« マッサージチェア・ジャンキー | トップページ | WEDGE Vol.18 キレてる »

人の本質part.1

「世の中」には、いろんな封筒がある。

きれいな封筒。
大きな封筒。
小さくてかわいい封筒。
しわしわの封筒。
でっかい封筒。
間口が狭い封筒。
いつも口があきっ放しの封筒。
良く見ると、『底』が抜けている封筒。
汚れて汚い封筒。
厚ぼったい封筒。
なにやら「高そうな」紙でできている封筒。
つぎはぎだらけの封筒。
なんの特徴もない、変哲のない、封筒。
まっしろでなにも書いてない、封筒。
口が糊で、きっちりと「固められている」封筒

…ほとほと、人間とは封筒のような存在だ。
「何」かがはいっているからこそ、「とりだせる」のだ。

封筒の中身については、本節では述べない。
今日は、「イレモノ」の話。

よく、人間を同様な表現方法として、『器』にたとえることがある。
しかし、朱色会が思うに、器では、器に盛られたものが
その人の全てになってしまうので、的確な表現としてはものたりない。
封筒が良いと考える。なぜかというと
そのひとならではの「本質」はいつも隠れており、
いざというとき、封筒からでてくる「隠れているもの」だと思うからだ。

そして、実は封筒の見てくれ・外見などは些事なことなんだ。
人間として重要なことは、封筒のなかに、何をもっているか
ということだと思う。

みるからにたくさんの紙がつまっている封筒。
しかし、よくなかを見ていると、ピンクちらしだけがつまっている封筒。
または、「何も書いていない紙」だけがたくさんつまっている封筒。

見てくれはとても立派なようにみえる封筒。
しかし、「蓋」を空けて、さかさにすると、ちっこい紙切れが
「はらり」とでてくる封筒。紙を見てみると、こう書いてある。
【天上天下唯我独尊】

一見、汚らしくて小さい封筒なので、ナカミもたいしたことなかろうと
高をくくっていたならば、あとからあとから珠玉のようなすばらしい
『内容』がどんどんでてくる封筒。

…いろいろな封筒がある。
 そして、その封筒にはいろんな「紙」が入っている。

そして、とくに声を大にして、言っておきたいこととして、
入っているからこそ、取り出せるという事実がある。

それは、こどものとき、親が、この紙はこの子にいれておこうと
親心で他人が知らず知らずのうちに詰め込んでもらった紙(もの)。
これは、ジブンの封筒なのに気が付かないで取り出している場合がある。

自分では重要なこととして、覚えておきたかったり、すぐに取り出せるよう
「自分」でいれた紙(もの)。

の2種類しかない。ジブンか、他人がいれてくれた紙。
それが、封筒のなかに入っている。

「入っているからこそ、『取り出せる』のだ。」

入っていない紙は、逆さにしようが封筒をどぅ破こうが、
取り出すことはできないのである。

ーー
人は、「封筒」である。--朱色会--

たくさんの種類の封筒が集うところ。それが人間社会である。

…ここまで、朱色会のよた話につきあってくれた読者に、
つぎのことばを贈り、この節を綴じる。

「貴方はどんな紙を、取り出すことができますか?」

|

« マッサージチェア・ジャンキー | トップページ | WEDGE Vol.18 キレてる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

朱色会さん、こんばんわ!お返事遅くなってすみません。
昨夜はなぜか泥のように眠ってしまいました・・(泣)最悪です・・・。

びっくりした。引越ししたかと思った。ごめんね・・・朱色会さん、もう一つブログ持ってたんだね・・知らなかったの。

・・・ズドンとくるような感慨深い言葉たちをホントにありがとう。読んでしばらくじっとりと考え込んでしまった。朱色会さんの紡ぎだす言葉はいつも優しいのにどこかちゃんと厳しくて。睦月はとっても好き。ウソがなくて、媚もなくて、信頼できる。

ところで。
二の腕を見せる会・・・実現できてなくてごめんなさい。
でも、朱色会さんとはオフ会という名の二の腕を見せる会を近いうちにぜひ開催したいなと思ってます(笑)。
お互い顔ばれもしてるし・・・抵抗なさそうね(笑)。

投稿: 睦月 | 2006年8月10日 (木) 01時33分

睦月さん。こんにちは。
返事が送れてごめん。

オフ会は、気長にまっています。
好きな映画のことなどを実際に逢って話したいですね。

>昨夜はなぜか泥のように眠って
....それは体がそれを欲しているわけですから、
 抗わずに自分の体に、ココロを委ねていいのではないでしょうか?カラダが泥のように眠れと指令しているのですよ。休みは次の活動を楽しむためには不可欠なことです。サイアクなことではなくて、ものが上から下に落ちることくらい、「自然」なことですね。

>感慨深い言葉たち
カンドーの正体でも話しましたが、それは睦月さん自身が生んだ能力の発揮の結果であり、私のことばにはなんの変哲もありません。当たり前のことばを駄文として記しているだけです。ま…喜んでもらえて嬉しいですね。

>引越ししたかと思った
朱色会は現在8つ開いています。(一部休眠中)
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BC%EB%BF%A7%B2%F1&cop=
携帯機器でも読めるようにレイアウトの変更をしたのです。
びっくるした?

では、また。(朱色会もお盆は民族大移動の予定。)

投稿: 朱色会 | 2006年8月11日 (金) 13時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/2806323

この記事へのトラックバック一覧です: 人の本質part.1:

« マッサージチェア・ジャンキー | トップページ | WEDGE Vol.18 キレてる »