« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

たつとり、とどまるとり。

この会社に入って二人目の『先輩』は、明日からいなくなる。

契約が解除された。

明日からは、朱色会ひとりでやっていく。こころぼそいな。

悪びれず、しっかりと毅然と引き継ぎを行なってくれた。

私が同じ立場であったならば、とてもこんな態度はとれないだろう。

見習うべきことである。

笑って、あの人は自分の職場にもどる。5年ぶりに。

暖かく迎えてほしい。できれば労いと誉れのことばそして、

『オカエリナサイ』をいってあげてほしい。

私は、ひとり、とどまる。

わたしのかわりが現れるまで。おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』

また夜に。それまで↓

http://plaza.harmonix.ne.jp/~ita/

~~~~~

ジムから戻ってまいりました。みなさんラム・レーズンの用意はいいですか?(笑
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%A0

「どんな人間にも『死』が必ず訪れるように、
 どんなに人気のある売れている商品にも売れなくなるとき、
 すなわち【商品の死】が訪れる。」

人はそれをライフサイクルといった。

ま、その原因はなんとも唯一で、『ユーザが飽きる』ということのみなのである。

======

しかし、いま巷にあふれている商品については

性急すぎる生を歩んで、いやあえて疾走している感が否めないのだ

そう、商品の死にいかにはやく到達するかを、まるで楽しんでいるかのように。

いわくPC

いわくカーナビ

いわくケータイ

などである。そのうえ、商品の値札は上がるばかりか、下がり続ける。

『おかしいだろッ!!それは。』

付加価値が高まっているにもかかわらす値札があがらない。

また付加価値も受けてに喜んでもらっているのかどうかわからずに

ただただ投入される。

かつて松本が、『電話できればいいんちゃう?』といっていた

いまは、どうなのだろう。ケータイにワンセグTVなどほんとにユーザは

求めているのだろうか?

贈り手ももはやどう差別していいかわからず、他がだせば同じように入れる。

それがカンタンだからだ。どの会社の商品もトップ商品に似ていく。

~~~~~~

かつておやじが買ったラジカセ。それを少年の頃弄り倒した。(↓

http://plaza.harmonix.ne.jp/~ita/1123/mitsubishi.htm

自分のものにしてしまった。3,4年くらいして(↓を誕生日にかってもらった。

(ジーガム JR-8200

とてもうれしく、とても大切にした。

2年位してから、後継機がでたのだが、なにがかわったかというと

『フェザータッチオペレーション』が追加されただけだったのだ。

つまり機械式ガチャンコとしたデッキ部のボタンが、軽くさわるだけで

動作するというものだった。それでも悔しくて枕を涙でぬらしたけどね。

2年でそれだけ。それでもユーザはそれでよろこんだのだった

後継機はそれでたしか1万円UPだったように記憶している。

そのような値上げが許された時代だった・・・・

~~~~~~~

『死に急ぐ商品たち』どんなに付加価値をつけても半年を待たずに

陳腐化する商品たち。

・・後に残るのは、おきまりの大量の産業廃棄物の山。

私たちは、何を急いでいるのだろうか?

その『あゆみ』を、見直す時期に来ていると強く思う。

(後は、WEDGEのライター達にまかせる。おやすみ。
http://www.wedge.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

KM vs 「知識防御」

きょうは、ちょっちマジメルな話を。といってもちょっと

やることができたのでもしかすると明日のUPになってしまうかも。

では。

タイトルだけでああ、あれかという方はとても企業内をわかっている。

~~~~

KMとは、↓のものである。
http://www.weblio.jp/content/KM

これ、意外と笛吹けど社員踊らずでなかなか進んでいないのが現状だ。

実体験エピソードを添えてその理由について少し書いておく。

以前は、朱色会もKM推進派だった。
仕事のノウハウを共有化し、その情報を強化していくことで
その組織のアウトプットを上げる。至極当然のことではないと思っていたが
なかなか社内でもすすまない。

同僚になぜかときくと「ばかかおまえは!」との応答。

スキルを吸い上げられて、かさかさになってぽいにされるのがオチだろう

だと、かさかさってなあ。

他の人も同イケンの人がおおかった。これは自己の担当分をブラックボックス化することで、自分の職務というか場所を守るという防御本能だという。

確かに、ITに仕事って「知っていればでき、知っていなければできない」って

もの多いとはおもうけどねえ。

ブラックボックス化はWEDGEなどでも指摘されている派遣に頼りすぎてその仕事のセクションがブラックボックス化し、特定の派遣に頼らざるをえなくなったり、あまつさえ、それを盾に値上げ要求される実例があると書いていた。

これは、その会社のKMについてのミスリードといえるだろうな。

抱え込んで守っている「技術」ってITは犬をやっているのであって

陳腐化するのがはやいのだ。それでもしっかと離さないものをよく見かける。

業務の規定化・マニュアル化が進まないのもそのせいである。

「余人をもって変えがたい人材になれ」なんていうからそれを曲解した社員が

このようなことに走ってしまう。

これへの対策は、入れ物に先に入れたもん勝ち(評価が高くなる)を完全に履行することだろう。そうすればわれもわれもと情報はあつまってくる。

会社が推進するKMにサボタージュで対応する社員についてはよくよく趣旨を説明すべきだろう。説明もなしにいれろったっていれりゃしないよ!

わかった?おやすみ。(オレ、誰にいってるんだろう?

よろしけば↓もお読みくださいませ。(意外とみんな書いていないねぇ。。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%CD%BE%BF%CD%A4%F2%A4%E2%A4%C3%A4%C6%CA%D1%A4%A8%A4%AC%A4%BF%A4%A4&ei=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動(言動)は心根からくるPart.2

いやはや、もう。。。ただ、読んでやってくださいまし。(↓
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/908075.html

『美しい国、終了。』に一票。
美しい心が、美しい言葉を放つ。の逆の現象である。

「失言刺客大臣」を抱え込んでどうするのだろうか?ぼっちゃんピーンチ!(笑

呆れるというレベルを超えていて、、、コメントもできないな。

大臣としてどうより、
議員としてどうより、
「人間」としてどうなのよ。このひと。

あとは記事のコメンテイターに一任します。寝るッ。おやすみ。

『失言大魔王』への、他のブロガさんのイケン(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BB%BA%A4%E0%B5%A1%B3%A3%A1%A2%C1%F5%C3%D6&ei=

~~~~~
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000017-spnavi-fight

…KIDを、「秒殺」するとわ。やるのお「井上謙二」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E8%AC%99%E4%BA%8C

http://www.joc.or.jp/athens/athlete/wrestling/inouekenji.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福な食卓/幸せのちから【THE PURSUIT OF HAPPYNESS】

白状すると・・・実のところ。朱色会は「幸福」に飢えている。
足りていないものを、『週末の映画』で充填しているのだ
なさけないが。。

・・・そこで、本日は×ろろの長い列をスルーして
和・洋の家族もの(鑑賞前は父親ものだとおもっていた)
 2本連続で観ることとした。そして、・・目的(↑)を達したのである

1.幸福の食卓

1月から100点がでるとはな。。。最初に結論から。
評価:100点
申し分ない。すべての映画ファンにお勧めいたします。

演者たちすべてヨかったのだがとくに素晴らしかったのが

きい と
さくら。

「演技とは、感情の再現である」

とは、演劇論の基本だ。したがって若輩な演者というものは
「人生経験」も短いから、はなから不利なのだが、きいは
がんばってひたむきに演じていたと思う。

ヨシコ役のさくらもこの作品のスパイスとしていなくては
ならない役。さくらがこれほどに演れるのも、上で朱色会が述べた
ことと同じで、さくらの豊富な「人生経験」がヨシコを輝かせるわけ。

あとは、おんなの撮りかたとして監督の手腕にも言及しておく。

とくにきいについてはやはりところどころ
「演技ではない演技」がでてしまう。しかしそれはしょうがない。
それをうまく監督が演技指導したのだろう。

あとは、、やはりすばらしいお話がベースにある。
原作・シナリオが演者たちを自然に輝かせている

前半の「緩」みかたというか(じったりとしたながれ)は
性急な展開を望む観客にとってはもどかしさを感ずるかもしれないが
映画のクロック数は、映画によってことなる。

クロックを感じることは、観客が観客として映画を
受けるときのリテラシーとしてとても重要なことだと思う。
この映画はココロのクロック数を下げる必要があるだろう。

おおくの心を揺さぶるセリフが、朱色会の心にいまも遺っている。
それをここにご披露したいが、なんといっても今日は初日。それを
明らかにするのは、無粋なことだと思うのでヤメておく。

あなたじしんが彼らからもらってください。直接。

かならず、あなたも『おおぅ』と思うことばを受けることになるだろう
朱色会は3つもらった。それはまたどこかで書くこととなるだろう
ヒントとして、、「結婚のイミ」がわかった。
是非、劇場に足を向けてほしい。

「家族のことで悩んでいる」
「家族との関係のことで悩んでいる」

方はその解決策がきっちりと見つかると思う。

余談:
私の受けてとして反応は満点となったのだが、この映画に反応する
人は、自分の人生の中に、家族の食卓の記憶をもつものだろうな
とは考えた。つまり、家族が食卓に一同に会し、それらしい
ものをたべ「おなじじかんをすごす」体験をもつものが
共有感をもてる。いまの家族の「現状」は、すこしちがうようである。
それは、タイヘンに残念なことだ。朝だけでも。顔を合わせてください

========
2.幸福の追求「邦題:幸せのちから」

ウィルスミスさんは好きなので、観ています
・・最近は人間関係を表現した映画に出演している。
…んで、今回は実の息子さんとの競演。息子と仕事をいっしょに
できるなぞ、父親冥利につきるのではないか?

上の映画(食卓)は、しっとり・ゆったりとして流れを感じる。
いわば『緩み』の流れのなかでときがながれていくが、
この作品(追求)は逆に「緊」が大半をしめる。

生活ぎりぎりのなかで、親として自分の息子をまもっていけなく
なる自分への怒り、息子への愛情、周りへの怒りなどが
ウィルの熱演によって観客の心に届く。

ウィルもいいが、ジュニアもいいぞ!

もちろんウィルやスタッフのサポートがあってのこととおもうが
カメラが回っているとは微塵もかんじさせない自然な演技(?
本人もまだ、自分が俳優をやっているなぞの自覚はまだないだろうが
愛らしいこどもを「演じている」

劇場ではとなりのカップルが映画がはじまるまでケタケタ笑っていたので
どうなるものかと心配したけれど、映画が始まってすぐにとくに彼氏の
ほうが真剣に映画に没頭してた。なにか自分に重なるものを
みつけたのだろうか?

テーマ:父親が強くなれるのは、ワケがある。

世のおとーさんたちに(あらためて)エールを贈ってくれる映画だ。
ちょっと最近、いろんな意味で仕事に疲れているおとーさんたちには
うってつけの映画だ。ご覧ください。

評価:80点

2つの和洋映画をつづけてみて、特におもうことは
「家族」とは・・・そうだな。。。声にだしていってみよう。
すばらしいかけがえのないものだ。

他のブロガさんのレビュー(↓
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id325624/
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id326148/
http://movie.goo.ne.jp/review/movie/MOVCSTD9986/index.html?flash=1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひそかに増える『狂人』たち

時事ネタは、あまりやりたくないんだが、この記事については

するーできない。ので、ジムのあと、牡蠣のリンクで言及していないことについて

述べます。(↓)では、また。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/906423.html

~~~~~

真の『狂人』というものは、
自分が『狂人』であることを自覚しない
ーー朱色会ーー

あいつはひどい
あいつくるっとる
あいつのいいかたはなんだ

・・・というスレで埋め尽くされておなかいっぱいになった読者の諸君の
ために短めにいこう。

もちろん彼らくるくるぱーなのは同意であるが、

『なぜ、くるっちゃったの?』

という考察がなかったのでそれについてひとことだけ。

先天性くるくるぱーだったわけじゃない。彼らのほとんどは
経営をみにつけた秀才だったわけだ。では、なぜこうなったのか

狂わされたのである。そして、その機能をもつ『洗脳機関』は、
いろいろと存在する。

MBAなどもそれだ。読者のなかにも、それを経験したものがいるはずだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AD%A6%E4%BF%AE%E5%A3%AB

管理者研修などというかたちで、会社にもある。
・・・といえば『ああ、あれか』と思い当たる方もいらっしゃるだろう。

企業は、雇われびとと雇いびとの集合体だ。雇いびとが偉いということは
本当はないのだが、総じて雇いびとのお給金を高くしている。それは入社した人間が、
『お金』を第一義的に考えたときに「志す」トリガーとなっている。

なんどか繰り返しているが、企業(会社)というものはつまるところ

「利益追求集団」なのだ。・・・ということは利益をあげるため、雇われびとにある程度泣いてもらう必要があり、さらにいうとそれでも彼らを統べる機能の役割を担う人材を発掘し、やってもらねばならない。それが雇いびとの存在ということだ。

会社にはいってきた人間が、雇いびとに向いているのか、はたまた雇われびとに向いているのかを選別し、きちんと機能させるためいろいろな方策や洗脳が行なわれる。

会社というものは二品(ふたしな)の人間がいることをあなたは、今日気づいた。

Q。「貴方は、どちらですか?」おやすみ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E8%AB%96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男が太る一つのリユウ

きっこの日記2をゲットした。

Ixy_digital_50

三省堂書店(千葉そごう)さんありがとう。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A4%AD%A4%C3%A4%B3%A3%B2&ei=

いつもの見切り発車炸裂に感謝。
ぱらぱらとみたけど、1よりも大人しくなっているような気がする。

さて、本編はまた、ジムのあとで。
ジムで、きっこ2を読もう。
エアバイクと、さうな。

またねぇ~~
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A4%AD%A4%C3%A4%B3%A4%CE%C6%FC%B5%AD%A3%B2&ei=

===

15年ぶりに友人:Aとあったときのことである。

彼は、私より10倍男前だったと記憶している。(福山系だ)

そして先日再会を果たしたの、だ、が・・・

Aとはある場所で待ち合わせたのである。

「おぅ、xxx(私の名前)!」聞き覚えのある声だ。Aだな。と

声のするほうを向いてみるが、彼の姿が見当たらない。

すると見知らぬ男が声をかけてきた。。。ぬ?

「え・・エェェェェ~~!Aかッ!!」

「そうだよAだよ。おまえはかわらんな。」

おまえがかわりすぎなんだよ。彼は、、、『おじさん』になっていたのだ。

恰幅のいい腹。たいこバラといっていいな。首のまわりにもなにやら

私にはないモノがある。頭も薄くなっていた。。。

・・・彼は所帯をもっていた。5年前に結婚していたのだ。

「・・・にしてもふとったな。」

世の中には、『幸せぶとり』というものがあるらしい。

彼も幸せ太りだと散々ノロケていったが、…程度はあるだろッ!!

男前のAでも、おじさんになってしまう。

かなりの食事がでるらしい。のこさずに食べるとのこと。

メニューは割愛します。とにかく私でもこれをこなせば
体重の増加は避けられないだろう。とは思ったが、またしてもあらぬ考えが

結婚すると男は肥える。…これは、何かある!!

Aは男前だった。そして結婚した。そして5年をまたずして

おじさんになった。そして男前を卒業することになった。

うーん。…ま・さ・か

まさかなぁ。そんななぁ。ある仮説が頭をよぎる。
まさか、浮気防止またはその抑止力として・・・
Aの細君がAを「肉体改造」したのでは?

・・・という憶測をビールとともに飲み込む。

彼とは楽しく飲んで別れたけれど

彼が

「いっぱい食わされたよ」

といったかどうかは、記憶の定かではない(笑

おあとがよろしいようで。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

So-net改善今回はGood!

http://blog.so-net.ne.jp/blog_wn/2007-01-24

これはヨかった。その理由は深夜。

なじぇならば。ボディパンプ45が朱色会を待っているからである

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三楽主義

・・・については書いていたはずだが。はて?

今日は、初ヨーガです。

やっと体調が復調しました。(完調とはいえないが

楽しく、いってきます!ではまた。

==
んで、いってきたんですけど。今日は2007初ジムだったのだ。

初エナジーヨガ。初ボディパンプショート

風邪もあり、なんとやくみつるいや約一ヶ月ぶりの筋トレだったので

おそるおそるでしたね。だけど、大丈夫だった。

筋力も、スタミナもそれほどの衰えはなかった。

「衰え」は怖い。自信をなくしてしまうから。

朗報といえるかどうかわからないけれど

風邪ダイエットの成果が定量的にでたぞ。

やくみつるいや約2.5K減。ラッキー。しかし、風邪ダイエットなぞは

したくないね。明日も頑張ろう。いや仕事じゃなくてジムですがなにか?

本題に入る。

~~~~~~~~

手前味噌になって恐縮だが、朱色会も会社員なわけである組織の課員なのだよ。

まったく交流はないがね。

ひとりで派遣され、常駐ヘルプデスクをやっているがぽそぼそと

自分の課の情報ははいるが、みんなカラダを壊してやすんどるな。

今日はその理由にについて。

これははっきりといっておく必要があるな。

わが課で、故障者が多いのは、「共有する未来」がないからだ。

実は、人間というものはかなりムリが利くものなのだ。

元気に働く必要十分条件として、望む未来を共有しているかいないかは

士気にかかわるとともに、課員のモチベーションに著しく影響を及ぼす。

気が張っていれば、体ももつわけだ。

私のように一度からだが壊れたものは、ストレスコントロールを駆使することで

かなりストレスをたったひとりであっても、受け流すことは可能だ。

だが、これは高等テクニックであり、一般の社員にはむりだねぇ。

職場を状況を意味のある活力のある場とするため、「三楽主義」を提唱する。

すなわち、

1.仕事を楽しくやる。

2.仕事を楽してやる。

そして、1、2がなくても3だけは用意しよう。つまり。。。

3.楽しみを仕事の「先」にもとう。

どんなものででもいい、例えば仕事のくぎりに仲間と飲む。
食事をする。旅行をする。それを職場の仲間と「共有」しよう。そうすれば

故障者もかなりへりますよ。

おためしあれ。

3つ目がない職場は、遅かれ早かれ「崩壊」します(きっぱり

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダマされる視聴者が悪い。以上。

鵜飼の「鵜」のようにTVの情報を鵜のみにする視聴者。

だまされたと憤る方々がいるときく。(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A4%A2%A4%EB%A4%A2%A4%EB+%C7%BC%C6%A6+%A5%C0%A5%A4%A5%A8%A5%C3%A5%C8&ei=

しかし、きっぱりといっておこう。

「やすやすと騙される、貴方が悪い」

もうTVが正しい情報を提供しているなどどまだ信じているのか?

アホだなぁ(そうだよアフォだよぉ

あふぉだなぁ(それがどしたよアフォだよぉ

旧マスメディアといわれる

新聞・TV・雑誌は、その意図をもって情報を流す媒体であり

それが事実かどうかなどはわからないのだ。

もはや「公共放送」としてのモラルなどないのだ(きっぱり。

信じていたのに、とかいわないように。

もういちどいってさっぱりしたい。

「騙されるあなたがわるい」

以上。おわり(おわりかよッ!

・・・因みに、朱色会は『ごはんのダマ』が死ぬほどキライだ。↓
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&q=%E3%81%94%E9%A3%AF+%E3%83%80%E3%83%9E&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「愛の流刑地」

冬香は、幸せだったろうか?・・・・「Yes」。

この映画は、正直なところとてもレビューしにくい。
いままでの映画は、自分の体験から通じる話ができるものだったが
それが一縷もないからだ。いや・・・あるのだろうか?
いや・・・ある。
あるから書きにくいのか?
いや、ないだろう。あると思い込みたいだけなのだろう。

最愛の人は、家庭があるなしに関わらず現れる
映画のなかで女は2タイプあるとママさんとトヨエツが
話していたが、ああいう話でいうならば他の例えをだしてみる

最愛の人が現れたとき、それにどう対処するかということだ

100人中97人は、
自分の持つ「今」の責任を鑑みて踏みとどまる。それが普通の
対応だ。ま、端的な話『我慢を』し拒絶するわけなのだが
その女の代表は、劇中のなかでは美雪(女検事)だろう
一般的にはこれだ。
「橋」は渡らない。そして後悔だけはずっとその人を苦しめる

そして、100人中2人は、その「橋」を渡りきってしまう。
…もともとの2つの家庭は崩壊する。
劇中ではでてこない

そしてあと一人は…橋の途中で立ち止まってしまう
もともとの家族を裏切れない自分と
最愛の人との逢瀬に身をゆだねる自分の
両方を抱え込むことになる。
冬香である

この世に果たして何人の
『冬香』がいるのだろうか?

不倫は、ゆるされないがどうにもならない恋というものが
どの世にも発生するものだ。だから、このような『話』が潰えることがない

美雪は冬香を蔑んでいたのか?
いや、むしろ羨ましさを感じていたのかもしれない。

現実社会において、その『危機』がおきるときは、どちらかが
相手の想いを推しとどめるものだ。しかし、菊治は美雪の手をひっぱって
しまった。

======
菊治は、幸せになったのだろうか?・・・・『No』。

「貴方は、殺されたいほど人を愛したことがあるのか!」

冬香は、どうにもならないこの世の精算をするべく、
一度菊治に心中を持ち賭けるが、そのかわしかたが
さらに冬香を追い込むことになった。

このあたりから菊治と朱色会はちょっと考え方がちがうな
と想い始めて感情移入が難しくなっていった。

愛する人を殺す?

うーーむ。かわしたセリフが耳に残っている。それと犯行が
どうしても合致しない。

「ずっと生きていたい。君といっしょに。」

問いかけに対して、いろいろ自分のおんなに言えることは
あったのではないかとはおもう。

ころしてといわれてころしてはせわない。

さて、映画の話にもどそうか?

=====
しのぶ。おまえこんなにすごい女優だったのか?

冬香を演るために生まれてきたようなはまり役だったと思います。
冬香そのものに成りきっていた。

=====
トヨエツもすごかったねぇ。いくつもの血を吐くようなセリフは
観客の心に突き刺さる。本映画を代表作としてもいいのではないか?

~~~~~~~
わるかった演技者

2人の滑舌の悪い弁護士と検事はホントにミスキャスト。
映画の緊張感がきれてしまうほどで、
なんでこの演技でOKがでたのか不思議なくらい。

よかったもの

夕日・朝日・紅葉などを織り交ぜた映像表現。
2人の心の感情がよりいっそう引き立っておりました。

トヨエツのシャツがいつもぱりっとしていたのは拘留・係争中の被告としては
不自然なきもしたが娘さんが毎日着替えをもってきののでしょう。

・・・そして、残されたひとびと

トオルさんの演技については私よりも(↓
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id325798/rid158/p3/s0/c21/

評価:83点

皆さんにお勧めしますというセリフがでないけど。
不倫というものを深く考えさせられる映画となっています。
今不倫中の方々も。そして「不倫」に気がついていない方々にも
いろいろな面で考えることができる映画です。

いささか総括が不確定ではあるけれど、今夜はこんなところで。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

映画「それでもボクはやってない」

鑑賞記:そのとき、劇場は傍聴人席450席の小法廷となった。

この映画が、2007年の皮切りとなった。
読者の皆様、今年もよろしくお願いいたします。
~~~~~~~~

人(他人)が人(当事者)を裁くこれが裁判だ。
この映画は一見
・ケイサツ
・ケンサツ
・弁護人
・法曹界
のばかっぷりを表現している映画のようにみえる。

しかし、本当のテーマは

『人が人を裁くことのムズカシさ』
が根底に流れている。

エンターテナー監督として、映画人に認知されている
周防監督が手を出したのは、ななななんと『裁判』
いやー。手を出したって勇気にまずは敬意を贈りたい。
裁判官を志す人というのは
『大岡越前の上』を目指すのだろうか
はたまた「遠山の金さん」を目指すのか
いずれの場合も、事実を見通す【目】が要る。
そして、判を断じることができる『こころ』か?

ーーーー
ケイサツの機能と立場の著し方については
あのとおりだ。我々が税金で雇っている彼らのなかには
悪人に遭いすぎて心が壊れてしまったモノが存在する。
タイヘン哀しいことである。
もし、貴方が身に覚えのない誤認逮捕によって
取り調べるを受けることとなったら、
高圧で乱暴な態度を一通りご披露いただいたあと
こういえばいい。

「いやぁ、刑事さん。とてもスバラシイ『演技』でしたよ。
 どなたからこれを教わったのですか?」

このセリフだけで、もう高圧的かつ乱暴な態度を
止めてしまうから、機会があったら試してほしいね。

・・・ケンサツもしかり。

=========
そして裁判官の資質の問題。

基本的に司法試験に受かることで、
人間の最大の成長期である
思春期を棒にふった人間が【真人間】になるわけがない。

彼らは、世の中のことも紙のなかで起きていることと
いう認識しかないのだ。

裁判という小部屋が彼らのメシのたねの仕事場だ
彼らは人間というものがどういうものなのか?
会社社会というものがどういうものなのか?
人間関係というものがどういうものなのか?
知らない…「わからない」のである。
【人生経験】を著しく『欠損』した人間が法曹界を担っている事実
遠まわしなくこの映画はこの事実を伝えている。

裁判官に集められる情報は
「だれそれが、こういってます。」 これだけ。
基本的にこれだけで判断する。
後は参考にするのは判例だけ。

・・・それでも(彼らも我々の僕ではあるけれど
「心のかたわれびと」であったとしても
彼らに【判】をお願いせざるをえない。

ーーーーーーーー

朱色会の判断は

「人に、人を裁くことなど、ムリなことである」

ということだけだ。本映画は、それを再確認させてくれた。
前半でていたおもろいおじさんは、どこへいったんだろう。

・・・いったんコマーシャルでぇす。

====
<痴漢冤罪>映画のヒントになった会社員夫妻が本出版
1月20日10時55分配信 毎日新聞

 痴漢で起訴され、無罪が確定した東京都内の会社員、矢田部孝司(たかし)さん(43)が妻あつ子さん(40)と共著で「お父さんはやってない」(太田出版)を出版した。突然の逮捕、会社からの退職要請、心中未遂……。苦悩の2年間が克明につづられている。事件をヒントにした映画(周防正行監督)も20日、上映が始まり、夫妻は「えん罪に巻き込まれた家族の味わう恐怖を、ぜひ知ってほしい」と話している。【小林直】
 <刑事がまくし立てる。「お前がやったんだろう。常習だな!」>(00年12月5日逮捕)
 本は電車内で女性に陰部を触らせたとして、孝司さんが現行犯逮捕されるシーンから始まる。刑事は「車内の様子を思い出せ」と追及し、詳しく説明すると、副検事が「痴漢をやろうと様子をうかがっていたからだ」。眠れない日々が続いた。
 <「死ぬなら一家で死なないと」。夫はそういうと両腕で(長男の)首を絞めた。私は慌てて長男を夫から引き離した>(01年7月5日)
 起訴されると会社から自己退職を迫られた。無罪を主張した裁判でも有罪率99%超という現実がのしかかる。保釈された孝司さんはうつ状態になり、周囲に裁判支援を依頼したあつ子さんに「なぜ言いふらした」と当たった。「なぜ負けると決めつけるの?」。あつ子さんとの口論が続き、2人は疲れ果てた。
 1審の懲役1年2月を覆し、東京高裁で無罪を勝ち取るまでに2年かかった。03年に会社への復職が認められたが、中途入社扱いのため、年収が逮捕前の水準まで戻ったのは05年。今も電車が怖く、乗ると、のどに何かが詰まっている感じになる。孝司さんは「裁判官が簡単に有罪にするから捜査がずさんになる。ぜひ本を読んでほしい」。
   ◇   ◇
 本は300ページ、1524円(税別)。映画「それでもボクはやってない」は20日から上映中。

最終更新:1月20日10時55分

ーーーー
周防監督ブログ(ココログ
http://www.soreboku.cocolog-nifty.com/blog/
ウェキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E9%98%B2%E6%AD%A3%E8%A1%8C
======
俳優がたでいうとダントツは役所さん。すばらしい。
次点は、カセ。君だ。すこしイジられ感が強いが、配役がアレだから
難しい役どころをよく演ったと思う。
あとは、最初の男のなんとか弁護人役の人。イイです。

セットはどれもとてもリアリティがある。法律事務所の紙のファイルの山とか
スタッフご苦労様です。
=====
評価:お正月ご祝儀で、78点。(チト辛いか。
減点部分は、もうちょっとエンタ入れてほしかったな。
主題の隠れ方が高等すぎます。もうちょっとシンプルに。
出演者のハジケ方が弱い。と、いうところか。
=====
正直なところ、この映画で著されているとおりなのだ。
判決の結果。ある人間だけに、【裁判官が】ただしい目と心を
持ち合わせているかどうかだけが判明する場

それが裁判というわけ。

つまり、裁定されているのは「判事」であり、
裁定しているのは「被告」および傍聴人席にいる
「原告」である。
裁判とは…それ以外のなにものでもない。

Yahoo映画:ユーザーレビュー↓
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id325423/

Goo映画:ユーザーレビュー↓
http://movie.goo.ne.jp/review/movie/MOVCSTD9896/index.html?flash=1

| | コメント (2)

カビる液晶Part.2

ヘルプデスクの主な仕事として
お客様の道具の手入れ・修理がある。それで、
そのコストを下げるため、
ほとんどの会社では
従業員がつかうパソコンを統一している。

エピソード1(コチラを、前回掲載文としてください)
Panasonicに統一している会社での出来事

・・それを自分の眼で見るまではとてもシンジラレナかったが
やはりそれは存在していた。

液晶がカビているのを交換することになりましたよ
朱色会さん。

えっ、液晶パネルがカビるんですかねぇ。電子部品ですよ。

ものがとどくので、交換修理処理をおねげしますだ。

承知つかまつり。

実際にモノがとどき、電源を入れると確かに『平原』
がくすんでいる。

そこで、いつものバックライトチェックのための
背景なし。色をシロとすると、それは現れた。

いちめんにまだらな黒かびが生えていたのだ。

うぉーーーー。まだらまんと命名した。

リコール対策なので、メーカの連絡先にいって交換してもらい
黒かびノートは存在しなくなったのだが、
液晶がカビるなんてことは初めてみたので衝撃的でした。

みなさんももし、Let's note シリーズでしたら
チェックしてみてください。

まだらまん。

=======
エピソード2(本日分)
Lenovo(IBM) thinkpad で統一している会社での出来事

数年もヘルプデスクしていると
あるシリーズの歴史を踏襲できる。朱色会の場合は

X31-X40-X41=X60s

を担当することができたのだが、これについてひとこと。

=でメーカの名称が変わったが、変わったのはもちろん
社名だけではない。

上に挙げたシリーズは、商品といては同じ構成にあるものだ
ビジネスマンの中堅がつかう一般的なノートPCである。

X40はX31の後継機である。X41はX40の後継機である。
後継機だが少しずつパワーアップされており
値段は変わらないか、少しずつプライスダウンしている

・・・が、イイコトばかりでもない。
例えば液晶の画面のきれいさでいったならば間違いなく
X31>X40=X41>X60s だと断言できる。

新製品をお持ちの方はおやと思うことだろうが事実だ。

昔は液晶にカネをかけていられたんだと思う。
旧機種ユーザは大切にしてあげてください。

さて、貴方がもし液晶パネルにより、このブログをお読みならば
やっていただきたいことがある。

デスクトップの背景をなしとして、色をシロとして表示するか
メモ帳を新規で開き、最大化してほしい。

最近作られたコストダウンが激しい液晶は、
画面周辺にムラができており、そこだけ画面がくらくなって
いる。

『なんだこれくらい気にしない』

と、お思いの方は、メーカの術中にはまっていると
いっていいだろう。

昔の液晶は、真っ白の紙のように均一な光を輝かせていたのだが
これはコスト(と電気)がかかるので
メーカのほうから努力しなくなったものの一例だ。

thinkpadでいうとこの現象が顕著に出始めたのが

X60sからということになる。

ま、コストダウンの一環といってしまえばそれまでの
はなしだが、これが当然・自然なことだとは
思ってほしくない。

『こんなもんでいいや』

という心のカビはあっというまに会社全体を包んでいく。

『カビ』は小さいうちに掃除。
これに限るね。

「まだらまん」になる前に。

ノートパソコンメーカ、特に製品企画の方に
この記事を捧げつつ、

今日は早く休もう。

明日はなんとか映画みれるかな?
2007年初映画のアクターは

かせりょう

かな。

| | コメント (3)

変わろうと足掻くサロンといまひとつノらない客たち

オートサロン係数はいっこうに勢いが衰えないが(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=image:on+%A5%AA%A1%BC%A5%C8%A5%B5%A5%ED%A5%F3

一段落という感じなので
そろそろこの記事を書いてもいいのではないかと思い
筆を執る。立場を先にいっておこう。・・・オートサロン肯定派だ
だが、厳しいことを今日は書く。

===========
オートサロンがなぜに生まれたか?
それは、この中で生きている(メシを食っている)人たちが
自分たちの好きなものを、世の中に浸透させようと
思い立ったがため生まれたのだ!

・レース
・ドレスアップ
・チューニングパーツ

吊るしで売られていた車たちは、その昔
お世辞にも『美しくはなかった』
『麗しくもなかった』そして
『牙』ももってはいなかった。

「くるまがすき。」

車をいじるのがすき、かっこよくするのがすき
それらが、疾走・爆(ばく)走するのがすき

しかし、その市場規模は驚くほどに、実は狭い。

具体的な数字で表してみる。

(ここ、調査中

そう、このマーケットは

CD市場の20分の一である。

ニッチ(すきま)なマーケットなのだ。
そしてそれは、いまも変わらない。

彼らが望む未来はたとえば

町にひとつ必ず子供も利用できるレース場。

町にひとつ必ず車好きがあつまるデパートだろうか?

========

このエコとレジャーの時代に?

相対するアンチテーゼはとてつもない巨大なものとなった

また、「改造」ということばから醸し出される
『反社会性』が、一般の方からこの世界を遠ざけていたのは
確かなことだろう。

昔のオートサロンは、そのため、反逆性を真っ向から肯定した
魅せ方をして、それに迎合する若者(濁点なし)だけを
相手にしていたように思う。

そのため、とても、わくわく、どきどきするものが
おおく存在していた

=======
翻って21世紀。やはり一般のヒトをどのように取り込んでいくか
に軸足が移りつつある。市場を広げていかないと食っていけない。

いろいろな概念がこの世界に参入してきた。

近年、顕著なこととしてはエイベックスグループとの協賛だろう。

車とはまったく縁のない売り出し中グループのデモンストレーションが
ステージで繰り広げられる。ひとがとりあえず集まっているからだ
しかし、その模様は、もともとのファンを驚かせるものであった。

レーサーは、レースに徹してほしい。。。

~~~~~~~~~~

サロンは今後も目的達成のため、いろいろな策を講じてくるだろうが、
もともとのファンはそのことにいちいち驚きとそして落胆を感じることになる。
その結果として一部のファンは離れていく。

ファンだけではない。一部の好きなメーカーも
ことしは『卒業』していなかった。。。(泣

この問題はとても深い。

======
さて、来年はいってみるかという方は、牡蠣の(笑
リンクをご覧アレ。サロン紹介Vとしてはおそらく
一番冷静かつニュートラルな出来で気に入ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=-wHi8L3cvUo&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=MZ8Rq0I8Ke4&mode=related&search=

また、朱色会式 をすこし。

1.車をじっくり見たいのなら
AM中に会場内のば~~と観てしまう。そして、ココからが
本編。そう、会場を、でてしまうのである。
そして向かう先は、会場をとりかこむ巨大な駐車場の
『練り歩き』
5年前までやっていました。つまりユーザさんが乗ってきた
ぴかぴかの愛車を眺めて過ごすのだ。この日のため、
ユーザさんの愛情(念)が乗り移った愛車群が君たちをまって
いる。そして、なんと、無料だ。
マジメルに観ていると、半日でも足りないぞ。

2.女の子に興味があるのなら
Web記事を見て自分もカメラ小僧を目指してみようかと
志した者はいるだろうが、はっきりいってカンタンには
ムリです。彼らは何年もかけてその腕を磨いて
それだけの作品を撮れるようになったのだ。
ま、挑むのは自由だが、社会的地位をうしなうような
行動は慎むように。それよりもっとカンタンな方法がある。

車Webサイトや個人ブログサイトを利用したほうが手軽だね。

3.何か目的があるのなら
メーカの技術者とじっくりと話をしてみよう。
解らないことは質問したっていい。実はずっとたっている
オニィサンやオジサンたちは、話しかけてくれる
貴方をず~~~~~ぅと待っている!
したい話が、彼らののどに詰まっているのがわからぬのかッ!

1500円じゃとてもとれない話題のオンパレードだ。

写真つきは、ソネブロ版をご覧アレ。

ボンドが。。。セメンダインになってきたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ボンドバナ」

奇病に罹ってしまったようだ。

『ボンドバナ』・・・朱色会が、今日、命名した。
厚生省は、その存在をまだ。。知らない(笑

これに罹ると、

鼻から、ボンド(コニシボンド)が垂れてくる。

または、1時間おきに

・コニシボンド(レモン色
・とりもち(しろ
・スライム(淡いみどり

がいれかわり、たちかわり間断なく鼻からでてくる。

よわった。これは。

勤務中おかまいなし。

・や・す・め・な・い

や・す・み・た・い

鼻をかみ過ぎて、鼻がとれてしまった(←これはウソ。

しかし、かみ過ぎてはなの粘膜が荒れて、
毛細血管が切れて

・コニシボンド(きれいなオレンジ
・とりもち(ピンク
・スライム(よくわからないいろ

になると滅入る。。。

それで、無条件降伏対応をすることになったのだ。
つまり・・・たれっぱなし。ながれっぱなし。
何もいえない。何もかんがえられないす。・・・ノーガード戦法。

薬で緩和して、今日も早く寝ます。

また、明日、明日は高塚。。。6時起床。

帰りの坦坦麺は、美味しく頂きたいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三人騎馬

三日三晩も鼻から(↓)のようなものがでると、滅入るものである。

http://www.toolfirst.jp/sokkan/k_g17.htm

咳は大分収まってきた。しかし、(↑)はひっきりなしにまったなしに、出てくる。鼻をかみ過ぎて脱水症状気味

である。

嗅覚を奪われると、勢い食欲も奪われることがわかった。

メシ時になって、おなかがなんかよこせーと唸るのだが
匂いがわからないので頭が食べたいと思わないのだ。

一食。ヨーグルト一個とか、おにぎり一個がせいぜいだ。
2,3日こんな調子だから、怪我の功名で体重は大晦日に戻った。

http://blogs.yahoo.co.jp/hakuba0217/45682334.html

・・・こんなんじゃいけない

と思いたち、くいどんに(ひとりで)いってきました。
…ひ・と・り・で(泣
焼肉です。2000ちょいでけっこうボリュームがあった。

しかし、これは改善してほしいなとおもったことが1点。

…たれが1種類なのはいいです。
どのお店もオリジナルのたれで勝負しているのはわかるけど。

なんで、ピリ辛(唐辛子いり)なんだよ。
朱色会の好みは、和牛のたれっていうしょうゆ味なんだよね

肉の味がよくわかるし、

ピリ辛だと、最初はいいのだけれど、あとから、口の
中がヒリヒリしてきて汗が噴出すし、なにしろ何の肉を
くっても味をたのしめなくなる。
こんなタレは、韓国焼肉のお店でもでないよ。

部位ごとに味を楽しみたい。

えッ?だったらたれつけないで食べればいいじゃないかって
・・・・そうかもね。

ま、いずれにしろ体調は完全とはいかない。
したがって今日のヨーガもなし。ぐすん。残念である。
さて。本題。

===========
(引用記事)
高齢者1人の年金支える現役、初めて3人割る
1月16日15時45分配信 読売新聞

 高齢者1人の公的年金を何人の現役世代で支えているかを示す「年金扶養比率」が2004年度に、厚生年金と

国民年金でともに初めて「3人」を下回ったことが、厚生労働省がまとめた公的年金財政状況報告でわかった。

 高齢化の進行に伴い、現役世代の負担が重くなっている。

 年金扶養比率は、保険料を負担している加入者数を、年金の受給権者数で割ったもので、年金財政の特徴を示す

指標として用いられている。04年度報告によると、厚生年金扶養比率は2・91人(03年度3・0人)、国民

年金は2・96人(同3・05人)となり、いずれも3人を割り込んだ。

 1995年度の扶養比率は、厚生年金は4・98人、国民年金は4・15人で、この10年間で年金の“支え手”

の負担は1・4~1・7倍になったとも言える。

最終更新:1月16日15時45分(引用記事おわり。読売ありがとう。)

ーーーーーーーーー
こういう記事を読むといつも思い出すのがあのCMだ。
(YouTubeで検索中。

このような試算は、冷徹にさらなる未来を算出してしまう
4人で構成されている騎馬。それが3人になったという事実。
それはどうなるのか?

私たちが、騎馬戦をやる『お年ごろ』になったときは・・・・

「え?馬ですか?ありませんよそんなもん。」

私たちは、兎にも角にも長生きするようになった。

いろいろなことを準備しておく必要はあるなとは思ったね。

『風邪、早く治そ。』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E6%88%A6

わかものたちは、「ものごと」を深く考え『られ』なくなったのではない
考えるのを『やめた』のである
ーー朱色会ーー

・・・気がヘンになるからだ。

他のブロガさんのイケン↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C7%AF%B6%E2%C9%DE%CD%DC%C8%E6%CE%A8&ei=

ナニコレ?(↓
http://www.youtube.com/watch?v=p8diDrQoZcQ&mode=related&search=

こんなのみつけた。↓
http://www.youtube.com/watch?v=fftTQnNZ9RA&NR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷い風邪

とうとうPM半休してしまいました。

明日午前中。病院で診断してもらいます

皆様も気をつけてください。うがい・部屋の加湿により、大分防げます。

引いちゃったらもったいない。

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C9%F7%BC%D9%A1%A1%C9%A1%BF%E5&ei=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラダまたコワレました。

オートサロンの写真をもとに

オートサロンの現状や思うことを書こうと思いましたが。

・・・・熱がでてしまいムリです。

混沌としています。

右の鼻穴からばぽたりぽたりと間断なく水ハナがでるし、

咳をすると頭がズキンとします。タイヘン思わしくない状態ですので

記事は明日以降ということで。

スミマセン。

それにしても、皆さんのパワーにあっとうされる。(↓

Yahooブログ検索:画像のみ:『オートサロン』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D70出撃と思ったら、リコール。

皆様お待たせしました!
オートサロンの模様をお伝えします!

・・・・と思ったが、風邪がダメで頭が回らない。

明日記事をアゲます。

今日も短めで。

朱色会のカラダもぼろぼろですが
朱色会のもちもの(無機物 も故障が多い。

昨年はAX300の修理をしたが、↓
http://shuseki-kai.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/ax_544e.html

Nikon D70も出撃しようとしらいきなり出鼻をくじかれた。
まづ、やる気がでるアイテムといっていたアイピースが
うまくはまらない。それで、ヨドバシ千葉店に相談にいった

・・・若い青年が、きちんと対応してくれた。

購入したのは、ヨドバシ仙台なのだが、部品を交換してくれるとのこと。
・・・好感がもてた。(笑

そのあとである。家で起動しても起動しないのでこまっていた。
電池をフル充電しても起動しない。振っても(笑 電池の交換なのだろうか
と思っていたら、店員が部品の交換のあと。
「アレ、お客様これリコール現象がでていますね。」

『ヌ?リコールとな?』

早速無償修理の展開となった。
しかし、やはり店員の商品知識はすごいな。いっぱつで解決!!
デパートや電気店ではこうはいかないだろう。

さ・す・が・わ・ヨドバシ。
天晴れ。ヨドバシ。

掲載記事を修正しました。(↓
http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2007-01-03
ちなみに、アイピースごと入院。CFは預からないとのことなので
お礼にケースを買いました。(ポイントでですがね。

・・・それにしてもだ。ニコンさんもっとすぐわかるように
Web記事の構成を改良してください。↓
http://www.nikon-image.com/jpn/news/notice/info050926_d70.htm
いちおう載せときます。に、してもトップページの検索で、『リコール』が
引っかからないのはいけないね。

まぁ、他のユーザさんは『対応済み』でしょうが…

風邪が長引いている。ぼぉーとしていた中村中の『友達の詩』シングル買って
すぐ落としちゃった。お勧めです。泪がでるよ。いや、落としたからじゃくって曲が。

明日は、オートサロン記事を書きます。それじゃ。ごほんごほん。
実は、華やかな表舞台というよりは、オートサロンの現実についてになる
予習記事。(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%AA%A1%BC%A5%C8%A5%B5%A5%ED%A5%F3+%A5%DE%A5%F3%A5%CD%A5%EA&ei=

また、明日。・・・おやすみなさい。

…ホントに風邪なんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カビる液晶

明日は楽しみにしていた「オートサロン」なのだが、

いかんせん、乾いた咳ととりもちハナがとまらない。

ロマンティックがとまらない。

ふ・ふ・ふ・ふ。このハナでホントに蝉とったろか?ふ・ふ・ふふ

そこで、今日の記事も多分明日アげます。ごめん。(ネタは既に確保

しかし、もうブロガさんがたくさんアゲていておなかいっぱい(苦

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=image:on+%A5%AA%A1%BC%A5%C8%A5%B5%A5%ED%A5%F3

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「遺体切断列島」とチーズ・シュー

時事ネタふたつ。・・・じつは、今日の記事がココログ朱色会:記事数: 365  葉となる。

・・・ありがとう。ココログ。そして、読者のみなさま。

第一回投稿記事はコレ↓(ナツカシィ~
http://shuseki-kai.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_55eb.html

記念すべきページなのだが、、、内容はタイトルに準じるのだ。。。(哀

Yahooブログ検索:「遺体 切断」↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%B0%E4%C2%CE+%C0%DA%C3%C7&ei=

うはぁ。。つづくなぁ。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%CC%F0%BA%EE%C0%EE&ei=
ーーーー

Yahooブログ検索:「不二家」↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C9%D4%C6%F3%B2%C8&ei=

====
とりもちのようなハナがでる。
それで、鼻をかむのがちょっと怖い。。脳かもしれない…

…治りかけ?
風邪が治るのに時間がかかるようになったな。トシか・・・くすん。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%A1

http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%A1

=====
今日も、ジムは休み、体がうずうずするが、しっかり休んで治してからだ。
1.5K増。(苦…

~~~~~~~~~~~~~(本題

「ねぇねぇ。ちょっとこれチーズ臭くない?」
「なにいってんのよ、これ、チーズ・シューよぉ!」
「チーズ・シュー?…なにそれ?」
「Fのチーズ・シューよッ。シラナイのぉ?」
「うん。しらん。」
「チーズクリームがはいってるのよ。いまゲキ流行よ!」
「ふぅん。でも・・ちょっとにおいが・・」
「コドモだなぁ。。ガイコクのなんとかチーズなのよぉ」
「そうかぁ」
「あ・・・」
「どーしたの?」
「これ。。ラベルみたら・・・ふつぅのシュークリームだ…」
「!....おげえ」

とっぴんぱらりの・・・しゅう(笑

ばれないとおもうほうがおかしい。↓(哂

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%AA%A5%A4%A5%EB%B5%BF%CF%C7&ei=

…是非ここは、桜庭VS油谷さん(山本圭壱)の再戦をお願いしたい。来年の大晦日。
ほしぃ。↓(ウソです
http://www.at-al.net/works/dum/dum_04.html
http://qvarie.hp.infoseek.co.jp/var/99/99kei2a.htm

・・・われながら、ひどいブログだ。
ゆるしてほしい。

…こんな日もあるさ。

http://company.nikkei.co.jp/disclose/redirect_dis.cfr?ano=410b017&t=http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/home/oracle/00/2007/410b017/410b0170.pdf

・・・確かに、「2つとない」会社だ。

(不二家ホームページサイト、現在ダウンのようです。…コチラをご覧ください↓
http://www.mbs.jp/technoeye/technoai/2001/2001_9/fujiya.html

油谷さんをインスパイヤーされたのは、朱色会だけじゃなかった。↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BA%F9%C4%ED+%CC%FD%C3%AB&ei=

それにしても、2006-05-07-Sunからとはなぁ・・・歴史あるなぁ
みんな意外と山本さんのカムバックを望んでいるのかも。。。

こんな話(ブログ)を見つけました。↓(泣
http://blogs.yahoo.co.jp/pcyrh801/2295298.html

まさかとは思うが、新手のMBO(自作自演)ってことはないよねえ~(汗
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88

潜在的TOBとかね。以上だらだら徒然でした。おやすみ。

| | コメント (0)

貴方の給料が上がらないワケ

ある島国のお話である。

その国には他の国にそのまま売りに出せる資源がなかった。

「どうやってショーバイしていこうか?」

そこで、まず、原料を買って
加工し付加価値をつけて売るという方法をとった。

エネルギーを自国に保有しない国はこの方法をとる

その方法はあたった。しかし、あたりすぎて世界の富が
その島国にあつまってしまった。

当然、商売をしている相手はいい顔をしない

そこで、他の方法でその儲けを還流させる必要がでてきた
(この話はあとで。

また、そのおかげというか影響でその国の基軸通貨の
価値が急激に高くなってしまった。

これはなにを意味するかというと
その人間が住む生活圏だけが、世界的に高コストになる
ことを意味していた。

特に顕著だったのが
・土地
・食料
・労働者に支払う給料

島国にすんでいるヒトは、その事実をあまりしらない。
なぜなら、給料があがるのと同時に給料を償却する物価が
あがっていったからである。

いうなれば
右手を上げる。右足をあげる。それだけでも
他の国よりも高コストな社会を作り上げてしまった。

…それは、その国の商品の世界的な競争力を
低下することとなった。

同じ品質でも、桁違いに高コストな製品ができあがる。
そして、ごく一部のハイテク製品を除いて、
それは顕著に現れて始め、結果として売れなくなっていった。

この問題につき、その国の経営者は、
ある根本的な「解決策」に気がついた。

「別に、自分の国の人間(だけ)を雇わなくてもいぃんじゃないか?」

…世界中に求人をすることとなった。
 それどころか、島のそとに働く場所を作るようになった。

島にやってきたひとは、低コストな国からやってきたため、
低賃金でもよく働いた。

結果として、もともと働いていた島人の働く場所は
消えていった。

人々は、この国で真面目に働くことの甲斐のなさに嫌気がさし、
やがて、だんだんと汗をして働くことをしなくなった。

働いても、実がない世代が続いた。
・・・やがて、その島には、ひとりも住むものがいなくなった。

その島の名は「インダストリア」といった。また、『ジバング』とも呼ばれた。

おしまい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%BF%E6%98%93

===
島のほとんどの土着民の給料がまったく上がらない理由を解説しました

…明日は、高塚出張だ。ひるめしだけが、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

「気づかい」の有無

今日は、仕事始めだったが、様々な出来事があり、疲れた。
それで、07初のヨーガは残念ながら泣く泣く見送り。
風邪が治っていないのでジムで「げはげは」したら顰蹙だからね。

そこで雑感モードで筆を執っているとはいうものの伝えたいことは確定しているからそのつもりで。

まずは、手始めに日常雑事より。

千葉から幕張本郷までいってオフィス街に通っているリーマンは多いとは思うけど、そのとき毎日のようにストレスとなるのはなんといってもバスの待ち合わせだろう。

すこし足元が濡れるとたちどころに駅の構内まで行列が延びる。これを待つのにイライラ。そして蒸し風呂カーにのってイライラ。汗をタラタラかいてイライラ。なかなかつかなくてイライラ。そしておじさんの頭が近づいてイライラ。おばさんの香水の臭いでイライラ・・・そしてあのたった短距離で210円という運賃にイラってそれから職場だから、とにかく午前中のストレス予約用のパワーは、京成バスだけで償却してしまうのだ。
そこで提案。一つ前の駅から歩く。やくみつるいや30分ほど歩くがこれがキモチイィィ。今年はそれほど朝も冷え込んでいないから、歩くことで仕事の整理もできるし、なにしろイライラがなくなるから。これは幕張だけの専売特許だけじゃないよ。ほかの駅でも応用が利くから、やってみてください。

朝から、イライラすることはない。エネルギーは他のことに使って欲しいな。

あと、ミニバスが運行を始めたので、もし、遅れ気味、または今日は体調が悪いときは160円払ってそれでいけばいい。なにしろこのバスはおすすめだ。運行されて間もないのでゆっくり座れるのだ。また、上で述べたようなイライラ要素はまるでないかからね。(ああこれで混んでしまうな~

さて、余談はコレくらいに今日の本題にはいる。

有)

ハイテク通りにはコンビニがあるが店長はいちどみたら
忘れられない姿をしている。きょうはその方のことをまず。

朱色会は、弁当(味噌汁つき)を買ってからウーロン茶なども買う。そのときの今日の出来事

お茶を買うときに袋はいいからといって
お茶を弁当の袋にいれたら、なんと味噌汁の容器が
90度横転していたのだった。
やってしまったとは思ったがなんと味噌汁はこぼれていなかった!それはよかったのだが、容器をもとにしたら指先が濡れてしまった。

それでレジを離れようとしたら店長が、

「熱くありませんか?」
「テッシュをご利用になりますか?」なんて言葉を
かけてくれたのである!

す・す・す・す・すばらららららしぃぃぃぃぃいいいい
てんちょおおおだああああああぁぁぁぁ~
なんと心優しいのだろうかと感激した。こちらはびびって

いや大丈夫ですからッと礼をいってレジを離れてた。

単にウーロン茶を一本買っただけなのに。。すごすぎる。
さすがわ、店長だなァ~

ちなみに、サンクスでした。名札は、しみずさんだった。

こういったことは教育の成果ともいえるがやはり店長の
人間性なのではないかとおもった。

こんどは、ウーロン茶になにかをつけねばな。
気づかいってふと受けると心に染みる。
ーーーーーーーー

無)

サポート先がコストダウンのため、現在2人体制でやって
いたのものを1人とするため、一人が職場に帰任することになった

それでその説明をするとのことで
相方といっしょに説明を受けることにした。

これにはワケがある。

上司が、いままで前線で頑張ってきた2人にどんなコトバを
かけるのか、そして抜ける方、残るほうにどうのような意識付けを
かけるのか、それを両方確認したかったからである。

だが、予想通り示達だけが伝えられた。。。

朱色会が残り、相方が職場を去る。

んで、相方が次の仕事があるのかと聞いたならば
その重要なことばを用意していなかった。
このとき、「う~んと」とか「え~と」とか微塵も表してはならない。
人事のキホン中のキホン。
次の仕事に対するモチベーションがかからなくなる。

つまり、受けるほうはこう思うのだ
「ユーザからいきなりヒトを切るといわれとりつくしまもなく首を
たてに振りましたが、アトのことはナンも考えておりません。」

・・・・付け加えるならば、
    またしてもねぎらいのことばはない。
代わりに、朱色会がいってあげたよ。
「いままでありがとう。長い間お疲れさま」って。。

それじゃダメなんだよね
残るほう、去るほうどちらもプライドをもってこの職場を支えてきたんだ。
その労にむくいるだけの言葉と心からの誠意を携えて準備ができたら
呼ぶべきだったのだ。
…こんな基本的なこともできないのかな。

相方が、「次の仕事はきまっているんですか」
と聞いたときの真剣なまなざし。いままでて一番マジメルな瞳をしていた

コストダウンが要因とはいえ、数年間も客先(前線)で
頑張っていたものに、「今月までだから」
とだけ伝える。。。。
あまつさえ、次の仕事きちんときめないまま
「当事者」たちのまえにしゃしゃりでてくる神経がすごい。

上司としてのことばを用意できないまたそれを演じられない
人間は増えている
もちろんこれもひととなりの問題ではある。しかし、
上で述べた店長は、このようなことはないだろう。
もし、できないのであれば、さらに上ががきちんと教育するべきことだ。ま、確認も教育もないのだろうと思っている。

・・・これから数年がたち、私も年をとって
新しい若者とタッグを組んでしばらく経ってから
同じ様に扱われるんだろうね。

いやはや。。。気づかい。重要ですよ。

使い捨てららばい。。おやしゅみなさい…(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハタチは「成人」ではない。

ハタチの諸君。成人式おめでとう。
元ハタチから、僭越ながら申し上げておく。

残念ながら20歳というのは、
法律的には成人だが
精神的には、ほとんどのものがコドモやで
そして、経済的にも。

ほとんどの者が学生やろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%BC%8F

ただ、これを機として「オトナ」とはなんやろな
と自分なりに考える機会になればなとはおもっとるで。

わても、明日から仕事始めや

・・・ほな。(終わりかいッ!

白鳳!(21歳。成人式勝ってェえな~

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E4%BA%BA

武藤歯科の次男(21歳。これからしっかり罪を背負ってください。一生。

http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=20%BA%D0&st=n

後輩諸君。君はこれから、成人になっていくか
あるいは
そうはならない。
そうならなかったものは
何十歳になろうとも「成人」にはならない。

他のブロガさんのイケン↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C0%AE%BF%CD&ei=

と、今日の20歳に起きたニュース↓(これは、応用が利きます。数を増減してみてください。(19)にすると、特に加害者表現が大きく異なります。
http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=%2820%29&st=n

↑の資料どす。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E5%90%8D%E5%A0%B1%E9%81%93

Yahoo!ニュースに載るときは、「誉れ」でタノムでぇ~。

ほななぁ。・・・きばりや~(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「消えた」人びと

「いらっしゃいませぇ~!」

「あ、どうもこんにちは・・・」

帽子のつばに手をやり、明るいさわやかな笑顔で
颯爽と運転席に前まで来てくれる。跪くところまであって、それは
恐縮してしまう…

「本日はご来店ありがとうございます!いかが致しましょうか?」

「ハイオク・・満タンで…」

「はい!畏まりました。ありがとうございます。フロントガラスに
洗剤を利用してもよろしいでしょうか?」

「水ぶきでお願いします。。。」

「了解いたしました!」

きびきびと作業が開始される。それは晴れの日だけではなく
寒い日も、そして雨の日も同様だった・・・

ときどきは、会話も生まれた。

「いいお車をお持ちですね」

「いやどうも、でもローンが大変で、、あははは」

「羨ましいですよ・・・」

…数年前のできごとだ。

いま、この光景を味わうことは、大変に困難となった。

ーーーーーーーーー
現在。

お迎えはなく、機械の前で、愛車をとめる。すると

『ユシヲ・ゴシテイ・クダサイ』

黙々といわれたとおりにやり、黙々と給油し、店をでる。

「会話」は、ない。

ガソリンスタンドから、人間が消えたのだ。

ーーーーーーーーーーー
(今日のWebニュースから)

機関士、ジャンボから席が消える。

いままで、飛行機を飛行させている役割として、人間は3名必要だった。

すなわち、操縦士、副操縦士、そして機関士だ。

副操縦士は操縦士のバックアップ。そして、

機体の技術的なサポートのため、機関士が乗り込み対応していたのだが、

それが必要なくなったので、廃止するという

==========
ハイテク化とは、実はこんなもんだ。

ハイテクがもたらすものは、プラスだけではない。

ハイテクは、「人」を排除する。
なぜか?人は『コスト高』だからである

・・・いずれ、副操縦士、そして操縦士も要らなくなるだろう。

『ホンジツノ・ふらいとヲ・タントウイタシマスRX-5963デス。』

・・・嗚呼、神様。
ーーーーーーーーーーーーーー
なんとなれば、それは人件費のコストダウンだ。
今や、コストで最大の効果を表せるのが人件費となった

企業は、サービスの供給集団であるとともに
利益追求集団であるから、常に「不必要なもの」を見つけ出し、
機械化する。

人間が生み出した機械が、人間を排除する。

ーーーーーーーーーーー
ガソリンスタンドの店長は、店を守るため

従業員を解雇し、バイトも雇用継続せず、
ひとりで、店を守っている。しかし、その顔に明るさはない。

============
ぎりぎりぎりの競争は、ついに人間まで排除始めている。

ひとが、ひとのために自らの汗をかくことがなくなる社会

人は、そんな社会を求めているのだろうか?・・・否である。

なくしてはならない。われわれは他人のために働き、それを確認することで
自らの存在意義(自分の価値)を確認できるからである。

↓(感涙。)わたくしと「志」を同じくするブロガのイケン(必読。注目度も。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%B5%A1%B4%D8%BB%CE&ei=

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「でじる」マン

風邪がなおらん。せっかくの3連休なのに。
そこで、カルくやらせてもらう。

読者の諸君。↓の単語を読んでほしい。

「出汁」。

=======================
「だしじる(だし)」だろう。なんだこんなモン。面白くもなんともない
…と思うだろう

朱色会もそう思っとりましたよん。あのTVを観るまでは。。
http://www.google.co.jp/search?q=%22%82%C5%82%B6%82%E9%22+%22%8Fo%8F%60%22&ie=Shift_JIS&lr=lang_ja

番組は、N**今日の料理3ちゃんだったかな。

先生はこの道、なんちゅうねんという重鎮の包丁人。

そして、対するはこの道なんちゅうねんというアナウンサー。

「先生、このでじるいいおあじがでておりますね。」

「…そうですね。」

わが、耳を疑った。(もちろん、聞こえているほう

ーーーーーーーーーーーーー
出汁を「でじる」とよぶものを、『でじるまん』と呼称することにする。

http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E3%81%A7%E3%81%98%E3%82%8B%E3%80%80%E8%AA%A4&fr=yie7&ei=utf-8

「えた」「ひにん」と同義に扱っていっこうに差し支えないゾ!!

みなさん。「でじるマン」にだけはならないでください。
おねがいです!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

未知なるものを探求することが「道」である
ーー朱色会ーー

Q。あぁ、ゆぅ、「でじるまん」?
http://openlab.ring.gr.jp/skk/registdic.cgi?st=4330&num=20

かつて、朝礼で、「ゆおんとう」などとかました課長がいたことを
ほうこくしておこう。

仙台は、珍しく「1月の雨」が降っている。。。
・・・明日には治ってほしいな~

・・・・にしても、いい大人が「なんちゅう」ことだな…

ごほん。ごほん。みんな!Gooな大人になろうじゃないか?
なっとらんヤツは、ぐーで矯正しろ!

ばきぃッ。せば…まず。

他のブロガのイケン↓
http://plaza.rakuten.co.jp/zeirisikdnjp/diary/200605130000/
http://kiki.sub.jp/column/0405/15.htm
http://blog.livedoor.jp/oneusagi/archives/50808032.html
http://www.takopri.com/recipe/index4.html

http://blogs.yahoo.co.jp/inunoperopero/42748537.html

「世界」は、正しかった↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A1%D6%A4%C7%A4%B8%A4%EB%A1%D7&ei=

おもしろいサイト。↓みつけました
(ひらがなゲートウェイ)…こどもには、うってつけのWebサービス。いい感じ。
http://www.hiragana-gateway.com/

使い方は、こんな感じ。↓(睦月さんゴメンナサィ。
http://www.hiragana-gateway.com/hrgn/http://blog.livedoor.jp/clockworkorenge/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

団塊の世代-序論

喉風邪をひいてしまった。堰が出るし、喉がいたいな。
はやっているようである。のどぬ~るぬれマスクを購入するため
量販店にいったならば、親子連れのキャシャーンがたくさんいた。

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%B3&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2

空気が乾燥している。風邪をひくまえに、部屋の湿度を上げ、
体を冷やさないようにして予防してください。
もちろん。防感のために、マスクなどの対策は必要なことだ。

よく、『仕事場』でうつされる。是非もない。
【風邪をひいても、会社にでてくるからだ。】
休暇があるなら休んで欲しい。
病気なのに、でてきても満足なパフォーマンスは期待できないし、
なにしろ、他の人にうつしてしまうという大変なロスが
必ずおきるからである。

有給休暇があるのは、そのためなのだ。
しっかり休んで、健康になってから、業務に勤(いそ)しむのが
正常な対応である

流感なのに、無理をして出勤し、仕事も満足にできず
あまつさえ他の同僚やお客様、協業者へ菌をうつすなど言語道断だ。

「しっかりやすんで、しっかりはたらく。」・・・これでお願いします

========
WEDGE Vol.19 2007.1 を読むとこれに上梓しているライターたちの
才能にほとほと舌を巻く。すなわち
・着眼点
・先見性
・世の中(とくに産業)の状態の解釈
・表現者としての伝え方
などだ。軟化したプレジデントよかよっぽどいいな。

さて、朱色会は団塊の世代ではなくその子孫だけど2007年現象といわれる
大量の世代のリタイアメントにおける社会や産業の影響には大変に関心が高い。

客観的な表現としてあげていいかどうかまようが、下記の記述は
正鵠を得ていると思うのでごらん頂きたい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A3%E5%A1%8A%E3%81%AE%E4%B8%96%E4%BB%A3

ーーーーー
朱色会は、ある世代を『十把(じっぱ)一絡げ』に評することは
あまりいいとは思わないがなるほなどとおもうフレーズもある。すなわち

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%8D%81%E6%8A%8A%E4%B8%80%E7%B5%A1%E3%81%92&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=08190000

特徴
・強い競争心
・議論好き
・自立した人物はごく一部
・劣等感が強い

などである。これが悪いかどうかではなくその傾向は
他の世代より強力だということだ。

しかし、こうも思うのだ
・強い競争心を持ちながら、責任感がないとはどういいうことなんだ
・議論好きなのに、自立した人が少ないも若干矛盾がある

他責世代なのだろうか。だが、それならばなぜこの御仁たちが
『東洋の奇跡』を成し遂げられたのか疑問が沸く。

などと今年度ハジメテのマジメルな記事をAge↑て、おきます。
風邪を治してから、また、つづきを。

======

なお、WEDGE Vol.19 は読んでほしい。
いくつも感じる記事がある。わたしの大切なネタ帳のひとつだ。

お勧め記事
・高機能は売れない?市場に見放される日本メーカー
・ブログ・SNSで『まるはだか』ネット風評で企業・・・
・使いま選科
・3books
・山田日登志さんの文
・岩瀬達哉さんの文

これらを読むと下記のような文がインスパイヤーされる

『真の【美田】とはなにか』
『送り手のオーヴァースペックにうんざりなユーザ』
『目をみて発しない「声」は、対象に届く前に消える』

これで文章をかけるひとは多いんじゃナイ?

急いで開けたら、、、
・・・・財布のジッパーが壊れた(泣 1600円の小銭いれがぁ

・・・ごほん。ごほん。
から揚げたべたい(笑

↓むふふ。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BD%BD%C7%C4

↓おおぅ!
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=WEDGE&ei=

| | コメント (0) | トラックバック (3)

若者はうつけ者たれ!

「去年」の話で申し訳ないが

57th紅白を観た。「DJ OZMA」のパフォーマンスは、紅白のなかでも
抜きん出た『表現者としての才能の発揮』を感じられるものであった。

巷では「賛否両論」ではなく、【不否偏論】となっているようだ。
それに呼応するように、表面だけをみるブロガもたくさんいる(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A3%C4%A3%CA%A1%A1%A3%CF%A3%DA%A3%CD%A3%C1&ei=
『下ネタに走る紅白』など。

・・・しかし、朱色会は、そのまったく反対だね。

「若者は、これくらい演(ヤ)って、ちょうどイィ!!」

紅白(国民)のなかで「自分」を表現することになったこの男は
いろいろ考えたのではないか?

・初出場
・ファン
・紅白というもの
・伝えたいメッセージ
・(自分)だけが表現できること

=====
実は、紅白は、飽きられ始めている。いや、ことばを重ねておく。

『疎んじ』始められているのだ。

それは、視聴率という絶対的数字でも
あらわされている。小林幸子さんの「衣装」も
もはや水戸黄門の「印籠」とおなじだ。

紅白というものの「普遍的なもの」そのものが人を遠ざけているのである。

それに危機感を覚えるのは、特に「当事者」たちだろう
当事者とは、演技をするものたち、そして、それを伝えるひとたちだ。

「紅白そのものに風穴(かざあな)を空けねば」
「もう、お仕着せ・予定調和の舞台では、【お客様】は満足しない」
「紅白を、ぶっこわせ!」

などと思う者は、DJ OZMAさんだけではないだろう。

ーーーーーー
「事件」発覚後。

プロデューサいわく、ここまでやられるとは「知らなかった」とな?
うそつけッ!!

プロデューサも、すべてを知っていたのだろう。
プロデューサは、すべてを把握できているからこそ
プロデューさの任につけるし、その仕事を請け負えるのだ。
そして、この話にのったのだ。
それも、賞賛すべきものであるといっておこう。

もちろん。「フルいひとたち」へのお「言」「宅」(わ)びは必要だが。
そうか…それで「三宅」アナ起用かッ!!う、うまいッ(座布団3枚)

ーーーーーー
閉塞した社会。日本が、その状態であることは
だれもが認めることである。
そして、それを何とかしようと思っている人も数多くいる。

あの紅白にておきたことは「珍事」ではない。
起こるべくしておきた「変化」なのだ。
そして、このことは紅白の舞台以外でも、
2007年も起きることを願う。

あの舞台にたつダンサーをはじめとする表現者たちの笑顔は、
とても輝いていたことをつけ加えておく。

「若者たちよ!OZMAに続けッ!!」

P.S 中居くん。司会ヨかったよ。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%85%E7%99%BD+%E4%B8%AD%E5%B1%85&ei=UTF-8&fr=yie7&x=wrt&meta=vc%3D

・・・全てのネット言論者を向こうにまわしても、彼を弁護・応援する。

以下、引用記事。

====

DJ OZMA怪チン開チチ…第57回NHK紅白歌合戦

 ◆第57回NHK紅白歌合戦 大みそかに東京・渋谷のNHKホールで行われた第57回NHK紅白歌合戦は大荒れになった。「開チン宣言」していたDJ OZMAは本物こそ出さなかったが、“偽チン”に“開乳ダンサー”を引き連れるパフォーマンスでお茶の間を仰天させた。同局には放送中から抗議が殺到し、本番中に謝罪する一幕もあった。

 NHKが、目玉と考えていたOZMAのステージで、世間から“大目玉”を食らった。リハーサル初日から“開チン”を期待させ、ステージ上では2度の生着替え。仰天パフォーマンスは、女性ダンサー50人の“おっぱいモロ出し”だった。

 ダンサー全員が、リアルな裸のボディースーツを着て、さらには股(こ)間にキノコ。裸スーツは一見、本物と見間違えるほど。OZMA本人は股間に白い“モノ”の模型を装着して、公約を守った。

 だが、直後から「ふざけすぎ」「子供の見ている時間にふさわしくない」という抗議が殺到。約30分後、総合司会の三宅民夫アナが「(衣装で)誤解を与える結果になり誠に申し訳ありませんでした」と、異例の謝罪を述べる事態に発展。抗議は約1時間超で252件に上った。

 OZMA本人は、終了後に説明を求める報道陣から一度、逃走。番組終了後に「リアルに作りすぎちゃったかな。見てもらいたいという一心だった」と猛反省した。石原真プロデューサーは「本番まで(衣装を)知らなかった」と釈明。リハでは“裸スーツ”ではなくビキニを着ていた。OZMA独断の“暴挙”だったようだ。

 度を過ぎたリップサービスには北島三郎(70)も「張り倒すよ!」と激怒したが、最後はイリュージョンでOZMAにすり替わって登場するなど、2人の遺恨すら茶番とも言える。期待外れどころか、「歌重視」のコンセプトをも無視したもので、大きな波紋を呼ぶことになりそうだ。

 北島三郎「DJ OZMAに抗議が殺到? おれは下にもぐってたから、分からねえんだよ。リハーサルも別々にやったから、どんな演出かも知らなかった。彼(OZMA)のこともよく知らないしな」

2007年01月01日08時15分 スポーツ報知

ーーーーー(他のブロガのイケン↓。
http://katikakeru.blog86.fc2.com/blog-entry-17.html

| | コメント (0) | トラックバック (4)

「初買い」いってきました。

今日は、歳末大売出しの続編だ。(↓)
http://shuseki-kai.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_3913.html

「ほじぃ魔人」の何人かを倒すことができたので報告しよう。
いやッ、報告させてくださいッ!(笑

1)ちょいテレ(バッファローさま)
歳末大売出しでは、品切れだった。
ヨドバシカメラの商品充当能力は恐ろしさを感じる
12.30:千葉ヨドバシで売れきれ
1.1:仙台ヨドバシではもう店先に並んでいる
家電量販店として、すばらしい対応能力だとおもう。
その心意気に感じて、購入。10800円。

2)カメラ・DXレンズ(ニコンさま)
私はつけていなかったのだが、接眼目当てなどをつけると確かに
「やる気(撮影意欲)がでる」
ことが体感できたので、おとーとの真似をすることにした。
このような部品をさっと購入できるのも
「xxxxカメラ」を店の名前に冠するお店の強いところではある。
他の電気屋ではまねができない。
きっちり3部品とも、
・アイピースアダプタ(品番:DK-22)
・ファインダーアイピース
・接眼目当て(品番:DK-19)
購入できた。ブラボー!ヨドバシカメラ仙台店!!
…ただ、千葉店とくらべると、仙台店はカメラの実機がちょっと少ないかな?
カメラ店は、カメラ触れてナンボです。
電池切れの陳列品がいくつかありました。

DXレンズは、もちあわせ(諭吉)がなかったので、帰ってから千葉店で買うこととした。
弟にいわせると、DシリーズにDXレンズを装着していないのは
Nikonユーザとして「ありえない」のだそうである。
・・・そうだったのか。。。

ヨドバシの品揃えには恐れ入りました。年末年始ご苦労さまでした。(←まだ、終わってないって…
今年も利用させてもらおう。いやッ!
・・・利用させてくださいッ(笑

====
残念ながら、実家ではなぜかワンセグがVAIOで映らなかったのだ。
確実に映るエリア(にやり で、もう一度再トライして、商品評価報告をします。ちょいテレの!
今日はお買い物雑感でした。
オンまで、このようなぐだぐだ記事が続きます。

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=image:on+%BD%E9%C7%E4%A4%EA

ヨドバシブログ記事はこちら!(↓
http://blog.livedoor.jp/teramoevip/archives/50728881.html
・・・そのうちxx3は、懸賞プレゼント品としてお目見えしそうだな。。。(哀

写真つきはコチラ↓。
http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2007-01-03

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鮮烈なる「ゆ」-鳴子温泉

今日は、鳴子温泉にいってきました。。

「いやぁ~。いいゆでしたァ!!」

弟が仙台の温泉の専門家なので、とても助かる。
今日は、鳴子温泉。おそらく、朱色会は「はじめて」。

鳴子観光ホテルにおじゃましました。

老舗のホテルらしく、ラウンジをはじめとした施設はしぶい。

お湯だけは、お一人様1000円です。税抜き。

お湯場は3つ。

まず、おおきな湯船がどかんとある。

壮観たるおおきさ。そして、、打たせ湯が3つ併設されている。

2つ目は、露天風呂。しかし、露天というほど、見晴らしはよくない。
これは残念だった。塀が高いうえ、大きな屋根が空を隠しており、
開放感がない。それと、少し狭いかな。(8人くらいでいっぱいだろう)

3つ目は、上がり湯。ここだけ湯種が異なり、普通のお湯なのだ。

そして、お湯の講釈に入る。

硫黄泉である。硫黄分はどろりとはしていない、さっぱりすべすべタイプしかし、
特質すべきは、酸の強さだ。温泉好きにはこたえられないだろう。

洗い場にある炭のシャンプーなどでごしごしやってから、大風呂にはいったら、
全身をお湯がつねる。しばらくするとちりちり・ひりひりしてくる。

「おおぉぉぉぉぉおう。き、きくぅ~!」

自分の肌を見ると赤くなっていた。とても強い酸だな。でも

「き、きもちいぃ~」

大風呂はとても熱いので、首までつかっているのは10分くらいだろう。

打たせ湯か、ぬるめの露天風呂でじっくりと温泉の成分を体に浸す。

あがってからもしっかりお湯のぬくもりが体にうつっている。さっぱりした!

ーーーーー

お湯のあとは、「そば」(きっぱり)
売店の娘にうまいところを教えてもらった。

ホテルのまん前にある【小花】さんにお邪魔した。

私は、かも南蛮にしたけれど、おのおの家族が頼んだものを食べてみると。

・かけ
・たまごとじ(いずれも暖かい麺)
がおすすめです。

美味かったす。

帰りは、お湯にあてられて睡魔がおそってきました。
鳴子のお湯はヘビーですので、それなりの対策と計画で訪れてみてください。

いままで入った温泉のなかで1、2を争うヘビーさでした。

「鳴子って、こんなにいい湯だったのか!!」

今日は、鳴子温泉でした。堪能しました。
おやすみなさい。

↓)他のブロガさんのイケン。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=image:on+%CC%C4%BB%D2%B2%B9%C0%F4

| | コメント (0)

2007初心表明

あけました。おめでとうございます。

朝、目が覚めたら、次の言葉が浮かんだ。

自由なる孤独<束縛のある絆。

今年のテーマとしたい。

会ってない人とは直に会う。

話をしていない人とは直に、話し合う

やってみたいことは、とにかくやってみる。

これをやっていこう。

とはいえ、あんまり突き進めるといいことがない。
猪をやるときは時(とき)を考えねば。

マイ・ペース。ユァ・ペースを旨としたい。

それでは。今年もよろしく。

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BD%E9%BF%B4%C9%BD%CC%C0&ei=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »