« 「初買い」いってきました。 | トップページ | 団塊の世代-序論 »

若者はうつけ者たれ!

「去年」の話で申し訳ないが

57th紅白を観た。「DJ OZMA」のパフォーマンスは、紅白のなかでも
抜きん出た『表現者としての才能の発揮』を感じられるものであった。

巷では「賛否両論」ではなく、【不否偏論】となっているようだ。
それに呼応するように、表面だけをみるブロガもたくさんいる(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%A3%C4%A3%CA%A1%A1%A3%CF%A3%DA%A3%CD%A3%C1&ei=
『下ネタに走る紅白』など。

・・・しかし、朱色会は、そのまったく反対だね。

「若者は、これくらい演(ヤ)って、ちょうどイィ!!」

紅白(国民)のなかで「自分」を表現することになったこの男は
いろいろ考えたのではないか?

・初出場
・ファン
・紅白というもの
・伝えたいメッセージ
・(自分)だけが表現できること

=====
実は、紅白は、飽きられ始めている。いや、ことばを重ねておく。

『疎んじ』始められているのだ。

それは、視聴率という絶対的数字でも
あらわされている。小林幸子さんの「衣装」も
もはや水戸黄門の「印籠」とおなじだ。

紅白というものの「普遍的なもの」そのものが人を遠ざけているのである。

それに危機感を覚えるのは、特に「当事者」たちだろう
当事者とは、演技をするものたち、そして、それを伝えるひとたちだ。

「紅白そのものに風穴(かざあな)を空けねば」
「もう、お仕着せ・予定調和の舞台では、【お客様】は満足しない」
「紅白を、ぶっこわせ!」

などと思う者は、DJ OZMAさんだけではないだろう。

ーーーーーー
「事件」発覚後。

プロデューサいわく、ここまでやられるとは「知らなかった」とな?
うそつけッ!!

プロデューサも、すべてを知っていたのだろう。
プロデューサは、すべてを把握できているからこそ
プロデューさの任につけるし、その仕事を請け負えるのだ。
そして、この話にのったのだ。
それも、賞賛すべきものであるといっておこう。

もちろん。「フルいひとたち」へのお「言」「宅」(わ)びは必要だが。
そうか…それで「三宅」アナ起用かッ!!う、うまいッ(座布団3枚)

ーーーーーー
閉塞した社会。日本が、その状態であることは
だれもが認めることである。
そして、それを何とかしようと思っている人も数多くいる。

あの紅白にておきたことは「珍事」ではない。
起こるべくしておきた「変化」なのだ。
そして、このことは紅白の舞台以外でも、
2007年も起きることを願う。

あの舞台にたつダンサーをはじめとする表現者たちの笑顔は、
とても輝いていたことをつけ加えておく。

「若者たちよ!OZMAに続けッ!!」

P.S 中居くん。司会ヨかったよ。
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%85%E7%99%BD+%E4%B8%AD%E5%B1%85&ei=UTF-8&fr=yie7&x=wrt&meta=vc%3D

・・・全てのネット言論者を向こうにまわしても、彼を弁護・応援する。

以下、引用記事。

====

DJ OZMA怪チン開チチ…第57回NHK紅白歌合戦

 ◆第57回NHK紅白歌合戦 大みそかに東京・渋谷のNHKホールで行われた第57回NHK紅白歌合戦は大荒れになった。「開チン宣言」していたDJ OZMAは本物こそ出さなかったが、“偽チン”に“開乳ダンサー”を引き連れるパフォーマンスでお茶の間を仰天させた。同局には放送中から抗議が殺到し、本番中に謝罪する一幕もあった。

 NHKが、目玉と考えていたOZMAのステージで、世間から“大目玉”を食らった。リハーサル初日から“開チン”を期待させ、ステージ上では2度の生着替え。仰天パフォーマンスは、女性ダンサー50人の“おっぱいモロ出し”だった。

 ダンサー全員が、リアルな裸のボディースーツを着て、さらには股(こ)間にキノコ。裸スーツは一見、本物と見間違えるほど。OZMA本人は股間に白い“モノ”の模型を装着して、公約を守った。

 だが、直後から「ふざけすぎ」「子供の見ている時間にふさわしくない」という抗議が殺到。約30分後、総合司会の三宅民夫アナが「(衣装で)誤解を与える結果になり誠に申し訳ありませんでした」と、異例の謝罪を述べる事態に発展。抗議は約1時間超で252件に上った。

 OZMA本人は、終了後に説明を求める報道陣から一度、逃走。番組終了後に「リアルに作りすぎちゃったかな。見てもらいたいという一心だった」と猛反省した。石原真プロデューサーは「本番まで(衣装を)知らなかった」と釈明。リハでは“裸スーツ”ではなくビキニを着ていた。OZMA独断の“暴挙”だったようだ。

 度を過ぎたリップサービスには北島三郎(70)も「張り倒すよ!」と激怒したが、最後はイリュージョンでOZMAにすり替わって登場するなど、2人の遺恨すら茶番とも言える。期待外れどころか、「歌重視」のコンセプトをも無視したもので、大きな波紋を呼ぶことになりそうだ。

 北島三郎「DJ OZMAに抗議が殺到? おれは下にもぐってたから、分からねえんだよ。リハーサルも別々にやったから、どんな演出かも知らなかった。彼(OZMA)のこともよく知らないしな」

2007年01月01日08時15分 スポーツ報知

ーーーーー(他のブロガのイケン↓。
http://katikakeru.blog86.fc2.com/blog-entry-17.html

|

« 「初買い」いってきました。 | トップページ | 団塊の世代-序論 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4792375

この記事へのトラックバック一覧です: 若者はうつけ者たれ!:

» 周りの知り合いに人気のあるオーディションサイトがある [オーディションサイト]
色々なオーディションをやっている [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 08時57分

» DJ OZMAの紅白歌合戦映像 お詫び付き [包茎相談室:包茎を克服する方法]
こんにちは。DJ OZMAやってくれましたね。見逃したあなたはこちらからどうぞ。... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 01時49分

» 韓国歌手自殺 OZMA「ショック」 [得ダネ情報サイト]
韓国の女性歌手ユニさん=本名ホ・ユンさん=が自宅で首をつって死んでいるのが見つかったことについて、歌手のDJ OZMAさんが、ブログでコメントしました。「かなりショックだな。こういう悲しすぎるニュースはあまり聞きたくない」「今はただユニのご冥(め...... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 22時13分

» OZMAの全裸スーツ発売!? [電撃ニュース(芸能とか)@YUICHI ]
全裸スーツは女性バックダンサーのもので、けしてOZMA仕様ではありません、すいません。昨年のNHK紅白で物議を醸したDJ OZMA(オズマ)(年齢非公表)の女性バックダンサーが着ていたヌードスーツが、宴会芸グッズとして発売されるそうですw製造は都...... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 14時13分

« 「初買い」いってきました。 | トップページ | 団塊の世代-序論 »