« おちんちんつき。 | トップページ | 「極」。 »

不条理な2つの死と悲しみ

また、われわれは、「真実」を永久に失ってしまった…

正直、キーボードを打刻するだけの力しかでないが
振り絞ってこの原稿を書いている

本日
ブログをおいかけるきっかけとなったのは以下の記事
----------------------------------------------

高専生殺害の手配少年、週刊新潮が実名と顔写真掲載

2006年09月07日03時04分

 山口県周南市の徳山工業高等専門学校で、女子学生(当時20)が殺害された事件で、首都圏で7日に発売される「週刊新潮」(9月14日号)が、殺人容疑で全国に指名手配されている男子学生(19)の実名と顔写真を掲載していることがわかった。

 週刊新潮編集部は「凶悪犯が逃亡しており、指名手配されているのに実名も顔写真も公開されていないことはどう考えてもおかしい。公表は犯人の自殺・再犯の抑止にもつながる」との談話を出した。

    ◇

 少年法は実名や顔写真、住所など、容疑者である少年本人を推知できるような事実の報道を禁止する規定を置いている。

 少年犯罪の凶悪化と低年齢化を受け、警察庁は03年12月、容疑者が少年である場合でも、連続殺人や連続強姦(ごうかん)など、凶悪で再び犯罪を行う恐れが高く、捜査上ほかに取るべき方法がない時は、氏名や写真を公開して捜査することができるとの通達を出した。

 警察庁が新基準を出した目的は被害拡大を防ぐためで、少年の人権保護を超える必要性が認められる場合に限られる。今回の事件では、山口県警は少年を推知できる情報を一切公開していない。

-----------------------------------------------

朝から、ブロガの顔写真貼り付けと
ブログ管理会社の「いたちごっこ」が始まる。
ほとんどのサイトは数刻を待たずして、記事の読み取り権限が奪われる

意見も賛否両論 はんぶんづつくらい。

・・・・そして
----------------------------------------------
同日 13:39 配信:NIKKEI NET

高専女子殺害、容疑少年の遺体?発見・山口県内で

 山口県周南市の徳山工業高専5年、中谷歩さん(20)が殺害された事件で、殺人容疑で指名手配されていた同級生の男子学生(19)が逃走に使ったとみられる青いミニバイクが7日午後、山口県下松市内で見つかった。付近の山中に男性の遺体があり、周南署捜査本部は男子学生かどうか身元の確認を急いでいる。

 男子学生の家族はこれまでの調べに「所持金は数千円」と証言。青いミニバイクで逃走したとみられ、捜査本部は近くに身を潜めている可能性が高いとみて、山口県内を中心に調べていた。

 捜査本部は150人態勢で捜索。近隣の県警にも協力を呼び掛けていたほか、所持する携帯電話の発着信や、各地のATMで引き出しがないかなど警戒を強めていた。

 これまでの調べでは、中谷さんは8月28日午前10時ごろ、卒業研究のため同級の女子学生と登校。校内では別行動をし、昼食を一緒に取る予定だったが、午前11時ごろ、待ち合わせ場所の研究室前で女子学生が声を掛けても返答がなく、携帯電話にも出なかった。  (13:39)
----------------------------------------------
この配信直後から2h程度、このサーバーへのつながりが
悪くなる。

そして、この記事に反応するようにブロガたちが
この記事に対する私見を載せ始める。

ブログの世界もかなり動きの激しい一日だった…。

それにしても。。

28日前後にすでになくなっていたということである。
…と、いうことは今日までのさわぎは、殆どなんの『甲斐』もなかった
ということだ。

これまで、ネットでこの事件についてはさまざまな意見が噴出した

早く保護したほうがいい
未成年とそうでないものの情報のあつかいの区別の可否
2人のご両親の悲しみ
友人・知人たちの苦悩ととまどい

亡くなったふたりはもうかえってこない。あの事件が起こった高専に
ゆかりのあるひとたちの悲しみ・疑問は、永遠に晴れることがなくなった

もし、それがいくばくかでも晴れることがあるとしたら、
「少年」がでてきて、
なにが自分の中でおこったのかを皆に明らかにすることだったのだが…
社会が、なにかみえない大きな拘束具をつけているようだ。
みうごきがぎこちない。いろんな対処がおくれたり、まちがってしまう

心泣)もう、書けない・・
秋風の冷たさが首にまとわる。体中の骨が冷たくなっていく。

もう…。『冬』は近いのだろうか・・?

・・・週刊誌を手に入れることは控えて、はやくやすもぅ。
…今となっては、その記事を読むことは、ひどく虚しいことなのだ

|

« おちんちんつき。 | トップページ | 「極」。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/3354506

この記事へのトラックバック一覧です: 不条理な2つの死と悲しみ:

» No.393:闇の中 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。ふるさとの福井から、ちょっとした明るい(!?)話題が・・・。 ? 出生率アップは高い女性の既婚率、大家族が要因――。福井県は6日、同県の2005年合計特殊出生率が1.47と、全国で唯一増加した要因の分析をまとめた。出生率と関係がある各種指標の中で... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 08時43分

« おちんちんつき。 | トップページ | 「極」。 »