« すまん。みんな | トップページ | ああなるのかなあ »

変わらぬ日々

本社へ異動したが、ナニかイベントが待ち構えていたとキタイした

朱色会が馬鹿だった…

これが1.5年も外で頑張ってきたものへの仕打ちなのか…

…あ・り・え・な・い。

ねぎらいのことばもなく。感謝の表情ももらえない。

外勤者になんの関心もないのだろう。

はははははははは

あははははははっは

ぎゃはあはははははは

最近は、ふと疑問に思うことがある。

本当に私は、IT会社に就職しているのだろうか

いや・・その前に、私の就職した組織は、「会社」なのだろうか?

いや・・・もっというと私のほかに会社に「人間」が存在しているのか

と疑い始めている。

なんのサポートもない

なんのはげましもない。

なんの尊厳もない。

なんも・・・ない。

他もこうなのだろうか。こんな状況でなにに「熱」を持てばいいのだろうか

だれか、教えてください。

ーー

精神カウンセラの助言としては、

ほしがるから乾く。だから、ほしがらないというココロの姿勢が

要るのだそうだ・・

・・・しかし、それでは、「おかしな世界」を自分で認めてしまうことになる。

流されてしまうわけでそれはどうかなと思った。

・・全員ころすか?哀しみがいつか反省と転化することもあるだろう。

それも一興か・・・・

決行の日をカウントダウンすることとした。

準備に入る。

銃で撃ったら、「正体」を表すだろうか?

ふふふ(笑

|

« すまん。みんな | トップページ | ああなるのかなあ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

朱色会様、こんばんは。
お引越しの後もUP続いていて喜ばしいです。
やっぱそう感じることを自分にだけはごまかさなくて
いいんでないでしょうか。
きっと変です。今のに、ほ、ん。
悪気は無いのかもしれないけど、個人は悪くないのかも
しれないけど、なんかあまりに”繋がり”が希薄。

”感じること”が希薄。
”共感すること”が希薄。
”思いやること”が希薄。
”たぶん家族”とも希薄。
そしたら生きてる実感も希薄、になっちゃいそう。

どう生きてもいいから(そしてどう死んでも良いから)
自分が生きていたってっこと、その価値のために
自分をまっすぐに生きたい。と
改めてブルーになった心に活を入れました。

朱色会さん。今回もありがとう。

投稿: おっとっと | 2006年9月21日 (木) 22時17分

おっとっとさんいつも優しいコメント痛み入ります。
朱色会は、急速にこの世に生きている実感がなくなってきています。危機的状況なのです。まるでおきてからも
ずっとずぅ~と映画をみているようなカンカクですね。

生きていることに、これでも感慨していたはずなのですが

人間は生きているだけで素晴らしい存在なのか

人間は、糞尿と「他の存在」への災厄をまきちらすだけに生まれてきたのか

どちらが本当なんでしょうか。

・・・そんなことを、よく考えてしまいます。

投稿: 朱色会 | 2006年9月22日 (金) 21時23分

朱色会様、こんばんは。
私も正直自分がやっていることの正当性?なるものに
疑問が浮かんでいました。
自分のやっていることに誰も価値を感じないなら、無意味ではないかと。
 ただ以前、おかしくなったころに知った自分とやらの中心は、
”答えはすでに知っている”ってことでした。
それに沿って生きるなら生きることだけで価値がある。
そしてそれは人間だけに限定した話ではなく、あまねくすべての生き物たちと共に、
ということでした。
人間は生まれる前にお母さんのおなかの中で魚類から両生類、爬虫類と進化していく
(それこそ昆虫の変態のように体のシステムすら変わって)のだそうです。
10ヶ月の間に生物の進化を一気に行い、その変化のたびに死と直面するそうです。
”胎児の世界 三木 成夫著”

それらをくぐり抜ける方法(価値観)は遺伝子の中に組み込まれた生命の獲得した
歴史そのもののはずです。

朱色会さんの”論理”のむこうにちゃんとその”心=歴史”が
見えるから他人の心に”リアルに”響くのではないかと。

投稿: おっとっと | 2006年9月24日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すまん。みんな | トップページ | ああなるのかなあ »