« 522葉:映画『300』(スリーハンドレッド) | トップページ | 524葉:ismの大切さ »

523葉:「上司」が見ていなくても、『常に』客が見ている。

私は単身お客様のところで孤軍奮闘していおり、ときどき孤独を感じることがある。

それは私の周りのすべてが連携して仕事をしており、私だけがほかの会社の人間として扱われているせいだ。ひとりぽっちだよ。職場の業績が上がったからといって、私には業績反映ボーナスなどは一銭もでないのだ。それはわかってほしいね。

一人でやっていても、常に視線は感じてやっている。今日はそんな話だ。

愚痴はコレくらいにして派遣先のイケてるところといけてないところを指摘して結論(題名)につなげたい。

まずはすげぇところとしては、掃除と造園。

ビル内の掃除がとても行き届いていることを確認できる。普通の貸しビルなんかだとどうしても柱の影などに綿ごみがたまるけど、極端な表現で言い切ってしまうとチリひとつない。これは主任の監督の仕事の結果なのかプレイヤの執念なのか10数年経たビルとは思えないほど。外の生垣もぴしっとしている。誰かプロがいるんだろう。

しかし、いけてないところもある。

筆頭は売店だ。なにがダメっておばさんふたりが四六時中べらべらしゃべっているんだよね。もちろん私語。

私が商品をレジにいってもやめない。

お金を出してもやめない。

その場を去っても、世間話(私語)をやめない。

つまり、『ありがとうございました。』がないということだ
・・・サイテーの売店だと思う。【世界最悪の店】だ。(きっぱり

巷のコンビニにて、私は私語をしているバイトさん達を見たことがない。

そう教育されているからだ。売店のスタッフの給料は、もちろん時給850円

じゃないんだろ?

もうすこし、同業他社を見習ったらどうかな?必ず違いが見えてくるはずなんだ。

自社出店ならではの取り柄を見せてくれ、できないならバイト以下の給料に

されても文句いえないよ。

私語。やめなさい。・・・まずはそれからだな。

(ひとりの客より。

|

« 522葉:映画『300』(スリーハンドレッド) | トップページ | 524葉:ismの大切さ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/6833972

この記事へのトラックバック一覧です: 523葉:「上司」が見ていなくても、『常に』客が見ている。:

« 522葉:映画『300』(スリーハンドレッド) | トップページ | 524葉:ismの大切さ »