« 「いじめ&自殺」列島に生まれた子供たちへ-Part.3 | トップページ | 宴(うたげ)のあと »

ガクシャなひとたち

つづきますが、今日は、一息いれて
現場「外」のていたらくについてひとこと書いておきます。
つづけて、召集された人たちの資質の限界について指摘しておきます。
ですから、今日の受け手はこどもたちではないです。

まずは、次のリンクをクリックしてほしい。
(絨毯爆撃読みをする必要はありません。
 ねむくなったり、理解不能な文にぶち当たったならば
 ブラウザの戻るボタンで、本記事に戻ってきてください(笑
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E3%80%80%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6

いかがでしたしょうか?
これが、アカデミックな方たちの、「いじめ」の捉え方なんです。

たとえるならば、救急病院にて。
血が噴出している交通事故の急患が運ばれてきた。
今にも心停止に陥る状態のけが人。
そこにいるのは、メスを握ったこともない病理学者。
「うーん。この患者の症例を分析いたしますと・・・」
「センセ!なにを悠長なことをいっているんです!!死んでしまいます!」
「ぬ?いやわたくし、専門が・・・」
「ぐおおおお。しぬぅぅぅぅうぅ、がくりッ」
「うーん。。。この状況は、心停止と判断いたします。その査証は」
「どけぇ!(女の看護師)」
「うーん。。この場合の正しい処置はですね。。。ちょっと、論文を。。」
「ぴーーーーーーー」

ーーーー(泣
政府がいじめ問題に本腰をいれたという
どんな人をあつめたんだ。と確認したならば。
現場を体験したこともない学者たちや門外漢ばかり。

http://meim.exblog.jp/5906808

・・・おわった。すべて、おわった。(力石)

どんな結果(答申書)が提出されるやら。心配です。
また、棒にも端にもかからないへんてつないレポートがでそうで、怖い

朱色会のメンバー条件は以下のとおりです。
・いじめを長期間実体験した
・いじめをしたことがある
・いじめを受けたこどもの親
・いじめをしたこどもの親
これのどれかにかかるひとがきちんと議論してほしい。

そして、現状分析のレポートなんかもう要らない。
「・・・で、どうすればいいの?」
に対する「こたえ」を示してほしい。具体的に。

ちなみに、上でご覧になったものは、須くこの答えがなかったと
報告しておきましょう。

それはどうしてか、彼らは答えを見つける「責」がないからなんです。
いま、集められた人には、その責任があります。

「答え」見つけてください。そのために集まっていることを
再認識してください。答え。待ってます!!

布村幸彦審議官:「調査が実態に近いものになるよう、工夫したい」

・・・・だめだこりゃ。(いかりやさん。…嗚呼。
http://blogs.yahoo.co.jp/kingsmanband/42638501.html
http://blogs.yahoo.co.jp/love2taku5/22099946.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tanchina7208/42945955.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tsujimoto112233/42945835.html
http://blogs.yahoo.co.jp/anego_jin_anego/21886818.html

|

« 「いじめ&自殺」列島に生まれた子供たちへ-Part.3 | トップページ | 宴(うたげ)のあと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/3883082

この記事へのトラックバック一覧です: ガクシャなひとたち:

« 「いじめ&自殺」列島に生まれた子供たちへ-Part.3 | トップページ | 宴(うたげ)のあと »