« またね | トップページ | ラフ ROUGH »

矮化

太陽系の惑星の数が、8個になり、ひとつへった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E7%8E%8B%E6%98%9F

天文学的には、ずっとホットな話題だったようだ。
冥王星って名前、かっこよくて気に入っていたが
新しい日本名募集って、他の星の立場もよく考えてほしい。

惑星だの、衛星だの、「名前」や「区分け」で
人間がああだこうだと区別しているけど、
とうの「本人」たちは
なにやってるんだろうね・・・と半ばあきれているとは
思うが、人間の社会での振舞いとして面白い事態だとは思った

惑星から『降格』をうけ、矮惑星なんて
あまりしらない単語になってしまうんだね。
けりがついてはっきりしたことはいいと思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%AE%E6%83%91%E6%98%9F

ニュースもずっとこの話題は追っかけていて
興味深い、意外と天文学ネタはひっぱるよね。

ちなみに【矮】とは「成長が十分でない」の意。
おいおい、俺たちがんばって100周期ぐらいだろう。

星たちからすれば、われわれなぞ ミジンコofミジンコ。
「若い衆」がなにへ理屈いってるんだ。と
星たちはほくそ笑んでいることだろうな。
いかにも人間くさい話と顛末だった。

人間といえば・・・

また、耳を疑う事件が頻発している。

犯罪を犯したものたちのコメントが鮮烈だ。

放火して「死ぬとは思わなかった」
親を困らせるためにやった

誤解をおそれずに断じるが、
放火については、誰であろうと
故意であろうとなかろうと
「一発レッドカードでいいと思う」
つまり、この世からの『退場』だ。
(日本だと13階段)でいいとおもう。

人は、いつか眠る。だから、これは防ぐことはできない
犯罪者たちのコメントが、マスコミを通して流れる。

いよいよ、人間の、人間としての【矮化】が著しい。

実際のところ、勉強しろ といわれたくらいで
放火するとは考えにくい。
もっといろいろなことがあったんだとおもう。
もっともっとぎりぎり取り調べてほしい。

このような突発的衝動は、
生物学的には、類する行動はいろいろあることを
インターネットで調べることができた。
精神行動学でも、類する行動形式があるようだ。

だけど、我々は獣じゃない。
行なう前に、それを行なうことが何をもたらすのか
それを想像する能力を与えられているとおもう。

宿題やれで、家を燃やされる時代となったしまった。
あきらかに人間そのものが矮化している

寝ている間に排除するなど防ぎようもないことで
もしかすると
うちも
と恐怖を覚えた方もいることだろう。

火をつけたくならない世の中に修正していくことが重要だと思った。
「応え」の片鱗は、探したけど、
残念ながら見つからなかった・・・

こんなこと、いつまでつづくのか?

お互いを尊重しあう社会。家族はその最小構成単位であること。
それは、この世紀も変わらないことだと思う。

もっと、人生を、ラクに、タノしく。

つかれた。ねむります。
さらば、プラトー。
http://www5.ocn.ne.jp/~report/news/plutoplanet.htm

|

« またね | トップページ | ラフ ROUGH »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/3206361

この記事へのトラックバック一覧です: 矮化:

« またね | トップページ | ラフ ROUGH »