね。じゃ、どこなんだろね。

翻って、警備隊のメンバーの過去にも言及がある。
彼らも、普通の市民から食い詰めてきた寄せ集めだったのだ。
彼らに【街の仕事】があれば、どんなに崇高な仕事であっても、
彼らは、この仕事に出遭うことはなかっただろうな。

この話の語り部は、映画の主人公(?)である若いジャーナリストだ。

かれは隊長から、
「マスコミがカモシカを守ってくれるのか?」
という問いをもらったが(そのときは)応えることができなかった。

最終的にカモシカの絶滅をすくったもの
それは
・彼の書いた記事
ではあるけれど、
・現実に存在した警備隊の行動とその隊員の死
が政府の判断を動かしたのだろう。

だから、やっぱりカモシカをすくったのはマスコミではなく、
彼らの存在と信念と行動と死だと理解している。

隊長は、若いジャーナリストの申し出にしばし考え、
そして、「よし、こい」といった。あの刹那に、
隊長が考えていたもの。おそらくはこの映画のストーリーの結末と
同じことを考えていたのではないか?

そうでないと、もうそろそろキツイから帰りなさい
というはずである。

エンドロールでは、この映画が史実であることを告げられる。

…ということは、あの密猟者たちは、現実のなかで、
 どのような運命をたどったのであろうか?

冒頭にでてくる撃たれて死んでいる若者の写真

…あれは、「どっちの」若者なのだろうか?

あと、街の女と娘。細かいところまでよく行き届いた表現が映画通を泣かせる。

とっても真面目で、とってもいろいろなものを織り込んでいる映画
朱色会にとって、「ココシリ」はそういう映画です。

評価:(朱色会的に、という注釈をつけて)80点。
マジメルな映画が好きな方向きである。

ーー

あ~ぁ。彼らの警備隊のようにストイックな信念はもてないかもしれないけれど、
「会社」のためじゃなくて、社会や自分の信念のための「仕事」したいな~。
あと、信念を「共有」できる仲間もほしいな~。
ほしいな~(2回目。)

エンドロールが流れ始めてから、浮世の自分と映画のなかの人物の生き方を
比べて、まるっきり違うではないかということに少しだけ涙し、映画館を後にした。

|

« 頻発する『パフォーマンス犯罪』 | トップページ | クリミナルメーカX »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/2052314

この記事へのトラックバック一覧です: ココシリ:

» 「ココシリ」生きることは美しい、映画の力を信じられる [soramove]
「ココシリ」★★★★ デュオ・ブジエ、チャン・レイ主演 ルー・チュアン監督、中国2004年 チベット語で「青い山々」 モンゴル語で「美しい娘」という意味の ココシリというタイトル。 海抜4700メートルのチベットの奥地の 目にも眩しい風景を背に、 ここでは...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 10時20分

« 頻発する『パフォーマンス犯罪』 | トップページ | クリミナルメーカX »