« 映画「ディア フレンズ」 | トップページ | 朱色会の次期主力戦闘機 »

もう、CodeMakerはイラナイ。

ジムのあとで。今日はヨーガじゃあ。先週は遅れて顰蹙だったんだ。

~~~~~~

今日は、ちょっとニッチな話題で書く。

わたしはかつてソフトウェア技術者だったのでそのことについて思うことをかく。贈り手はそう、現役プログラマと
ソフトウェア技術者を目指すひとびとである。

~~~~~~~
ソフトウェア技術者の醍醐味は、ソフトを作ることだと思う。
たった、数1000ステップのプログラムでも、動いたときは
至高の喜びを感じるし、出来たプログラムは、出来の悪いこども
のように親近感を覚えてしまう。

その喜びに興じてしまうとほかの事に関心がなくなっていく。
例えそれが、給料をもらっている仕事だとしてもだ。

ずっとそれだけをやっていきたいとおもうものだ。

それは朱色会とてよく解ることなのですが・・・
・・・・それじゃ、ダメです。

~~~~~~~
もし、君がソフトウェア技術者としてどこかの会社に入社し、
先輩達にしごかれながらも仕事を覚え、プログラムを作成するようになったとする。

1日の仕事で、PCを仕事の相棒として
一日の半分以上を、コーディングとデバックに費やして
いるのだとしたら、それは、5年で「卒業」して欲しい。

じゃ、何をするのか、それは
コーディングをすることではなく、企画書を書くことであり、
デバックをすることではなく、外注の進捗・コスト管理をすることである。

「え、つまんなそう。」

・・・そう、つまんない。実は。
それに大変に難しいことなのだ。

パソコンは「指示通り」に指令すればそのとおりに動いてくれるが
人間(客・上司・部下・派遣外注)はそうはいかない。

=======
ぐわ~~いやだぁ~

という方おおいだろう。ITを志したとき、パソコンならば
人間(他人)と付き合わないで仕事ができるとちらりとは思っただろう。
だが現実には、画面の向こう側にいる人間を相手にせざる
を得ないし、彼らからお金をいただけるのである。

さて、なぜ好きなことだけやっていけなくなるのか?

プログラマは工場でいえば製造ラインなのだ。

製造業の業態変化はしっていると思う。

メーカを志し、機械いじりがすきで入社したほとんどの人間は
世界のEMSをコントロールすることに忙殺されている

~~~~~~

ITも、製造業と同じ道を急速に歩もうとしている

ソフトウェアEMSが、韓国・中国・インドなどで
バンバン立ち上がりつつある。彼らの製造能力と
ハイコストパフォーマンスとくらべたら、君の製造能力
など比べるまでもないことなのだ。

ITでソフトでメシをくっていきたいならば、
人使い・企画・金の管理(利益だす)ということが
できる人に高い給料が支払われる。

そのためには、「大好きなプログラミング」
は卒業しなければダメってこと。

~~~~~~~~

・・・だいぶはしょっちゃったね。

もし、君の職場にならぶPCの画面が
いつまで経ってもプログラムコードを映しているだけならば
転職したほうがいいな。

そこは、いずれ、海外のSW-EMSに跡形もなく飲み込まれ
影も形もなくなるだろう。

きみは、自分の魔術(Code)に自信をもっているだろうけど・・・・
もう、Codemakerは、イ・ラ・ナ・イ

おやすみ。

EMSについては、コチラで。↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=Electronics+Manufacturing+Service

|

« 映画「ディア フレンズ」 | トップページ | 朱色会の次期主力戦闘機 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/5237619

この記事へのトラックバック一覧です: もう、CodeMakerはイラナイ。:

« 映画「ディア フレンズ」 | トップページ | 朱色会の次期主力戦闘機 »