« 「権威」とだめだこりゃシンドローム | トップページ | 『果てしない上』 »

楽しくないのにフリはしたくない

いつも笑っている。そぅ病はキからと貴方は教えてくれた。

唇の端をココロとはうらはらに

やっと持ち上げている。

だけどほんとぅは顔とココロの鬩ぎ合いだけに

マイニチを疲れてしまうよ。

コップではためてることができずに

それはペットになりそしてバケツになった

手に持てるだけのイレモノしかモテナイね。

いつかはそれも手に持てなくなる
大きな広いところにそれを捨てにいきたい。

誰にも知られずに

誰にも捨てるところは見られたくない。

だれにも。

-

いつも泣いている。ココロはからだに現れると君は教えてくれた

涙のあとはミセツケル。だれかがソレどぅしたのと言ってくれるのを
待っている

だけどほんとぅはだれかじゃないよ。

マイニチを使いつづけて

いつか干上がるまでそれをしないといけないの

いつかはそれもオワルのかな

ゆっくりと静かなところへ歩き始めよう

誰かといっしょに…

誰かじゃない

あなたと。

(岩下 光の詩の一遍より、朱色会が『オマージュ』しました

|

« 「権威」とだめだこりゃシンドローム | トップページ | 『果てしない上』 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/2329147

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しくないのにフリはしたくない:

« 「権威」とだめだこりゃシンドローム | トップページ | 『果てしない上』 »