« AX修理顛末 | トップページ | 人を見ることをやめつつある経営者たち »

呪煙(じゅえん)

本日は、相撲家の方にはタイヘン厳しいものとなることを予めいっておく。

諌言(いさめ)を受けたくはない方はスルーしてください。

さて、表題は

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%AA%E6%80%A82

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E5%AB%8C%E7%85%99%E5%AE%B6

の組み合わせの造語である。

ジムの後で書きます。かなり、ハイテンションになるもよう。それでは・・・

今日は、ボディパンプ45がある。まってろよラムレーズン(カップ)

つづく。

ーーーーー

さて、ラムレーズンとともに帰ってきたぞ…ラムレーズンのほうが

あふぉがーとより好みであることがわかった…

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%E9%A5%E0%A5%EC%A1%BC%A5%BA%A5%F3&ei=

「この寒さで、よく外で吸えるなあ。。」

たぶん。職場の屋内では吸えるところがないのだろう。

勢い昼休みのコンビニの前は、相撲家のたまり場になる。

たまるのは人だけではない。。煙もそうとうに田丸麻紀。(笑

屋外なのに、もうもうたる煙だ。おひるのべんとうをゲットした喜びがダイナシだ。

ーーーーーーー

前述したとおり、このような煙難民が発生するのはワケがある。

職場が、相撲家の施設(喫煙所)のサポートをヤメたからだ。

だから、外にでて、しかたなく灰皿のある公共エリアをつかうこととなる。

かわいそうだが、明らかにしておきたいことがあるので書いておこう。

ーーーーーーー

組合の代表をやっていると、保養施設などのメンテナンスの話なんかを

総務とやるときがある。

前の会社は、喫煙者の施設のため、

本社ビルだけで年間数百マンのコストをかけているのだ。勿論円でである。

煙の吸引施設。そしてそのエリアの賃料。メンテナンス費。フィルター交換費

そして、それでも煙が流れ、壁を黄色くしていく。その壁紙の張替えなどなど。

相撲家でないひとであってもそのコストは勿論社員全員で分割して

担っているのであるよ。

大企業だと、グループ全体で億になっっちゃたりしているから

嗤っちゃうな。これは・・・事実である。

うそだと思うんなら、総務の偉い人に聞いてみるといい。

ーーーーーーーーーーーーー

お金のことでいえばもうひとつある。掃除だ。

公共の施設とか吸っている人タバコは灰皿に捨てればいいと思っているだろう

その灰皿、君がかたづけているわけじゃないだろう?

誰かが灰皿を定期的に空っぽにしてくれるから、

灰をいつでも捨てられるわけだが、その掃除人の人件費は

公共ならば税金だ。コンビニだったら、製品に上乗せされているのだ。

・・・・・タバコの吸殻は、タノムから食べてくれ。。

お金のことだけでさらりとこれだけ書ける

いいたいことを総括するとタバコのコストは、タバコを吸わないものも

肩代わりしていることがかなり多いのである。

企業もコストダウンには厳しくなっている

貴方の会社の喫煙所が少なくなったり、消えたりしているのはそういうわけなのだ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いい忘れたが、朱色会は嫌煙家を通り越して

呪煙家(じゅえんか:朱色会の造語)だ。

タバコを燻らしている貴方が、指すような視線を感じたときは

私の同類が貴方を後ろからにらんでいると考えてもらって

いっこうにさしつかえないよ。

きょうはこんなこころで、授煙の問題はまた、後日。

書いたら、すっきりした。。。

=========

嗚呼。。誰にでも「おわり」はあるけれど・・・(↓)

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C3%E6%C5%E7%C3%E9%B9%AC&ei=

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%B4%DF%C5%C4%BA%A3%C6%FC%BB%D2&ei=

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C0%C4%C5%E7%B9%AC%C3%CB&ei=

Kanning_b

Kanning

Per03_04

07_a

・・・・・竹山。。きばれや(泣

http://d.hatena.ne.jp/syuminoonna1991/

|

« AX修理顛末 | トップページ | 人を見ることをやめつつある経営者たち »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4616855

この記事へのトラックバック一覧です: 呪煙(じゅえん):

« AX修理顛末 | トップページ | 人を見ることをやめつつある経営者たち »