« 401葉:右耳の危機 | トップページ | 403葉:休日雑記-ブリ12ヶ月定検&お買い物(iPodバチモン+エアロ用激安グラボ)&三元豚(長ッ! »

402葉:映画「天国は待ってくれる」

鑑賞記:「世代を越えて輪廻する純真で不器用なトライアングルたち」

先週の3連休にて、お目当ての映画はすべて観てしまった。
もよりの駅に張ってあるポスターに目をやる。

「『天国』か・・・てんごく。いいなあ天国かぁ…これにしよう。」

~~~~~

エンドロールが、読めなくなった。

・・・この体験を最後にしたのは、いつの映画だったろうか?

前半のたどたどしさは、今年初の「途中退場」か?とふと思ったが
後半盛り返し、ラストは怒涛のダム決壊がまっていた。
この映画、観客として観るには胆力がいるが、最後には観客にたくさんの
プレゼントが用意されている。
おすすめします。ご覧ください。

=====

ひとつの幸せがうまれたとき、
ひとつ以上の哀しみがうまれる
ーー朱色会ーー

私たちは、このことをよくよく知っている。
なぜそれが起きるのか? ある人を好きになる人は
「ひとりではない」からだ。

舞台は、築地。

この風景も、数年後にはなくなる。(↓
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C3%DB%C3%CF%20%B0%DC%C5%BE

蟹江さん。ぶっきらぼうながら暖かい河岸の男を演じる。

いしだあゆみさん。
「もうひとつの結論」を出したおんなを演じる。いつまでもチャーミングな人だ

・・・様々な人の想いが交錯する

恵梨香もだいぶ「人」を演じることが上達してきた。
http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2006-11-03

綾。「宇宙一美しいおでこ」は健在。
『友情とやら』に翻弄されるおんなを確かな演技力で、私たちを魅せてくれる。

http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2006-10-21

イノッチ。(写真なし)
(いつものことながら、V6の兄さんの写真がない。…事務所の圧力だろう。どう考えてもファンの心を踏みにじる行為である。(怒
イノッチにとっては、この現場はいい勉強になったのではないか?

最後(トリ)は、清木場(きよきば)俊介。
「天は二物を与えず」ということばは、彼には通用しない。
初出演とは思えない堂々たる振る舞い。とてもよかった。また出てほしい。
http://shopping.yahoo.co.jp/p:518867:domain=music;page=

評価:87点

~~~~

いつの時代も、「トライアングル」は存在する。
貴方も『その一部』だった時節があるはず。
(そのときの想い)が蘇る。

この国の音の筆頭である音と次で構成される言葉
【愛】
『相』
「哀」
私たちは、現実のなかでもうすこしこの言葉を大切にするべきだ
そのことを、劇場をでるとき思い起こした
悠久の時の流れのなかで、人と人は出会い、愛し、…そしてお別れがくる
その繰り返しだ。そのなかの一つを、築地という町でおきたことを
切り取った物語。

・・・朱色会にとってこの映画は、そのような映画でした。

すがすがしい(春)のような風が、朱色会の心に吹き込んできた。

最後に読者にいっておきたいことがある。
題名のことばは、実は、正しくはない。

「天国は、『ここ』(現世)にある。」
この世において、【貴方の天国】をもとめてください。

他の鑑賞した方のイケン(↓)
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id326154/
http://movie.goo.ne.jp/review/movie/MOVCSTD10126/index.html?flash=1

(V6の兄さんの写真がない。イノッチ。。。
やけくそ
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=15554

(校了)

|

« 401葉:右耳の危機 | トップページ | 403葉:休日雑記-ブリ12ヶ月定検&お買い物(iPodバチモン+エアロ用激安グラボ)&三元豚(長ッ! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/5379654

この記事へのトラックバック一覧です: 402葉:映画「天国は待ってくれる」:

« 401葉:右耳の危機 | トップページ | 403葉:休日雑記-ブリ12ヶ月定検&お買い物(iPodバチモン+エアロ用激安グラボ)&三元豚(長ッ! »