« 行動(言動)は心根からくるPart.2 | トップページ | 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 »

KM vs 「知識防御」

きょうは、ちょっちマジメルな話を。といってもちょっと

やることができたのでもしかすると明日のUPになってしまうかも。

では。

タイトルだけでああ、あれかという方はとても企業内をわかっている。

~~~~

KMとは、↓のものである。
http://www.weblio.jp/content/KM

これ、意外と笛吹けど社員踊らずでなかなか進んでいないのが現状だ。

実体験エピソードを添えてその理由について少し書いておく。

以前は、朱色会もKM推進派だった。
仕事のノウハウを共有化し、その情報を強化していくことで
その組織のアウトプットを上げる。至極当然のことではないと思っていたが
なかなか社内でもすすまない。

同僚になぜかときくと「ばかかおまえは!」との応答。

スキルを吸い上げられて、かさかさになってぽいにされるのがオチだろう

だと、かさかさってなあ。

他の人も同イケンの人がおおかった。これは自己の担当分をブラックボックス化することで、自分の職務というか場所を守るという防御本能だという。

確かに、ITに仕事って「知っていればでき、知っていなければできない」って

もの多いとはおもうけどねえ。

ブラックボックス化はWEDGEなどでも指摘されている派遣に頼りすぎてその仕事のセクションがブラックボックス化し、特定の派遣に頼らざるをえなくなったり、あまつさえ、それを盾に値上げ要求される実例があると書いていた。

これは、その会社のKMについてのミスリードといえるだろうな。

抱え込んで守っている「技術」ってITは犬をやっているのであって

陳腐化するのがはやいのだ。それでもしっかと離さないものをよく見かける。

業務の規定化・マニュアル化が進まないのもそのせいである。

「余人をもって変えがたい人材になれ」なんていうからそれを曲解した社員が

このようなことに走ってしまう。

これへの対策は、入れ物に先に入れたもん勝ち(評価が高くなる)を完全に履行することだろう。そうすればわれもわれもと情報はあつまってくる。

会社が推進するKMにサボタージュで対応する社員についてはよくよく趣旨を説明すべきだろう。説明もなしにいれろったっていれりゃしないよ!

わかった?おやすみ。(オレ、誰にいってるんだろう?

よろしけば↓もお読みくださいませ。(意外とみんな書いていないねぇ。。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%CD%BE%BF%CD%A4%F2%A4%E2%A4%C3%A4%C6%CA%D1%A4%A8%A4%AC%A4%BF%A4%A4&ei=

|

« 行動(言動)は心根からくるPart.2 | トップページ | 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/5130333

この記事へのトラックバック一覧です: KM vs 「知識防御」:

« 行動(言動)は心根からくるPart.2 | トップページ | 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 »