« 小『夏』日和 | トップページ | 7月24日通りのクリスマス/虹の女神 »

マイ・タイム・イズ・マイン…という考え

少しか

『しょうしか』と打ち込み、変換キーを押す。

すると【少子化】は一発ででない。
少しか か・・・
少ししか命が生まれなくなっているこの日本。

『問題』とするひと
「現象」だとするひと
さらには
関心をもたないひと
までいろいろいるわけだ。。

飲み会の席にて、男女ひとりずつから
別々の席にて、答えの断片らしきものを
朱色会はとらえた。

今日はこのことについて書く。

1.男(社会学を学生のころに専攻)

朱)「少しか」どー思う?

男)社会の未来を考えるおいて、人口がへっていくという
 オプションは、考えられていなかったわけ。
 社会は、増大していく。それが是。それを是として
 いろいろな社会システムが構築されて、維持されとるのだ。

朱)もしか、して、ねんきんのはなしかね

男)ま、それもあるけどな。もっと根源的な話だ。
 一度減少現象を始めた国家が、自身で、それをとめることはほぼ不可能
 21世紀中盤には、「移民」について考えて準備していかないとな
 日本は短(意訳)民族国家だったわけで、受け入れについて
 ほとんど免疫がない。免疫とは慣れの問題をいっているのではなく。
 何を受け入れ、何を拒絶するかという判断基準がまったくないのだ。
 免疫についての基本的考えを、この世紀前半でやっておかないとな。

朱)せいふがしっかりやるだろ。

男)「しっかり」何をヤルのかが問題なわけ。人へりました。
  人いれます。だけなら、国家やめますと動議だろ

朱)うーーーむ。む・ず・かしーから、映画の話にしない?

男)!・・・。望むところでしょ。

2.女(34歳独身。美女。こどもうんでない。バツなし)

朱)こどもほしいな。

女)あんたみたいなのいっぱいいるよね。言葉だけのやつ

朱)言葉だけでもいえてるのってだめですかね。

女)男は言葉よりこうどおじゃない

朱)押し倒せっとしか聞こえないんだけど
  なんで、こんな女や男が増えたと思う?

女)じぶんの時間がとられるのがイヤなんじゃかな。

朱)?

女)こどもでも。。いや、だんなでもいいんだけど
 やっぱり一人のときより、ほかの人の世話っていうか
 時間とられるでしょ。

朱)そりゃそうだ。

女)・・・で、結婚できないおとこもおんなも
 それが我慢できないわけ。
 「自分の時間は、自分のためにつかいたい。」
 他人のために、時間が奪われると、それが苦痛なんだな。

朱)どうすれば苦痛とならなくなるのかな?

女)それが楽しいことなんだって思えるようにならないと
 だめなんじゃない?そもそも、結婚をしたり維持できているひと
 はそれを考えないというか・・そもそもそう「感じ」ないんじゃないかな。。

うーん。なるほど。思い当たる節はあるな。。。

My Time is Mine.
か。。。ま…
Time is Life なわけだから。。

My Life is Mine.
と、同義なわけだ。意味深いな。

明日。観る映画のタイトルがきまったところで、とりあえずは
筆をおく。

|

« 小『夏』日和 | トップページ | 7月24日通りのクリスマス/虹の女神 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

実に興味深い・・・・この記事。
女が話していること、実によく理解できる睦月です。

私・・・こんなこと言ったら朱色会さんに軽蔑されるやもしれないけれど。

イマイチ子供を欲しいと思えません。

押し倒されてもいいけれど、子供はいらない(苦笑)。
まずは、自分のベースメントもままならないうちに人一人育てられる自信がないこと。まずは、やはりまだ人生における中心は自分自身でありたいと思うこと。

子供を産んだら、自分の人生の中で子供が中心になってしまう気がするから。

個人レベルでそんなことを思う人が多くなっているから・・・少子化がジワリジワリと進むのかもしれない。

心改めないとダメね・・・。

投稿: 睦月 | 2006年11月21日 (火) 17時59分

コメントありがとう。

貴方の総てを許容する男性が現れることを願っています。おそらくは私よりそれはずっとずっと大きな人なのだと思います。

>押し倒されてもいいけれど、子供はいらない
・・・このことばはとてもショックでした。男としては。

…お願いがあります。
上に述べたことば、ご両親には言わないでください。
貴方が生まれたとき、貴方のご両親はおそらく
これか!これなんだ!と心の中で叫んでいたと思いますよ。
んぎゃ、んぎゃとしか泣かない貴方を抱きながら。。。

今日はいろいろいいこともあったけど。


・・・フられたかな(泣

投稿: 朱色会 | 2006年11月21日 (火) 20時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 小『夏』日和 | トップページ | 7月24日通りのクリスマス/虹の女神 »