« 425葉:ウィークリー・ガール | トップページ | 427葉:メタボリックなポリスマンたち »

426葉:赤い月

ジキニン・ゴールド&鼻炎カプセルでも出て行かなかったカゼが

ママさんに教えてもらった寝酒すなわち
SAKE OneCUP OZEKI&乾燥やわらかくんさき であっさり出て行った。

オレのカラダっていったい。。。。

さて、今日は、大変ヘビーなブログとなりそうだ。楽しみに待っていてほしい。
さっそくエナジー・ヨガをがっちりやってきます。その後UPします。

~~~~~~~~~~

人間の日常の体は、緩んだ靴下のようなものだ。
それで、ヨガをやるとぴちっと履いたすぐあとの皺のない状態となる
・・・ヨガとはそのようなものだと思う。

それでははじめる。

非正規雇用と正規雇用の条件を合わせていくのが今回の春闘の
テーマであることについてまずひとこと。(↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%BD%D5%C6%AE%A1%A1%C8%F3%C0%B5%B5%AC%B8%DB%CD%D1&cop=
・・・確かに同じ仕事場で、同じ質の仕事をしていて
異なる給料(本給)というのは、軋轢もでるし、
低いほうのモチベーションの維持が難しいとは思うが。。。

大変勲章で、美しい理念だと思うけど。。

経営側からすると
『え。。。ホントにやっていいんですか?』というのが正直な本音だと思う。

対応策はいろいろある。正社員化でもなんでもいいんだけど。

正社員Aさん:100%
非正規雇用Bさん:80%→100%

ということを組合員のみなさんお考えならば、天地真理。

正社員Aさん:100%→90%
非正規雇用Bさん:80%→90%

だよ。これは、なぜかというと、総原資(おさいふの中身)は
絶対に変わらないからである。そのへんの話ははっきりと
しないまま進む可能性があるから、きちんと執行部に
説明を求めておいたほうがいいと思う。ちゃんと答えて
くれるかはあなたの質問しだい。

賃上げって結局の処は『配賦』のさじ加減の話だからね。

パイ(←おぱいではない
の大きさをどうこうするという話ではない。春闘とは

もう大きさが確定して決まっている
パイ(←おぱいではないです
の切り分けかたの問題です。ハイ。

~~~~~~~
赤字に鈍感はNG。

大きな事業部が、小さく分割されたことについて
そのなかの構成員は、よく自分の立場を考えたほうがいい。

企業は、船のような共同体である。
船長から、水兵まで、役割がいろいろある。

朱色会ののっている船(会社)は300名程の木っ端船だから、
「乗組員」はみんな総じて真剣だ。自分の乗っている船が沈没しないように
みんな足掻いている。(と、信じている

これが1000人を超えるようになると
どうにもつぎのような甘いを考えをもつようになる

『自分の乗っている船が沈もうとも、
 隣の船が溺れかけている【私】を引き上げて乗せてくれるだろう。』

「んなことない。」
あ・り・え・な・い です。

特に、事業部というものにそれが顕著に現れる。
事業部を、ひとつの会社であるとしよう。
2期つづいて赤字とは、2度目の不渡りを出したと同義なのだ。
2度目の不渡りの意味がわからない方は、
…Webなどで調べてください。
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%EF%BC%92%E5%BA%A6%E7%9B%AE%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%B8%A1%E3%82%8A&fr=msie7&ei=utf-8

「黒字化を死守せよ。」全員で。ひとつき、ひとつきが勝負だ。
もうちょっと言葉を厳しくしておこうかな。いちにち、いちにちが勝負だ。

自分の乗っている船が、乗せられたにしろ、乗りたくなかった船にしろ
沈没しないようにすること、どこの港にいって商売をするのかは
乗ったものすべての責任だ。

緊張感をもって操舵してほしいね。(オレ。誰にいってるんだろう。
今は、どの会社も「見えない嵐」の中に翻弄されとるのだ。
『嵐』がみえない?

・・・おやすみ。

|

« 425葉:ウィークリー・ガール | トップページ | 427葉:メタボリックなポリスマンたち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 425葉:ウィークリー・ガール | トップページ | 427葉:メタボリックなポリスマンたち »