« 酷い風邪 | トップページ | 「ボンドバナ」 »

三人騎馬

三日三晩も鼻から(↓)のようなものがでると、滅入るものである。

http://www.toolfirst.jp/sokkan/k_g17.htm

咳は大分収まってきた。しかし、(↑)はひっきりなしにまったなしに、出てくる。鼻をかみ過ぎて脱水症状気味

である。

嗅覚を奪われると、勢い食欲も奪われることがわかった。

メシ時になって、おなかがなんかよこせーと唸るのだが
匂いがわからないので頭が食べたいと思わないのだ。

一食。ヨーグルト一個とか、おにぎり一個がせいぜいだ。
2,3日こんな調子だから、怪我の功名で体重は大晦日に戻った。

http://blogs.yahoo.co.jp/hakuba0217/45682334.html

・・・こんなんじゃいけない

と思いたち、くいどんに(ひとりで)いってきました。
…ひ・と・り・で(泣
焼肉です。2000ちょいでけっこうボリュームがあった。

しかし、これは改善してほしいなとおもったことが1点。

…たれが1種類なのはいいです。
どのお店もオリジナルのたれで勝負しているのはわかるけど。

なんで、ピリ辛(唐辛子いり)なんだよ。
朱色会の好みは、和牛のたれっていうしょうゆ味なんだよね

肉の味がよくわかるし、

ピリ辛だと、最初はいいのだけれど、あとから、口の
中がヒリヒリしてきて汗が噴出すし、なにしろ何の肉を
くっても味をたのしめなくなる。
こんなタレは、韓国焼肉のお店でもでないよ。

部位ごとに味を楽しみたい。

えッ?だったらたれつけないで食べればいいじゃないかって
・・・・そうかもね。

ま、いずれにしろ体調は完全とはいかない。
したがって今日のヨーガもなし。ぐすん。残念である。
さて。本題。

===========
(引用記事)
高齢者1人の年金支える現役、初めて3人割る
1月16日15時45分配信 読売新聞

 高齢者1人の公的年金を何人の現役世代で支えているかを示す「年金扶養比率」が2004年度に、厚生年金と

国民年金でともに初めて「3人」を下回ったことが、厚生労働省がまとめた公的年金財政状況報告でわかった。

 高齢化の進行に伴い、現役世代の負担が重くなっている。

 年金扶養比率は、保険料を負担している加入者数を、年金の受給権者数で割ったもので、年金財政の特徴を示す

指標として用いられている。04年度報告によると、厚生年金扶養比率は2・91人(03年度3・0人)、国民

年金は2・96人(同3・05人)となり、いずれも3人を割り込んだ。

 1995年度の扶養比率は、厚生年金は4・98人、国民年金は4・15人で、この10年間で年金の“支え手”

の負担は1・4~1・7倍になったとも言える。

最終更新:1月16日15時45分(引用記事おわり。読売ありがとう。)

ーーーーーーーーー
こういう記事を読むといつも思い出すのがあのCMだ。
(YouTubeで検索中。

このような試算は、冷徹にさらなる未来を算出してしまう
4人で構成されている騎馬。それが3人になったという事実。
それはどうなるのか?

私たちが、騎馬戦をやる『お年ごろ』になったときは・・・・

「え?馬ですか?ありませんよそんなもん。」

私たちは、兎にも角にも長生きするようになった。

いろいろなことを準備しておく必要はあるなとは思ったね。

『風邪、早く治そ。』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E6%88%A6

わかものたちは、「ものごと」を深く考え『られ』なくなったのではない
考えるのを『やめた』のである
ーー朱色会ーー

・・・気がヘンになるからだ。

他のブロガさんのイケン↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%C7%AF%B6%E2%C9%DE%CD%DC%C8%E6%CE%A8&ei=

ナニコレ?(↓
http://www.youtube.com/watch?v=p8diDrQoZcQ&mode=related&search=

こんなのみつけた。↓
http://www.youtube.com/watch?v=fftTQnNZ9RA&NR

|

« 酷い風邪 | トップページ | 「ボンドバナ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/4956295

この記事へのトラックバック一覧です: 三人騎馬:

« 酷い風邪 | トップページ | 「ボンドバナ」 »