« 476葉:ガリガリ君と「どっちらけ」さん | トップページ | 478葉:泉ボタニカルガーデン »

477葉:すべては、微笑みから始まる

仙台に帰省してます。
新幹線はやはり激混みだった。。。

私の仕事は、他人の不幸から始まる。

PCが動かない
メールが送れない
インターネットがつながらない

など、お客さんの苦しみ・嘆き・悲しみからトリガーがかかる

私と同様な職業がある。医者である。

よって私は、一刻も早く顧客の苦しみ・嘆き・悲しみを取り除く義務があり

それが私の仕事のアウトプットだし、価値なのだ

よってやってくるお客は私がいう第一声はこれだ

「どうしましたか?」

医者が患者としてやってくる客にいう言葉と同じなのだ。そのときにもうひとつ

心がけているのは

笑い(微笑み)

患者は、苦しみ・悲しみ・焦り・怒りなどを抱えてやってくるのだ

そのとき、応対する私は、それを緩和する応対をしなければならない

その効果的な対応は

お客を安心させることだろう。そのため笑いは欠かせない

それにより、まず、状況の改善の前に、顧客の心の改善ができるのだ

貴方も類するお仕事をされているのならば、これにより客の信頼を勝ち取れる。

「すべては、微笑みから始まる」のである。

|

« 476葉:ガリガリ君と「どっちらけ」さん | トップページ | 478葉:泉ボタニカルガーデン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/6292603

この記事へのトラックバック一覧です: 477葉:すべては、微笑みから始まる:

» 団塊世代 さだまさしの小説眉山 [団塊世代 さだまさしの小説眉山 ]
さだまさし 小説眉山(徳島の山) 映画化され、皇后が試写をご覧になったという、さだまさしの小説初めて読みました。さだまさしがほかにも小説を書いているのかは知りませんが、文庫本で、1時間ちょっとで読み終わりました。感想彼の音楽(歌)...... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 20時59分

« 476葉:ガリガリ君と「どっちらけ」さん | トップページ | 478葉:泉ボタニカルガーデン »