« 神がかり的な構成の「報道ステーション」 | トップページ | 「きっこの日記」を読んで »

ワールド・トレード・センター【WORLD TRADE CENTER】

執筆中(+取材中)。なれど
ストーリーではないものを著した映画の評を書くとき
筆がとまる自分がいる・・・・。

====ここから、映画評。ゲート・オープン。

オリバー・ストーン。

http://park12.wakwak.com/~eslab/books/o_stone.html

JFK。
7月4日に生まれて。
そしてなんといっても。「プラトーン」
社会派映画監督の巨匠として名を連ねるストーン監督の作風は
一言でいって重厚。

そして、なんといってもオリバー風といわれる
今までになかった切り口を見せる監督として初期作品を中心に
一世風靡した。

近年はその切れ味が鈍りがちだ。この映画はどうなのだろうか
なんといってもあの事件が題材だからなぁ

予告編についてはオーラを感じなかったので
ま、あまり期待せずに臨んだ。

このブログは、映画評を書いている。だから、あの事件が
どうたらこうたらというつもりはない。
3000人近い人間が飛行機テロによってなくなった
それをどう描くのか?そして表現者は5年を経た今。
なにを伝えようというのか。それをつかまえるため
初日に臨む。

この映画はパラマウント映画+UIP配信のため
残念ながら、【Save Our Movies強化版】は事前放映される。

さてと、、
この映画も実話を元に忠実に描かれている
その主人公となるのは、2人の警察官。
ビルに被害者救出に向かい、そして、生還した。

前へでろ。
人間は、一生のうちで何度か、その言葉を発し、
そしてそれに応えるか、応えないか判断する機会を得る。
足を前に出すか、出さざるか、その脳裏に浮かぶのは
愛する家族か、それとも、メイン・ペーパーの一面か?

この映画につき事前に情報を仕入れたものは
ユナイテッドのときと同じように結論が決定しているものと
どう対峙するかを求められる。
生きてもどってくることが既知であるとき
あとは、なにが描かれているかに集中することなる。

彼らが帰ってくるために必要だったもの。本編はそれが主題となっている

2人は英雄となった。
灰燼と化したあの場所で、
救助者の励ましの声とともに、
彼らの手と足だけで組まれた回廊を、担架は運ばれていった。

評価68点。

やはり、現実に映画が追いつくのはムリがある。
それは、この映画を捉えるために、取材したときに達した結論だ。

お話と現実は繋がっているとは言え、この題材は
とても「重い」ものだ。

そして、やはりオリバー。
さ・す・が・わ オリバーと終幕のときに
ココロから叫びたかったが。。オリバーサプライズは
ついに朱色会の前に現れることはなかった。
オリバーならではの話のヒネリがあるのだろうと思って
いたが、それはなかった。

|

« 神がかり的な構成の「報道ステーション」 | トップページ | 「きっこの日記」を読んで »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/3727334

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド・トレード・センター【WORLD TRADE CENTER】:

» 某社で働くプログラマン [デスマーチはマーチデス]
はじめまして。面白いブログなのでお気に入りに入れさせて頂きました。よろしければ私のブログも見て頂ければ幸いです [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 06時59分

» ワールド・トレード・センター ~むせび泣くアメリカ人の隣で・・・ [シカゴ発 映画の精神医学]
8月11日アメリカ公開  映画は公開初日に見るものだ。 少なくとも、公開3日以内には見たい。 客層が全く違う。 本当に、その映画を見たい人だけが集まっているから、独特の雰囲気と熱気に包まれる。 「ワールド・トレード・センター」を公開初日...... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 14時37分

« 神がかり的な構成の「報道ステーション」 | トップページ | 「きっこの日記」を読んで »