« マイ・タイム・イズ・マイン…という考え | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ ファンフェスト2006 »

7月24日通りのクリスマス/虹の女神

うーん。うぅーん。どーしよーかなぁ。

男は悩んでいた。曇り空の下
映画街はまったなしでかたたんかたたん近づいてくる。

ど、どぅいえばいいんだろうか?

「いらっしゃいませ。」

「7月24日。」

「えッ!お客様…今日は11月11日ですよ。」

「いやっ。だから」

つかっ、つかっと靴の音が近づいてくる。。

「あ、支配人。」と娘達。

「また、きみか。もうわれわれをからかうのは
 やめにしてくれないか。」

自慢じゃないが、朱色会は、滑舌じゃない。

「・・ですから、映画を観にきたんですよ。」

「あ、そうでしたか・・キミ、お通して。」

ふぅ。。よかった。今回はすんなりと入れてくれたな。

んで、映画がはじまったならば

『7月4日に生まれて』だった。

・・・・となったらどうしようか?うーん。やっぱり
フルネームで注文すればいいのか。。しかし、スマートじゃないし
クリスマスを言い間違えたらどうしよう。それこそ
警察ざただな。。

と・・・妄想が妄想をよび、危うく千葉中央を乗り越す
ところだった。(汗

それでは、秋の新作ラブ・ムービー祭第3弾/完結編をお贈りする。
(ちなみに、↑のような祭りは実在しない。)

件名: 7月24日通りのクリスマス

鑑賞記:「何かに」臆病な人々を励まし続けたコロッケパンと白いヒール

今回のキメ台詞。
「間違ったっていいじゃない!」

現実逃避の街としてサユリの頭に現れるリスボン。
現実の通りとして存在するやいなや?
まずは調べてみたくなる。その名前の由来も…

通りでの告白はさすがは「姫」の真骨頂だ。
BGMにあわせるがごとく、歌うように台詞を奏でる

そうかとおもうと
おいおいブラコンかよ!

大沢たかおさん。
彼の演じる人物像(生い立ちや性格など)は朱色会ににている。
親近感をもって観ることができた。

「君は、昔の俺を見ている。」

そ、そして、劇中にて主役を凌がんという光り輝きかたをしていたのが
このふたり。
YOUさん。ホントに魅力的なひとだね。

そして、佐藤隆太さん。
ナイーブな青少年ながらも、愛する人をしっかりと
見続ける。

昨今の【4作品】の中では、唯一の
劇中にて誰も死なない、そして欠けることがない
リアルなラブストーリーだ。

私たちは、存在し続け、誰かに影響を及ぼし続けることで
輝き続けるのだ。暖かい世界にいるとその暖かさに甘えてしまう
こともある。とにかくリアルなお話を隠すがごとくの
リスボンやCGのスパイスが効いています。
『姫予備軍』の女たちの応援映画として
この時期にみてもらいたい。

評価:82点

この劇場に吸い込まれたお姫様予備軍のおねーさま方。
(ナニモナイ)世界から
何か「在る」世界へ走り出す
準備は、完了したかな!(笑

オン・・ユア・マーク。。。

「レディ」GO!!

ーーーーー

件名:虹の女神

・・・特に語ることはない。思うことはたくさんあるが。。。
思うことと語ることはちがうのだ。

語ることが映画となり、その思いが伝わることで、
観客の足が、劇場に向かうのである。。

・・・この映画はかなり映画ブロガのお歴々、または
映画レビューアの諸兄から高評価を得ているようだが
じつは、朱色会にとってはあまりそう感じなかった。

感じなかった理由もいくつもあげつらうことができるが
せっかく虹の女神を楽しんだ観客に冷水を浴びせかえる
必要はないので、

「思うことと語ることはちがう」

ということを述べておく。

たとえば、この映画で朱色会が、耳に残っているセリフ

女家族のなかで孤軍奮闘する小日向文世さんが
つい娘の死の確認の道中でこぼしてしまうセリフがある

あれは、おんなの観客に聞かせていいセリフなのだろうか?

「あ、やっぱりそうなのか・・」

と、おもうだけで、そのあとなんのつながりもない。話のなかで。

それから、我らが元Winkの相田翔子の扱い方。
観ていて監督に『殺意』が沸き起こる。

34歳の独身女性がこの映画をみて、
なにを思えばいいのだろう?

「あ・・・やっぱりダメなのね。」

映画は表現物ではある。だが、その前に「娯楽作品」なのだ。

熊澤(←すでによびすて)。。
映画スクールから、やり直せ。

伝えたいことをまっすぐに表現するだけでは
お金をいただく表現物としては不足だ。
観客に、『満足』してかえってもらうためにいろいろ
汗と工夫をしなければね。

どんな風をきって歩いている女性でも
多くのコンプレックスを抱えて、悩みをもってそれでも生きている
それを映画のなかでどう「楽しんで」もらえるのか
それを考えるところから、始めてほしい。

映画のなかで映画をやる。それ自体はあまり斬新なことじゃないし、
それに、「自主制作映画」を劇場でやるのは
やめてほしいことだ。あなたは、プロなんだろ?
まっすぐ、ありのままいうことが、観客に受け入れられるとは
かぎらないのだ。

映画とは、「○」を見に行くところ。
○の中を、うめなさい。

評価:22点

上で紹介した映画とはかなりことなり、こちらはいけてない。
どちらもみていない方には、(上の)映画をお勧めする。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=7%E6%9C%884%E6%97%A5%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%A6&ei=UTF-8&x=wrt&meta=vc%3D

|

« マイ・タイム・イズ・マイン…という考え | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ ファンフェスト2006 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4150379

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日通りのクリスマス/虹の女神:

» 恋愛と結婚について、ちびっと話をしてみます?/モテる実践その59! [もてる方法ナンパ・合コンで出会いを増やして恋愛の達人になる!]
恋愛はうまく行く、、、でも結婚にはならない・・・って人にありがちな事っていうのがあるらしく、、、*「独身」でトラックバックさせていだきました お手数ですがご迷惑の際は削除ください [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 21時49分

» 初めての体験。。。 [本当の私を夫は知らない。。。]
同じことをただひたすら繰り返す日々。。。そんな毎日を変えたくて。。。女でありたいと願う私が過ごした日々を少しつづ書いていきたいと思います。。。 [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 22時21分

» 蛯原友里のCMからお宝画像!!デビュー当時の全裸CM!! [蛯原友里のCMからお宝画像!!デビュー当時の全裸CM!!]
ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして活動中。雑誌の中で可愛い系コーディネートは「エビちゃんOL」と呼ばれ、エビちゃんOL特集は女子大生・OLを中心に人気を集めている。彼女が身につけている服や雑貨、出演しているCMの商品がよく売れているために「エビ売れ」という言葉が生まれている。 今は女優としての活動もしている。... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 23時32分

» 彼の名は「侵入者」何度みても(笑 [どーでも動画【youtube】]
タイトル【Intruder】    【Intruder】とは。【名】 侵入者{しんにゅうしゃ}乱入者{らんにゅう しゃ} だから、サッカーは面白い! [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 20時21分

» クリスマス限定商品ゾクゾク登場! [♪楽天で楽々お買い物♪]
楽天クリスマス限定クリスマスまであと1ヶ月を切りました!!! [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 00時13分

» 7月4日に生まれて [1-kakaku.com]
アメリカの建国記念日に生を受けたロンは、21歳のときに海兵隊員としてベトナムに派遣された。しかし負傷し、下半身不随となって帰国する。彼が傷ついたのは体だけではなかった。信じていた祖国に裏切られたからだ。 自らベトナムで2度負傷し、『プラトーン』でアカデミー賞を受賞したオリバー・ストーン監督。本作は、ロン・コービックの原作を10年越しの悲願実現で映画化したもので、89年のアカデミー監督賞を受賞している。『レイン・マン』で演技派に転向したトム・クルーズがロンを演じ、その後の俳優人生を... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 15時07分

» 恋愛・結婚情報サービス【Get's】 [結婚、男女の出会いに関する情報紹介サイト]
1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!恋愛・結婚情報サービス【Get's】「職場では出会いがない」「恋愛に臆病だ」「理想通りの相手と付き合いたい」 ~ そんなあなたに絶対オススメ!『恋愛・結婚情報サービス【Get's】』~あなたの理想のお相手を見つけるため、完全無料で24時間フルサポートします。◆恋愛・結婚情報サービス【Get's】真┃剣┃な┃恋┃愛┃を┃サ┃ポ┃ー┃ト┃し┃ま┃す┃!┃━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛...... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 18時18分

« マイ・タイム・イズ・マイン…という考え | トップページ | 千葉ロッテマリーンズ ファンフェスト2006 »