« ふたつのカイシャ | トップページ | [9]初メジャートラブル »

映画「犬神家の一族」

市川崑。
石坂浩二。
横溝正史。

…この3人が集まれば、『間違い』が起こるはずもない。

日本映画界の翁として観客からの信奉が厚い
市川監督だからこそできる
30年を経ての「リテイク」。

え”っ、こんなリテイクありなのか!
と知らせを聞いたときはちょっと訝しいとはおもったが

いや、アリだろうということで、映画を拝見し
その結果、予想通り楽しめるものになっていることが
確認できたので報告しよう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E7%A5%9E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%97%8F

・・・それにしてもなぜ
犬神家の一族(いぬがみけのいちぞく)は観る人の心を
長い間離さないのであろうか?

今回のキャストはほんとにすごい
豪華絢爛を通り越している布陣だ。
いま使える日本屈指の演者たちを総て
結集させましたという感じである。

病的なまでの息子への偏愛を示す3人の母たちには
・富司純子
・松坂慶子
・萬田久子

この3人ひとりずつで映画一本ずつ撮れます。

さらに異才をはなつ若手女優陣として
・松嶋菜々子
・深田恭子
・奥菜恵

また、この映画には絶対欠かせないキャラクター
加藤武。

などなど
このそうそうたる顔ぶれをスクリーンで眺められる
だけでも価値がある!

(書いていて、なにかこぅ。興奮してきました。

これだけの人を限られた尺のなかで登場させると
ひとりひとりがチョイ役となってしまい、
印象が残らない懸念があるが
どの演者たちもしっかり役を輝かせていたこと
報告しておく

影と光の名匠が織り成す
「日本映画の王道」的表現を堪能できる作品となっている

結論としては「安心して観ていられる【純】娯楽日本映画」
として太鼓判を押しておきたい。

|

« ふたつのカイシャ | トップページ | [9]初メジャートラブル »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

どうもです。

朱色会さんが見た今年の映画ベスト10という
ベタな企画はなしですか?そうですか。

投稿: 天そば | 2006年12月20日 (水) 00時10分

天そばさん。こんばんわ。
後日ソネブロで今年の総括として書いてみます。
今日は、ジムで疲れたので寝させてください。

現在、So-net blogでは緊急メンテナンスを行っております。だだだ。

投稿: 朱色会 | 2006年12月20日 (水) 01時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4569892

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「犬神家の一族」:

» 犬 出産 [犬 出産]
もうすぐうちのモモが出産します! どんな赤ちゃんがうまれるか楽しみです。 ちょっとずつだけど更新していこうと思います。 赤ちゃん生まれたら写真のせます♪ [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 19時30分

« ふたつのカイシャ | トップページ | [9]初メジャートラブル »