« 617葉:まだまだあきらめない | トップページ | 619葉:一年ぶりのGT。 »

618葉:FIT

社会であれ、会社であれ、その推進剤となるのは
いったいその団体(グループ・パーティ)が何を成すのかを決めることである。

それを提示できるものがリーダーにならない限り、
その組織は、精神的にも実質的にも離散する。

これが、この日本のもつ問題点なのだ。

それができないものが、上にいるのが問題なのだ。

では、なぜ、上にいることができるのか?

そのままで由(よし)とする存在がいるほかにならない。

その存在を見つけない限り、その状況はつづく。

では、そのような人間がどこにいるのかということになる

それは、必ずいる。なぜならば、その団体の経験を有するものでなければ

路を示すことは不可能なのである。

貴方が顔を知っている人間の誰かということになる。

そう、いま貴方の頭に浮かんだ人物がそうなのである。

適材適所といういいことばがある。

ありたい場所にいくためには、どうありたいのかを決めなければならない。

アナリスト・リーダーでは無理なことなのだ。

|

« 617葉:まだまだあきらめない | トップページ | 619葉:一年ぶりのGT。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27553/8050080

この記事へのトラックバック一覧です: 618葉:FIT:

« 617葉:まだまだあきらめない | トップページ | 619葉:一年ぶりのGT。 »