« 519葉:自宅ヘルプデスク(Part.2 | トップページ | 521葉:映画「ゾディアック」 »

520葉:『声』のすばらしさ

新聞とは、誤解を恐れずに言い切ってしまうと、
記者の記事と読者の投書の『果し合い』の場だと思う。

朝日新聞の『声』がすばらしい。

59歳、50歳そして13歳のまっすぐな声。

直接書いた方の思いが、私の心にひびく。
今日は、『読者の勝ち』。最近は、筆で食べている記者の記事が掠れる。

・定年を控え、難病により、光を失わんとしながらも愛妻としっかり生きていく。
 今は定年を心待ちにしているという。忙しくて旅行をする間もなかった
 時を取り戻すという宣言。妻が盲導犬をやってくれるのだという。
 消防所長だという。…泣いた。

・50歳前にしてリストラに遭い、ボーナスがでない会社にて働く男性の慟哭。
 社会保険庁の体たらくな働きに、賞与はいらないだろうという血の声。

・ゲームに埋没される同輩を懸念する13歳。
 外にでて社会と交わろうと呼びかける少女。

市井な人間の真摯で、素直な声が、直接私のこころを揺さぶる。

この声が、「政」(まつりごと)に反映されんことをッ!!
(6.23追記。『表』へ出たので、【決定事項】だろう。
 ますます、ずさんになるかも知れんが。。。

社保庁職員のボーナス・給与カット検討、首相も一部返上へ

6月23日7時44分配信 読売新聞

 政府は年金記録漏れ問題に関連し、ずさんな年金管理を行っていた社会保険庁について、職員のボーナス(期末・勤勉手当)や給与の一部を削減する検討に入った。

 首相自身のボーナスなども一部返上する方向で調整している。首相周辺が22日、明らかにした。

 公務員のボーナスは、6月と12月の年2回支給されており、6月の支給は目前に迫っている。このため、いつの支給分から適用するか、削減対象を社保庁職員のどの範囲まで広げるかなどを政府内で検討している。

 首相は22日の読売新聞などのインタビューで、「社会保険庁には親方日の丸的な体質が残っている」などと述べ、社保庁の組織体質が年金記録漏れの温床になったとの認識を改めて示した。ボーナスや給与の返上は、国民の社保庁への批判に対し、一定のけじめをつけさせる狙いがある。

最終更新:6月23日7時44分

読売新聞

(6.23追記おわり。

・・・今週もよく働いた。達成感がある。健康なればこそ、仕事も堪能できる。
美浜のゆに行ってアカをおとしてくる。

今日は、こんなところで、明日は、ゾディアック。おやすみ。

~~~~~

http://ameblo.jp/takaoka-sd/entry-10036766818.html

Ws000000_1

Ws000001

Ws000003

Ws000005

Ws000006

Ws000008_1

Ws000009

Ws000011

Ws000012

~~~~~

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?topic=1&p=%B5%DC%BA%EA%2025%BA%D0%20%C7%D0%CD%A5%20%B7%EB%BA%A7

早婚は、世の中の晩婚化のアンチテーゼだと思う。・・・お幸せに。
http://dir.yahoo.co.jp/talent/32/w00-0621.html

~~~~~
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%F3%A5%C1%A5%C6%A1%BC%A5%BC

・・・いっぱいあんな。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF

|

« 519葉:自宅ヘルプデスク(Part.2 | トップページ | 521葉:映画「ゾディアック」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/6796833

この記事へのトラックバック一覧です: 520葉:『声』のすばらしさ:

« 519葉:自宅ヘルプデスク(Part.2 | トップページ | 521葉:映画「ゾディアック」 »