« 茄子の「正体」 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

茄子の「正体」Part.2

まだ、具合悪いです。アトで埋めます。。。

苦しい。体中がいたい。

閲覧メモ:
http://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2006/12/1210_0993.html

|

« 茄子の「正体」 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

多分、このコメントを見ていられる状態ではないでしょうが、もし見たら、脚湯をするといいです。これは消化器にくる風邪には万能ですから。

やり方は、風呂の温度より2,3度高めの熱めの湯に、両脚をつけるるだけ。ただし、膝下までつけます。脛は消化器と関係が深いのです。

約10分両脚をつける。湯の温度が下がったら、時々熱湯をさして、温度を維持します。もし、片方の足が赤くならなかったら、そちらだけあと2分くらい行います。

投稿: 佐藤直曉のリーダー研究所 | 2006年12月10日 (日) 13時56分

お見舞いコメントありがとうございました。
おかげ様で、何とか復調しつつあります。
おそらくは「病状」からみて
ノロ・ウィルスさんが私の体を暴れまわったのでしょう。
いまは、どのくいモンだったのかなと反芻しながら
体力の復調のため休んでいます。
今は、回復に向かいつつあります。お心遣いありがとうございました。
・・・にしても24時間寝たきりはつらかった。

投稿: 朱色会 | 2006年12月10日 (日) 14時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4483063

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子の「正体」Part.2:

» 辺見庸講演メモ(3)――作業仮説を立てる [華氏451度]
 ひとさまの講演要旨メモを書き続けて3晩目。私は何してるんだろという気分もないではないが――まあいいや。今夜は「私たちはどうすればよいのか」という、辺見氏の提言を簡単に紹介する。なお初めてこのメモを覗いてくださった方は、できればメモ(1)およびメモ(2) にさっと目を通してから読んでいただけると、わかりやすいかと思う。 〈体内化した監視装置〉  辺見氏は「不名誉が我々の日常に埋まり込み、どれがSc... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 07時18分

« 茄子の「正体」 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »