« 418葉:【プチノロ】に罹りました。 | トップページ | 420葉:『君がッYo!!』 »

419葉:人の話を聴けない人は、自分の話も聞いては貰えない

また後で。ちょっと疲れ気味。

今日は、ヨガできませんでした。ある理由により遅刻でスタジオに入れんかった

====

タイマンの会議など、そうそうあるものではない。
とても有意義だった。話の内容ではなく、話し方について少し書いておく。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A5%A4%A5%DE%A5%F3

私は、人と話をするとき、ある準備をしておく。
ま、このブログでもやっているんだけど。漫然と時間をこなすのが
いやなのだ。必ず相手にぶつける「ことば」を用意しおく。
すると会議が無為にならずに後から検証できるのである。

今回の相手へのテーゼは、「もっと主導的にやったら?カンセツとか関係なく」
・・・てところだね。

管理部門っていうのは、プロフィット部門に頭が上がらないもんだと
思っている。「おおいなるまちがい」である。

カンセツがいるからこそ、プロフィットは「稼ぐ」ことに専念できるのだ
朱色会は、フォワードも後衛もやっているのでこのことはよく理解できる。

どちらかしかやってない人は、人の畑がよく見えたりするものだが
そんなことはないのだ、苦しみ・楽しみもさほどは変わらないことを
体験・経験でしっている。あくまで、自分の守備範囲を全うして、
あとはもちつもたれつだろう

「食わせてもらっている」だと。嗚呼。

自分(たち)を敢えて卑下して行動することはないのである

~~~~~~

さて、今日のお題は、話の中身ではなくて話し方。

相手に自分の考えをわからせるためには、相手の言い分をきっちり
聞くことが肝要なことだ。これは演技論というかパフォーマンスも
踏まえて習得しなければならないことである。

・相槌
・頷き
・相手がしゃべりきるまで、こちらから口を挟まない

などは基本中の基本である。それをやらないものの会話(いったこと)
など、会議が完了後5分で忘れ去られてしまうことをいっておく

朱色会などはその手法の代表だ。現実に、今日の議題の
相手のいいたい主題(わたしに何を云わんとしたのか)がココロに残っていない。
(指示はメモに残したと記憶しているから、
明日読み返せば、思い出すだろう。

相手が自分の言いたいことを聞いてくれている
あるは引き出してくれていると思わせなければ、話は「深化」しない

応用編でいうと
会話のなかの半分は、「双方の質問」であるのが望ましい。

たとえば
「・・・・さんのいっていることはxxxxってことですか?」
「xxxのxxxxがよくわからないのでもう少し説明してくれませんか」

そのような応酬により、相手のいっていることの理解が進んでくるのである。
ま、とはいえ今回のような月次でのコミュニケーションでもないよりはましだね。

朱色会は、1年以上自分の所属する会社の会議とやらにでたことないから。

今日はカルメ焼きで、おやすみ~

|

« 418葉:【プチノロ】に罹りました。 | トップページ | 420葉:『君がッYo!!』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 418葉:【プチノロ】に罹りました。 | トップページ | 420葉:『君がッYo!!』 »