« 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 | トップページ | SUCCESSはサクセスしなかった。 »

たつとり、とどまるとり。

この会社に入って二人目の『先輩』は、明日からいなくなる。

契約が解除された。

明日からは、朱色会ひとりでやっていく。こころぼそいな。

悪びれず、しっかりと毅然と引き継ぎを行なってくれた。

私が同じ立場であったならば、とてもこんな態度はとれないだろう。

見習うべきことである。

笑って、あの人は自分の職場にもどる。5年ぶりに。

暖かく迎えてほしい。できれば労いと誉れのことばそして、

『オカエリナサイ』をいってあげてほしい。

私は、ひとり、とどまる。

わたしのかわりが現れるまで。おやすみ。

|

« 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 | トップページ | SUCCESSはサクセスしなかった。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/5152685

この記事へのトラックバック一覧です: たつとり、とどまるとり。:

« 死に急ぐ「工業製品」たち:副題『GEAGAM慕情』 | トップページ | SUCCESSはサクセスしなかった。 »