« 映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ダマされる視聴者が悪い。以上。 »

映画「愛の流刑地」

冬香は、幸せだったろうか?・・・・「Yes」。

この映画は、正直なところとてもレビューしにくい。
いままでの映画は、自分の体験から通じる話ができるものだったが
それが一縷もないからだ。いや・・・あるのだろうか?
いや・・・ある。
あるから書きにくいのか?
いや、ないだろう。あると思い込みたいだけなのだろう。

最愛の人は、家庭があるなしに関わらず現れる
映画のなかで女は2タイプあるとママさんとトヨエツが
話していたが、ああいう話でいうならば他の例えをだしてみる

最愛の人が現れたとき、それにどう対処するかということだ

100人中97人は、
自分の持つ「今」の責任を鑑みて踏みとどまる。それが普通の
対応だ。ま、端的な話『我慢を』し拒絶するわけなのだが
その女の代表は、劇中のなかでは美雪(女検事)だろう
一般的にはこれだ。
「橋」は渡らない。そして後悔だけはずっとその人を苦しめる

そして、100人中2人は、その「橋」を渡りきってしまう。
…もともとの2つの家庭は崩壊する。
劇中ではでてこない

そしてあと一人は…橋の途中で立ち止まってしまう
もともとの家族を裏切れない自分と
最愛の人との逢瀬に身をゆだねる自分の
両方を抱え込むことになる。
冬香である

この世に果たして何人の
『冬香』がいるのだろうか?

不倫は、ゆるされないがどうにもならない恋というものが
どの世にも発生するものだ。だから、このような『話』が潰えることがない

美雪は冬香を蔑んでいたのか?
いや、むしろ羨ましさを感じていたのかもしれない。

現実社会において、その『危機』がおきるときは、どちらかが
相手の想いを推しとどめるものだ。しかし、菊治は美雪の手をひっぱって
しまった。

======
菊治は、幸せになったのだろうか?・・・・『No』。

「貴方は、殺されたいほど人を愛したことがあるのか!」

冬香は、どうにもならないこの世の精算をするべく、
一度菊治に心中を持ち賭けるが、そのかわしかたが
さらに冬香を追い込むことになった。

このあたりから菊治と朱色会はちょっと考え方がちがうな
と想い始めて感情移入が難しくなっていった。

愛する人を殺す?

うーーむ。かわしたセリフが耳に残っている。それと犯行が
どうしても合致しない。

「ずっと生きていたい。君といっしょに。」

問いかけに対して、いろいろ自分のおんなに言えることは
あったのではないかとはおもう。

ころしてといわれてころしてはせわない。

さて、映画の話にもどそうか?

=====
しのぶ。おまえこんなにすごい女優だったのか?

冬香を演るために生まれてきたようなはまり役だったと思います。
冬香そのものに成りきっていた。

=====
トヨエツもすごかったねぇ。いくつもの血を吐くようなセリフは
観客の心に突き刺さる。本映画を代表作としてもいいのではないか?

~~~~~~~
わるかった演技者

2人の滑舌の悪い弁護士と検事はホントにミスキャスト。
映画の緊張感がきれてしまうほどで、
なんでこの演技でOKがでたのか不思議なくらい。

よかったもの

夕日・朝日・紅葉などを織り交ぜた映像表現。
2人の心の感情がよりいっそう引き立っておりました。

トヨエツのシャツがいつもぱりっとしていたのは拘留・係争中の被告としては
不自然なきもしたが娘さんが毎日着替えをもってきののでしょう。

・・・そして、残されたひとびと

トオルさんの演技については私よりも(↓
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id325798/rid158/p3/s0/c21/

評価:83点

皆さんにお勧めしますというセリフがでないけど。
不倫というものを深く考えさせられる映画となっています。
今不倫中の方々も。そして「不倫」に気がついていない方々にも
いろいろな面で考えることができる映画です。

いささか総括が不確定ではあるけれど、今夜はこんなところで。

|

« 映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ダマされる視聴者が悪い。以上。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私はこの映画は見ておりませんが、日経新聞に連載されていた原作は途中まで読みました。
正直言って、頭で考えたストーリーのような気がして、感情移入できませんでした。
原作では、事件があったところがピークで、あとの裁判沙汰は妙にかったるかったですね。
なぜこんなに長々だらだら続くのかという印象でした。
はたして、映画ではどうなっているのでしょうか。
といっても、私はあまり見る気にはならないのですけれどね。

投稿: 佐藤直曉 | 2007年1月22日 (月) 11時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/5024532

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「愛の流刑地」:

» ディパーテッド -THE DEPARTED- [映画 DVD 気ままなブログ]
大ヒット香港映画「インファナル・アフェア」をハリウッドでリメイクしたサスペンス。 警察に潜入したマフィアの男(マット・デイモン)と、マフィアに潜入した警察の男(レオナルド・ディカプリオ)、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 23時42分

« 映画「それでもボクはやってない」 | トップページ | ダマされる視聴者が悪い。以上。 »