« メディシン・ワードとポイズン・ワード | トップページ | ヤってイイことワルいこと »

営業に武器をもたせろ

会社の役回りについて星を絡めて。

朱色会はこう考える

恒星:営業、開発

惑星(非恒星):中間管理職、間接部門・製造スタッフ、そして
        社長をはじめとした経営層の諸君

・・・どのみち、2つの星をいかに光輝かせるかにより、
  その照り返しによりその他の星が輝くことに代わりはない。

そこで、今回はとくに営業の輝かせ方について

上記のことに異を唱えるひとはいないとは思うが念のため。
これは、貴賎の話でもなく、ましてや優劣の話でもない。
あくまで役回りの話である。

営業は、お客に会って、サービスを渡す主体だ。
また、営業は、会社の顔だ。「きれいな」顔・身なりのほうがいいだろうな

いうなればいかにして営業が、顧客を落とすか
それに、会社の未来がかかっている。客をとってくる
つまり、下世話な話として、お客から給料をGetしてくれる
受注という行為の役回りをもっている。

そのため、お客に対峙するこの役目に対して
さまざまなフォロー・バックアップを行う必要がある。

具体的には、お客がクビをたてに振らざるをえなくなる
説得力のあるさまざまな営業ツールや、魅力的な
商品そのものを、武器として手渡してやらないといけない。

そして、お客は何人かの営業のなかから、
選ぶ。そのときに勝負は決する。
ほとんどの場合は勝(社)はひとりだ。その他はすごすごと帰るほかない。
ポケットを両方とも裏返して、うなだれて帰社してくるのだ

営業が手ぶらで帰ることがないように、
たくさんの有効な武器をもたせてやろう。(盾もね。)
そうすれば勝つ確立が高くなる。
結果として、全員の給料が工面できるというわけだな

また、負けた場合、
試合振りについて、つぎのためによく聴きこんでおく必要もあるだろう

なんで負けたのか?
なにが足りなかったのか?
お客さんは、何を観点として他を選んだのか?

などだ。勝負、どちらも得るものはある。
得たものは、そのままつぎの勝利の材料となるわけだな。

抜刀して社外で闘ってくる人間へは、声援のほかに
剣や実弾がひつようだ。まさかとはおもうが
それを手渡さずに、「外」に送り出すなどということは…ありえない。

いいたりないが、あとで追記することになるだろう。
今日は、ここまでで勘弁。(なぜならばジムへいくからである。)

さて、ここまで読み進めてくれた「惑星」の皆さんにQ

「あなたは、今日、どんな武器を、営業に手渡しましたか?」

|

« メディシン・ワードとポイズン・ワード | トップページ | ヤってイイことワルいこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/3245635

この記事へのトラックバック一覧です: 営業に武器をもたせろ:

« メディシン・ワードとポイズン・ワード | トップページ | ヤってイイことワルいこと »