« [9]初メジャートラブル | トップページ | AX修理顛末 »

AXの帰還

実は、、、何を隠そう(隠していたわけではないのだが)、、、
朱色会はAX300を使っている。

そぅ。。。あの。AX300だ(↓)
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=AX300&ei=

マニアの間では一斉を風靡したといっていいのではないだろうか

そして、二つのP社の価格競争に巻き込まれ、ビジネスとしての甲斐を

果たすことができず、静かに業界を去ることとなった悲劇のビデオレコーダである。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=ax300

それが、壊れ、そして修理により復活した経緯につき報告しておきたい

修理上がりは、先週の土曜日だったので直近の話題である。

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=AX300+%BD%A4%CD%FD&ei=

現有する民生用ビデオサーバー(ビデオ・ステーション)として、特に高名なものは

SONYのVAIO-Xだろう。(↓)
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/VGX-XV80S/

圧倒的な仕様。笑ってしまうオーナーの所有達成感を高揚する独善的なるコンセプト

などとにかくインパクトが強い製品である。こいつがでるまでは

日本の民生ビデオサーバーといえば、AXシリーズだったといって過言ではない。因みにNECの製品だが、現在は生産されておらず、後継機もでていない。

いや、書いていたら筆がのってきてしまった。明日もこれを書きたくなってしまった。

お風呂(寒いのでスーバー銭湯)いってきて(↓)
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/super/yokocho.htm

それから、ハーゲンダッツ(ラムレーズンカップレギュラー)を食べながら

続編を書きたい。。。いや、書かせてくださいッ。

またあどで。(訛り)

ーーーーー

さて、続ける。(ラム・レーズンげっとできました。)

今でこそ、諭吉さん5枚あれば

2011年シールがあるものの、400GBとか450GBとか

なんで必要なんだというほどの容量を、容易に手に入れることができるが、

AXが出た当時は、80Gとか100Gが主流であった。

したがっていきなり300Gの市場を開いたのはAXだといっていいだろう

レコーダの大容量化の先駆けだったのである。

さて、であるが、実は普通のビデオレコーダとことなり、ビデオ・サーバーもしくは

ビデオ・ステーションには、その製品の性質上致命的な欠陥がある。

ーーーーー

ビデオレコーダだと、リアルタイムに録画を開始して、録画したい番組が終了したら

ユーザが止めるか、録画予約して、機械が録画を止める。

つまり録画という機械行為は、テンポラリなもので、いつもは録画停止状態が

定常状態なのだが、サーバー(ステーション)はちがう。

「いつも(四六時中)録画しまくっとる」のである。そのため、レコーダにはない

いくつかの現象が発生する。

1.2年ほどで内部の記憶装置(通常はハードディスク)が壊れる。

2.意外と電気くっとる。

3.常にファンが回っているため、騒音がする

などである。このうち、一般ユーザが特に承服できない(我慢できない)ものは

1だろう。

どの説明書にも、2年で壊れますとは書いていない。壊れたら修理を保障するだけだ。

しかし、これはメーカのことばつかいも十分とはいえないが

その機械の仕様を考えると、仕様がない(笑

とはいえる、ずーーーーと録画している。つまりハードディスクはアクセスしっぱなしなんだからそれは壊れるのはアタリマエなのだ。

…そういう製品を買ったのだという、ユーザ側の腹のくくりというか

剣呑というか、こころづもりを持てる者だけが手を出せる代物なのである。

いま、読者の皆さんはパソコンで朱色会のブログをご覧になっていると

思うけれど、そのパソコンの中に入っているハードディスクにも寿命はある。

ですから、残しておきたいデータは様々なメディア(できれば日本製)に

バックアップをとっておいてください。

PCのハードディスク=クルマのタイヤ

です。消耗部品なのである。・・・形あり動いているもの、いつかは壊れる。

…さて、少々長くなってしまったので、朱色会の修理顛末は後日掲載する。

結論だけいうと、最大4万6千円かかるところを1万4千円+300GHDD時価

ですんだ。その交渉と推移については後日の紹介となる

ハーゲンダッツのカップも空っぽになってしまった。

(ちょっと干しぶどうがすくなかったナ…)ので、、おやすみなさあい。

|

« [9]初メジャートラブル | トップページ | AX修理顛末 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4594520

この記事へのトラックバック一覧です: AXの帰還:

» 共通して反対するテーマ [任期は年]
しかし 野いちご 今年 共通して反対するテーマ [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 05時06分

« [9]初メジャートラブル | トップページ | AX修理顛末 »